ミッチェル・デューク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミッチェル・デューク Football pictogram.svg
Mitchell Duke.jpg
名前
本名 Mitchell Thomas Duke
ラテン文字 Duke
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1991-01-18) 1991年1月18日(31歳)
出身地 ニューサウスウェールズ州リヴァプール
身長 186cm
体重 81kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ファジアーノ岡山
ポジション FW
背番号 15
利き足 右足
ユース
オーストラリアの旗 パラマタ・イーグルズ
オーストラリアの旗 セントラルコースト・マリナーズ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2015 オーストラリアの旗 セントラルコースト・マリナーズ 66 (13)
2011 オーストラリアの旗 ブラックタウン・シティ (loan) 21 (4)
2015-2019 日本の旗 清水エスパルス 89 (3)
2019-2020 オーストラリアの旗 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ 37 (18)
2020-2021 サウジアラビアの旗 タアーウン 12 (0)
2021 オーストラリアの旗 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ (loan) 17 (6)
2021- 日本の旗 ファジアーノ岡山 14 (3)
代表歴2
2013- オーストラリアの旗 オーストラリア 15 (7)
2021  オーストラリア五輪代表 4 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年1月2日現在。
2. 2021年8月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ミッチェル・デューク(Mitchell Duke、1991年1月18日 - )は、オーストラリアニューサウスウェールズ州リヴァプール英語版出身の同国代表サッカー選手Jリーグファジアーノ岡山FC所属。ポジションフォワード

経歴[編集]

クラブ[編集]

セントラルコースト・マリナーズFCの下部組織出身。2011年2月セントラルコースト・マリナーズFCのトップチームに昇格する。

2011年にセミプロリーグのブラックタウン・シティに期限付き移籍した。

2013年8月にはイングランド・プレミアリーグウェストハムの入団テストを受験するも契約には至らなかった。しかし、入団テスト後に「(ウェストハムの練習は)質が全く異なり、非現実的な経験だったが、この経験は国内リーグで活かせる自信がある」と語り、契約には至らなかったものの、自身の成長に繋がったと前向きにとらえている[1]

2015年2月Jリーグ清水エスパルスに完全移籍で加入する[2][3]

2015年3月8日、1stステージ第1節鹿島アントラーズ戦にてJ1デビュー。5月10日の1stステージ第11節ヴィッセル神戸戦では移籍後初得点を記録し、チームの開幕戦以来となるシーズン2勝目に貢献。しかしシーズン通して慣れないWGでの起用が多く、リーグ戦29試合に出場したものの得点はこの1得点に留まり、チームはJ2に降格した。

2016年シーズンは開幕戦から7試合連続出場。2016年3月26日、第5節モンテディオ山形戦でシーズン初先発を果たすと決勝点となるシーズン初得点を記録。しかし、4月末の練習中に左膝前十字靭帯損傷し全治6ヶ月の診断で長期離脱。チームはリーグ最終節でJ1昇格を決めたものの、自身は7節以降の出場はなくシーズンを終えた。(※2016年11月9日、天皇杯4回戦ガンバ大阪戦でベンチ入りしチームに復帰)。

2017年シーズンは3月4日の第2節のサンフレッチェ広島戦で後半ATに途中出場し久々のリーグ戦出場。2017年4月8日、第6節柏レイソル戦では後半ATに試合を決定づけるシーズン初得点を記録。6月以降は左右のWGとして信頼を勝ち取り、22試合に先発出場を記録。またベンチ入りした試合では必ずと言っていいほど途中出場を記録し、リーグ戦は自身最多の31試合に出場。

監督が交代した2018年シーズンは当初は途中出場を中心にコンスタントに出場を続けていたものの、8月末以降はベンチ外やベンチ入りしても出場がないことが増加。リーグ戦では22試合に出場(先発8試合)も、シーズンを通して得点を記録できなかった。

2018年12月7日、清水エスパルスより契約満了が発表される。

清水では本職のCFWではない両WGでの起用が多く、在籍4年間でカップ戦含めた通算5得点、またホームゲームでは得点を記録できず、得点面では外国人助っ人FWとしては物足りない印象であった。しかし、攻守において発揮されるハイボールの強さ、チームに推進力をもたらす豊富な運動量とスピード、そして本職はFWでありながら確実にミッションをこなす守備力などでチームに大きく貢献し、在籍通算106試合出場を記録した。

2019年1月27日、Aリーグウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCへの完全移籍が発表された[4]

移籍直後の2019年2月1日、第16節ニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツ戦で移籍後初出場初得点を記録。2019年3月8日の第21節に初先発を果たすと、そこから3試合連続得点を記録。第21節~最終節の第27節まで7試合連続先発出場を記録し、移籍初年度のシーズンを11試合出場4得点で終える。

2019/2020シーズンはウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCのキャプテンに就任。全リーグ戦26試合に先発出場、キャリアハイのシーズン14得点を記録しチームを牽引した。

2020年8月22日、サウジ・プロフェッショナルリーグタアーウンFCに2年契約で完全移籍。

2020年9月15日、AFCチャンピオンズリーグ、グループC第3節ペルセポリスFC戦で移籍後初出場。2020年9月24日、グループC第6節アル・ドゥハイルSC戦で移籍後初得点を記録。2020年10月17日、第1節アル・ファイサリー・ハルマ戦に先発出場しサウジ・プロフェッショナルリーグデビューを果たす。その後もコンスタントに出場を重ねるが、国内リーグでの得点を記録できなかった。

2021年2月1日、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCへローン移籍での復帰が発表される。

2021年2月21日の第9節ウェリントン・フェニックスFC戦で復帰後初出場。3月以降は先発を勝ち取ると、順調に得点も重ね、17試合出場(内先発15試合)、6得点でシーズンを終える。

2021年8月4日、J2リーグファジアーノ岡山FCに加入[5]

2021年8月9日、第24節レノファ山口FC戦で岡山デビュー。翌第25節、FC町田ゼルビア戦で移籍後初得点を記録。

2021年11月3日、第38節モンテディオ山形戦にて、Jリーグ通算100試合出場を達成。

代表[編集]

2013年7月東アジアカップ2013オーストラリア代表のメンバーとして代表初招集される。同大会の日本代表戦で代表初ゴールを決める。

2019年11月14日、2022 FIFAワールドカップ・アジア2次予選ヨルダン代表戦で久々にA代表に招集され、70分から途中出場。

2021年6月7日、同チャイニーズタイペイ代表戦では先発出場し2得点を記録した。

2021年に開催された東京2020オリンピックにはU-23オーストラリア代表オーバーエイジ枠で招集。グループリーグのU-23アルゼンチン代表戦、U-23スペイン代表戦に先発出場。

2021年9月に行われる2022 FIFAワールドカップ・アジア3次予選で代表に招集。これはファジアーノ岡山にとって初の所属選手のA代表選出となった。

2021年9月2日、2022 FIFAワールドカップ・アジア3次予選、第1節の中国代表戦にてチーム3点目となる得点を記録。

2021年11月9日、2022 FIFAワールドカップ・アジア3次予選、第6節の中国代表戦にて再び得点を記録。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯FFA杯 期間通算
2010-11 セントラルコースト Aリーグ 1 1 - 0 0 1 1
2011 ブラックタウン・シティ NSWプレミアリーグ 21 4 - 2 1 23 5
2011-12 セントラルコースト Aリーグ 0 0 - 0 0 0 0
2012-13 21 6 - 0 0 21 6
2013-14 29 3 - 0 0 29 3
2014-15 15 3 - 3 0 18 3
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 清水 19 J1 29 1 3 0 0 0 32 1
2016 J2 7 1 - 0 0 7 1
2017 J1 31 1 6 0 3 1 40 2
2018 22 0 4 1 1 0 27 1
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯FFA杯 期間通算
2018-19 WSW Aリーグ 11 4 - 0 0 11 4
2019-20 26 14 - 0 0 26 14
サウジアラビア リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2019-20 タアーウン SPL 12 0 - - 12 0
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯FFA杯 期間通算
2020-21 WSW Aリーグ 17 6 - 0 0 17 6
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2021 岡山 19 J2 14 3 - - 14 3
2022 15 -
通算 オーストラリア Aリーグ 120 37 - 3 0 123 37
オーストラリア NSWプレミアリーグ 21 4 - 2 1 23 5
日本 J1 82 2 13 1 4 1 99 4
日本 J2 21 4 - 0 0 21 4
サウジアラビア SPL 12 0 - - 12 0
総通算 256 47 13 1 9 2 278 50
出場歴
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2012 セントラルコースト 1 0
2013 7 2
2014 6 0
2015 0 0
2020 タアーウン 5 1
通算 AFC 19 3

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

国際Aマッチ 15試合 7得点(2013年- )

オーストラリア代表
試合数 得点
2013 4 2
2019 2 0
2021 9 5
通算 15 7

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]