ホルガー・オジェック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホルガー・オジェック Football pictogram.svg
Holger Osieck.jpg
名前
ラテン文字 Holger Osieck
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1948-08-31) 1948年8月31日(68歳)
出身地 ホンベルクドイツ語版
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ホルガー・オジェックHolger Osieck1948年8月31日 - )は、ドイツホンベルクドイツ語版出身の元サッカー選手サッカー指導者FIFA(国際サッカー連盟)の技術委員を経て、浦和レッドダイヤモンズ監督を2度(1995年-1996年、2007年-2008年)務めた。

経歴[編集]

現役時代はブンデスリーガの出場経験は無く、北米サッカーリーグバンクーバー・ホワイトキャップスで21試合2得点を記録したのみであった。

現役引退後は1987年から西ドイツ代表のアシスタントコーチを務め、1990年イタリアW杯制覇に貢献した。

その後、ドイツのVfLボーフムトルコフェネルバフチェの監督を経て、1995年から浦和レッドダイヤモンズの監督に就任。堅守速攻に加えポゼッションサッカーを取り入れ、それまで2年連続最下位だったチームをギド・ブッフバルトを中心にした守備陣とウーベ・バイン福田正博を中心とした速攻で建て直し、一躍優勝争いに加わらせた。なお、2003年に行われた福田正博の引退試合では、レッズ歴代選抜チームの指揮を執っている。

1996年限りでレッズの監督を退任すると、その後はトルコのコジャエリスポルの監督に就任し、トルコカップ優勝。翌年、カナダ代表監督を務め2000 CONCACAFゴールドカップで優勝し翌年のFIFAコンフェデレーションズカップ2001で日本への凱旋を果たした。2004年からは国際サッカー連盟(FIFA)の技術スタッフの責任者を務めていた。ドイツワールドカップでは戦術を分析するFIFAテクニカルスタディーグループのヘッドを務めた。

2007年から前年限りで退任したギド・ブッフバルトの後を受け再び浦和の監督に就任。同年はアジアチャンピオンズリーグ制覇にチームを導くが、翌2008年3月16日、Jリーグ開幕後無得点による2連敗という成績面の不振、またチーム状況の打開を図るため同クラブより監督を解任された。開幕から2試合目での解任はJ1史上最短、J2を含めても足達勇輔(元横浜FC)の1試合目に次ぐ記録であった。

2010年8月11日、退任したピム・ファーベークの後任としてオーストラリア代表監督に就任。初のタイトル戦となったAFCアジアカップ2011はオーストラリア代表を準優勝に導いた。

2013年9月のブラジル、翌10月のフランスとの両親善試合でともに0-6と大敗。このため10月11日のフランス戦後に解任された[1]

監督としての特徴[編集]

1995年の監督初就任時においては、ディシプリンと呼ばれるドイツ流の規律を取り入れて選手のプロ意識改革に努めた。また選手の適正をとらえるに長け、トニーニョをストッパー、広瀬治をボランチやリベロにコンバートしたほか、山田暢久を右ウィングバックに固定しつつ時折ストッパーで起用したり、堀孝史をトップ下、池田伸康を右ウィングバックの位置で起用するなどした。また、指導面でもラフプレーに走りがちだった田口禎則を指導し再生させたほか、次第に堅守速攻という戦術を浸透させ、当時「Jリーグのお荷物」と揶揄されていた浦和レッズを上位に躍進させた。能力のある若手の起用にも積極的で、前述の山田をはじめ、福永泰岩瀬健内舘秀樹土橋正樹らは多くの出場機会を得た。逆に、能力や戦術理解力に乏しいと判断した選手はほとんど起用しない傾向があった。たとえば、池田太は残り少ない時間の中、守備固めで出場した試合で、直ぐにPKを与えてしまったことがあって以降、一切出場機会を得られなかったほどである。

2007年の監督就任時は、ギド・ブッフバルト以降の魅力に欠ける戦術からより流動的なパスサッカーへの脱却を、多くのサポーターやフロントが望んでいた背景があった。オジェック自身も、世界の主流に合わせた4バックの高いディフェンスラインによる戦術を導入しようとしたもののフィットしなく、リーグとAFC制覇という至上命令を課せられていたことから、3バックによる堅守速攻型の戦術に戻し、これにより安定した成績を収めた。結果としては、AFCを制覇し、リーグでも優勝争いに絡んだ戦いを見せ、十分評価できる成績を収めた。しかし、かつての規律の厳しさは影をひそめ、ワシントン小野伸二などが起用法をめぐってマスコミ等へ不満を漏らした際、以前のように対立するのではなく懐柔策をとった。また、選手起用についてもレギュラーを固定化し、以前のような若手の積極起用や大胆なコンバートは見られなくなった。オジェックとしては、常に勝利を求められるビッグクラブの監督として現実路線へ転換したものであったが、こうした態度は逆にレギュラーでない選手の不満を増大させることに繋がり、意外性を求めるサポーターからも不満が募る結果となってしまった。

指導歴[編集]


監督成績[編集]

年度 所属リーグ 試合数 勝点 勝利 引分 敗戦 順位 チーム
1995 J・サントリー 26 48 15 11 3位 浦和レッドダイヤモンズ
J・ニコス 26 42 14 12 8位
1996 J 30 59 19 11 6位
2007 J 34 70 20 10 4 2位
2008 J 2 0 0 0 2 -

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Goal (2013年10月12日). “フランスに0-6敗戦のオーストラリア、オジェック監督を解任”. 2013年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]