ルーカス・ニール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルーカス・ニール Football pictogram.svg
Lucas Neill.jpg
名前
本名 Lucas Edward Neill
カタカナ ルーカス・エドワード・ニール
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1978-03-09) 1978年3月9日(38歳)
出身地 ニューサウスウェールズ州の旗ニューサウスウェールズ州 シドニー
身長 185cm
体重 80kg
選手情報
ポジション DF (CB, SB)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-2001 イングランドの旗 ミルウォール 152 (14)
2001-2007 イングランドの旗 ブラックバーン 188 (5)
2007-2009 イングランドの旗 ウェストハム 79 (1)
2009-2010 イングランドの旗 エヴァートン 12 (0)
2010-2011 トルコの旗 ガラタサライ 37 (1)
2011-2012 アラブ首長国連邦の旗 アル・ジャジーラ 19 (3)
2012 アラブ首長国連邦の旗 アル・ワスル 11 (0)
2013 オーストラリアの旗 シドニーFC 3 (0)
2013 日本の旗 大宮アルディージャ 9 (0)
2014 イングランドの旗 ワトフォード 1 (0)
2014 イングランドの旗 ドンカスター (loan) 4 (0)
代表歴2
1997 オーストラリアの旗 オーストラリア U-20 8 (3)
1999-2000 オーストラリアの旗 オーストラリア U-23 13 (0)
1996-2013 オーストラリアの旗 オーストラリア 96 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年3月28日現在。
2. 2013年11月30日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルーカス・エドワード・ニール(Lucas Edward Neill, 1978年3月9日 - )は、オーストラリアシドニー出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはDF(両SB、CB、元々はSHであった)。

来歴[編集]

クラブ[編集]

1994年から1995年までオーストラリア国立スポーツ研究所にサッカーの奨学金で所属していた。

1995年11月、イングランドのミルウォールFCでプロキャリアをスタートさせた。2月17日のルートン・タウンFC戦でデビューを果たし、その後6年間所属し、174試合で13得点を記録した。ニールはミルウォールに最も長く在籍したプレーヤーであったが移籍を希望し、2001年9月、ブラックバーン・ローヴァーズFCに移籍した。開幕戦のサンダーランドAFC戦でデビューを果たし、ボルトン・ワンダラーズFC戦で初ゴールを決めた。その後右サイドバックとしてレギュラーを獲得した。2006年8月4日、ブラックバーンはニールとの契約を更新しないことを発表した。

2007年1月、ウェストハム・ユナイテッドFCと契約をした。2007年2月、ワトフォードFC戦でデビューを果たす。2009年9月17日、エヴァートンFCに1年契約で移籍した。2010年1月13日、ガラタサライに1年半契約で移籍した。わずか4カ月でエヴァートン退団となった。契約終了後、2011年8月19日、アル・ジャジーラ・クラブへと移籍した。

2013年8月18日、大宮アルディージャに加入[1]したが、同年末をもって退団した。

2014年2月24日、ワトフォードFCに加入[2]、しかし出場機会に恵まれず、3月27日にドンカスター・ローヴァーズFCにレンタル移籍した[3]

代表[編集]

1996年10月、オーストラリア代表としてサウジアラビア代表戦でデビューを果たした。ハリー・キューウェルに次ぐ2番目に若い18歳と7ヶ月でのデビューとなった。2000年にはU-23代表としてシドニーオリンピックメンバーにも選ばれた。

2005年11月16日、2006 FIFAワールドカップ・予選の大陸間プレーオフウルグアイ代表戦では勝利に貢献しこの試合のマンオブザマッチに選ばれた。2006 FIFAワールドカップでは4試合すべてに出場した。ベスト16のイタリア代表戦ではロスタイムにファビオ・グロッソをペナルティーエリアで倒してしまいPKを与えてしまいチームは敗退した。

2006年10月から代表の第50代キャプテンを務めている。2013年6月11日の2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選ヨルダン戦で、代表通算90試合目の出場にして代表初得点を挙げた。しかし代表での活躍とは裏腹に2012年にアル・ジャジーラを退団してからは、所属クラブをコロコロと変える影響をアンジェ・ポステコグルー監督から危惧され、ついにはキャプテンの座をはく奪と同時に2014 FIFAワールドカップの予備登録メンバーからも落選する結果となった。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ 期間通算
1995-96 ミルウォール FL Div.1 13 0 13 0
1996-97 FL Div.2 39 4 39 4
1997-98 6 0 6 0
1998-99 35 6 35 6
1999-2000 31 1 31 1
2000-01 24 2 24 2
2001-02 FL Div.1 4 1 4 1
ブラックバーン イングランド・プレミア 31 1 31 1
2002-03 34 0 34 0
2003-04 32 2 32 2
2004-05 36 1 36 1
2005-06 35 1 35 1
2006-07 2 20 0 20 0
ウェストハム 34 11 0 11 0
2007-08 2 34 0 34 0
2008-09 34 1 34 1
2009-10 エヴァートン 23 12 0 12 0
トルコ リーグ戦 トルコ杯 オープン杯 期間通算
2009-10 ガラタサライ 12 スュペル・リグ 14 1 14 1
2010-11 2 25 0 25 0
UAE リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2011-12 アル・ジャジーラ 2 UFL 19 3 19 3
2012-13 アル・ワスル 11 0 11 0
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯 FFA杯 期間通算
2012-13 シドニーFC 32 Aリーグ 3 0 3 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2013 大宮 22 J1 9 0 0 0 0 0 9 0
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ 期間通算
2013-14 ワトフォード 29 FLチャンピオンシップ 1 0 1 0
ドンカスター 27 4 0 4 0
通算 イングランド イングランド・プレミア 279 6 279 4
イングランド FL Div.1/
FLチャンピオンシップ
22 1 22 1
イングランド FL Div.2 135 13 135 13
トルコ スュペル・リグ 39 1 37 1
UAE UFL 30 3 30 3
オーストラリア Aリーグ 3 0 3 0
日本 J1 9 0 0 0 0 0 9 0
総通算 517 24 517 24

私生活[編集]

長年の恋人であるリンゼイ・モリスとの間に男女の双子の子供がいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新加入選手のお知らせ”. 大宮アルディージャ公式サイト (2013年8月18日). 2013年8月18日閲覧。
  2. ^ ワトフォード、ニール獲得を発表”. Goal (2014年2月25日). 2014年2月25日閲覧。
  3. ^ オーストラリア主将、ドンカスターへ期限付き移籍”. Qoly.jp (2014年3月28日). 2014年3月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]