ダリオ・ヴィドシッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダリオ・ヴィドシッチ Football pictogram.svg
Lausanne Sport vs FC Sion - Avril 2014 - Dario Vidosic.jpg
FCシオン時代のヴィドシッチ(2014年)
名前
ラテン文字 Dario Vidošić
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
クロアチアの旗 クロアチア
生年月日 (1987-04-08) 1987年4月8日(32歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア オシエク
身長 185cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム オーストラリアの旗 メルボルン・シティFC
ポジション MF
背番号 10
ユース
2000-2005 オーストラリアの旗 クイーンズランド・ロアーFC
2006 オーストラリアの旗 AISフットボール
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2007 オーストラリアの旗 ブリスベン・ロアーFC 17 (5)
2007-2011 ドイツの旗 1.FCニュルンベルク 30 (3)
2010 ドイツの旗 MSVデュースブルク 12 (1)
2011 ドイツの旗 アルミニア・ビーレフェルト 14 (1)
2011-2013 オーストラリアの旗 アデレード・ユナイテッドFC 51 (15)
2013-2015 スイスの旗 FCシオン 46 (8)
2015-2016 オーストラリアの旗 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC 28 (4)
2016 中華人民共和国の旗 遼寧宏運足球倶楽部 13 (2)
2017 大韓民国の旗 城南FC 7 (0)
2017-2018 ニュージーランドの旗 ウェリントン・フェニックスFC 10 (4)
2018- オーストラリアの旗 メルボルン・シティFC
代表歴2
2006  オーストラリアU-20 8 (2)
2007-2008  オーストラリアU-23 14 (2)
2009- オーストラリアの旗 オーストラリア 23 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年1月31日現在。
2. 2016年5月2日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダリオ・ヴィドシッチDario Vidošić, 1987年4月8日 - )は、ユーゴスラビア(現・クロアチア)出身のオーストラリア代表プロサッカー選手Aリーグメルボルン・シティFC所属。ポジションミッドフィールダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

両親ともにクロアチア人で、クロアチア系オーストラリア人。実父のラド・ヴィドシッチ(en)も元サッカー選手で、ダリオが生まれてすぐに家族でユーゴスラビアからオーストラリアに移住した[1]

ユース時代にはクイーンズランド・ロアーFCオーストラリア国立スポーツ研究所に所属していた。

2006年にブリスベン・ロアーFCと1年契約を結び、プロデビューを果たす。2007年にブンデスリーガ1.FCニュルンベルクに完全移籍しドイツへ渡った。2010年にMSVデュースブルク、2011年にはアルミニア・ビーレフェルトレンタル移籍してプレーした。

2011年からオーストラリアに帰国し、アデレード・ユナイテッドFCと契約した。

2013年8月26日、FCシオンに移籍した。

2015年9月21日、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCに移籍した。

2016年6月22日、遼寧宏運足球倶楽部に移籍した。

2017年2月17日、城南FCに移籍した。

2017年8月4日、父のラドが6月からコーチを務めているウェリントン・フェニックスFCに1年契約で移籍したが、その僅か4か月後に父と共にクラブを退団。メルボルン・シティFCへ加入した[2]

豪州代表[編集]

オーストラリア代表でのヴィドシッチ(2010年)

北京オリンピックの豪州代表メンバーから落選した後の2008年7月、母国クロアチアのA代表チームを選択する意向を公表したが、FIFA規約の第18条[3]により、ヴィドシッチが21歳を越えていた為にユース代表としてプレーしていたオーストラリア代表からの国籍変更は適わなかった​​。

2009年6月17日、2010 FIFAワールドカップ・アジア最終予選日本戦で84分から途中出場し、オーストラリア代表デビューを飾った。2010年5月24日、親善試合のニュージーランド戦で代表初ゴールを記録。その後2010年、2014年とFIFAワールドカップのメンバーに2大会連続で選出された。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Dario Vidosic selected in Socceroos squad for Ireland clash” (英語). The Courier-Mail (2009年8月). 2012年3月16日閲覧。
  2. ^ Dario Vidosic joins Melbourne City after leaving Wellington Phoenix” (英語). Stuff.co.nz. 2018年2月2日閲覧。
  3. ^ TO THE MEMBERS OF FIFA” (英語). FIFA.com. 2009年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月16日閲覧。

外部リンク[編集]