マシュー・スピラノビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マシュー・シュピラノヴィチ Football pictogram.svg
Matthew Spiranovic WSW NYL.jpg
名前
本名 マシュー・トーマス・シュピラノヴィチ
Matthew Thomas Špiranović
愛称 マット、スピラ
ラテン文字 Matthew Špiranović
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1988-06-27) 1988年6月27日(29歳)
出身地 ジーロング
身長 188cm
体重 87kg
選手情報
在籍チーム 中華人民共和国の旗 杭州緑城
ポジション DF (CB)
背番号 13
利き足 右足
ユース
オーストラリアの旗 North Geelong Warriors FC
オーストラリアの旗 Keilor Park SC
オーストラリアの旗 メルボルン・ナイツFC
2004-2005 オーストラリアの旗 ビクトリア州立スポーツ研究所
2005 オーストラリアの旗 メルボルン・ビクトリーFC
2006 オーストラリアの旗 オーストラリア国立スポーツ研究所フットボール
2007 ドイツの旗 1.FCニュルンベルク
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004 オーストラリアの旗 North Geelong Warriors FC (1)
2005 オーストラリアの旗 メルボルン・ビクトリーFC 0 (0)
2006-2011 ドイツの旗 1.FCニュルンベルク 24 (0)
2009 ドイツの旗 1.FCニュルンベルクII 13 (2)
2010 日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ (loan) 13 (1)
2011-2012 日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ 25 (0)
2012-2013 カタールの旗 アル・アラビ・ドーハ 13 (2)
2013-2015 オーストラリアの旗 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC 31 (1)
2015- 中華人民共和国の旗 杭州緑城 26 (1)
代表歴2
2004-2005  オーストラリア U-17 17 (1)
2006  オーストラリア U-20 14 (0)
2007-2008  オーストラリア U-23 8 (0)
2008- オーストラリアの旗 オーストラリア 30 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年9月4日現在。
2. 2015年1月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マシュー・トーマス・シュピラノヴィチMatthew Thomas Špiranović, 1988年6月27日 - )は、オーストラリアビクトリア州ジーロング出身の同国代表サッカー選手中国サッカー・スーパーリーグ杭州緑城所属。ポジションはディフェンダー

クロアチア系オーストラリア人で、浦和レッドダイヤモンズ初のアジア枠の適用選手となった[1]

経歴[編集]

クラブ[編集]

オーストラリアのスポーツエリートを養成するAISフットボール (en:Australian Institute of Sport Football Program) を経て、2006年ドイツブンデスリーガ1.FCニュルンベルクへ移籍した。2007年1月30日ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦でマイケル・ビューチャンプと交代しデビューを飾る。2007年2月2日バイエルン・ミュンヘン戦ではこむら返りによりハーフタイムでの交代を余儀なくされるが、ドイツフットボール界の巨人であるバイエルンとの一戦で見せたパフォーマンスは多くのサポーターに感銘を与えた。VfLヴォルフスブルクシャルケ04戦ではフル出場を果たし、それらの試合で相手の中心選手を完全に封じ込めたことで「猛犬」と呼ばれるようになる。また当時は元名古屋グランパスジョシュア・ケネディとチームメイトであった。 06-07シーズンのドイツカップ戦決勝でも後半27分から出場したスピラノビッチはチームの優勝に貢献した。しかし、リーグ戦では16位に終わり、降格が決定する。2008年11月には長期間に渡ったハムストリングの怪我から回復するも、足首の腱を断裂し08-09シーズンは8試合の出場に留まる。それにもかかわらず2009年1月にはフラムFCのトップがスピラノビッチに100万ポンドのオファーを出すが実現しなかった。2009年11月17日スピラノビッチは怪我により非常に多くの試合を失ったため、貴重な出場機会を得るべきだと考えたニュルンベルクのGMにより2010年1月より他のクラブにレンタル移籍されることが報道された。

2010年1月7日浦和レッドダイヤモンズレンタル移籍で加入する事が発表された[2]。背番号は「4」[3]

チーム合流後はキャンプ中から細かい故障を繰り返していた影響でシーズン開幕から中々試合に出られなかったが、2010年3月31日に行われたナビスコカップ予選リーグ第1節、対ジュビロ磐田戦で先発出場し初出場を記録。その後も山田暢久坪井慶介のセンターバックのコンビが機能していたこともあり、リーグ戦ではベンチスタートの日々が続いたが2010年5月15日に行われたJ1第12節、対ベガルタ仙台戦でリーグ戦初先発を果たし、これ以降は南アフリカW杯によるリーグ中断中に行われたナビスコカップ予選リーグの試合、中断が空けて再開されたリーグ戦でも殆どの試合に先発出場していた。2010年8月21日に行われたJ1第20節、対湘南ベルマーレ戦で来日初ゴールを記録。この後もコンスタントに出場を続け浦和の守備の安定に貢献していたが、2010年9月25日に行われたJ1第24節、対アルビレックス新潟戦の前半15分に左大腿部を痛め負傷退場、後日行われた検査の結果、左ハムストリングの腱損傷で全治8週間と診断され[4]、再度離脱する事となってしまった。その後、リハビリを経て2010年12月6日に行われたJ1第34節、対ヴィッセル神戸戦で出場はなかったものの、約2ヶ月ぶりにベンチ入りを果たした。しかし、浦和の2010年シーズン最後の公式戦となった2010年12月25日天皇杯準々決勝、ガンバ大阪戦は風邪を引いてしまったためベンチに入ることが出来なかった。

2010年12月9日1.FCニュルンベルクからの期限付き移籍満了に伴い、浦和への完全移籍で1年間の契約を更新がされたことが発表され、引き続き浦和でプレーすることが決定した[5]

2011年は大きな怪我も無く、シーズン開幕からコンスタントに出場を続けたが、監督が堀孝史に交代した後は濱田水輝坪井慶介の後塵を拝することとなり、ベンチを暖める試合が多くなった。

2012年シーズンは出場機会に恵まれず、ナビスコカップで2試合出場したのみに留まり、7月10日カタールリーグアル・アラビ・ドーハへ完全移籍することが浦和、アル・アラビ双方の公式ホームページにて発表された。[6][7]

2013年10月1日ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCへ完全移籍[8]

2015年7月16日、中国の杭州緑城へ完全移籍した。

代表[編集]

各年代の代表経験も豊富で2005年U-17オーストラリア代表としてFIFA U-17ワールドカップに出場、2006年にはニュルンベルクに入団する前にAFCユース選手権2006に出場し、準々決勝で韓国に敗れるまでプレーした。またその時の活躍によりクロアチアサッカー協会から注目される。ユース年代ではオーストラリア、イングランド、クロアチアのどの代表にも選ばれる資格があったが2007年4月4日、オーストラリア代表を目指すことを発表した。2008年8月にはU-23オーストラリア代表として北京オリンピックに出場し、また、A代表でも2008年5月23日ガーナ代表との親善試合で国際Aマッチ初出場を果たしているが、前述のように故障を繰り返して試合から離れていた時期があったため、2010 FIFAワールドカップのオーストラリア代表メンバー入りは果たせなかった。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 DFBポカール 期間通算
2006-07 ニュルンベルク 23 ブンデス1部 8 0 - 2 0 10 0
2007-08 7 0 - 0 0 7 0
2008-09 ブンデス2部 8 0 - 1 0 9 0
2009-10 ブンデス1部 1 0 - 0 0 1 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2010 浦和 4 J1 13 1 5 0 0 0 18 1
2011 25 0 3 0 0 0 28 0
2012 0 0 2 0 0 0 2 0
カタール リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2012-13 アル・アラビ 2 QSL 13 2 0 0 0 0 13 2
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯 FFA杯 期間通算
2013-14 ウェスタン・シドニー 13 Aリーグ 18 1 - - 18 1
2014-15 13 0 - 0 0 13 0
中国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2015 杭州緑城 34 超級 9 1 - - 0 0 9 0
2016 13 17 0 - - 0 0 17 0
通算 ドイツ ブンデス1部 16 0 - 2 0 18 0
ドイツ ブンデス2部 8 0 - 1 0 9 0
日本 J1 38 1 10 0 0 0 48 1
カタール QSL 13 2 0 0 0 0 13 2
オーストラリア Aリーグ 31 1 - - 0 0 31 1
中国 超級 26 1 - - 0 0 26 1
総通算 135 5 10 0 3 0 148 5

その他の公式戦

  • 2014年
    • Aリーグ ファイナルシリーズ 2試合1得点
国際大会個人成績 FIFA 期間通算
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
UEFA UEFA CL UEFA EL CWC 期間通算
2007-08 ニュルンベルク 23 - 1 0 - 1 0
AFC AFC CL AFC CUP CWC 期間通算
2014 ウェスタン・シドニー 13 7 0 - 1 0 8 0
2015 1 0 - - 1 0
通算 UEFA 0 0 1 0 0 0 1 0
AFC 8 0 0 0 1 0 9 0
総通算 8 0 1 0 1 0 10 0

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

国際Aマッチ 26試合 0得点 (2008年- )


オーストラリア代表 国際Aマッチ
出場 得点
2008 2 0
2009 2 0
2010 1 0
2011 7 0
2012 4 0
2013 0 0
2014 5 0
2015 5 0
通算 26 0

タイトル[編集]

代表[編集]

オーストラリア代表

クラブ[編集]

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]