サイモン・コロシモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サイモン・コロシモ Football pictogram.svg
Simon Colosimo.jpg
名前
ラテン文字 Simon Colosimo
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1979-01-08) 1979年1月8日(38歳)
出身地 メルボルン
身長 183cm
体重 75kg
選手情報
ポジション DF (CB)
利き足 両足
ユース
1996-1997 オーストラリアの旗 オーストラリア国立スポーツ研究所
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-2000 オーストラリアの旗 カールトン 50 (10)
2000-2001 オーストラリアの旗 サウス・メルボルン 18 (2)
2001-2002 イングランドの旗 マンチェスター・シティ 6 (0)
2002 ベルギーの旗 ロイヤル・アントワープ 0 (0)
2002-2003 オーストラリアの旗 パース・グローリー 14 (0)
2003-2004 オーストラリアの旗 パラマッタ・パワー 23 (1)
2004 マラヤ連邦の旗 パハン 20 (6)
2005-2008 オーストラリアの旗 パース・グローリー 50 (2)
2007 トルコの旗 シヴァススポル 14 (1)
2008-2010 オーストラリアの旗 シドニー 34 (0)
2010-2013 オーストラリアの旗 メルボルン・ハート 63 (1)
2013-2014 インドの旗 デンポSC 19 (0)
2014 オーストラリアの旗 Goulburn Valley Suns FC 11 (1)
2015 オーストラリアの旗 Werribee City FC 18 (1)
代表歴2
1996-1999  オーストラリア U-20 16 (5)
1997-2000  オーストラリア U-23 14 (0)
1998-2010 オーストラリアの旗 オーストラリア 26 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年4月30日現在。
2. 2016年4月30日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

サイモン・コロシモSimon Colosimo, 1979年1月8日- )は、オーストラリアメルボルン出身の同国代表サッカー選手

経歴[編集]

コロシモは、1997年にAIS卒業後、同年に創設されNSLに参戦するカールトンSC英語版に加入した。デビュー年からレギュラーとして活躍していたことからバイエルン・ミュンヘンパナシナイコスFCから関心を寄せられていたが、1999年7月22日、マンチェスター・ユナイテッドFCの親善試合ツアー戦でアンディ・コールのタックルで膝を負傷した[1]ことで、1999-2000シーズン大半を欠場することを余儀なくされた。このシーズン終了後にカールトンが解散したことにより、2000年3月14日に地元のサウス・メルボルンFCと契約した。 メルボルンで1年プレー後にヨーロッパへ移動し、イングランド2部マンチェスター・シティFCに加入。さらにその1年後にベルギーロイヤル・アントワープFCに移動となかなか定着出来ず、2002年にオーストラリアへ戻りNSLのパース・グローリーFC, 2004年にリーグが解体されるまでパラマッタ・パワー英語版で過ごした。

2004年、マシュー・ビングリー, アンテ・ミリチッチ英語版ら同胞数人と共にマレーシアパハンFAに加入し、再編されたこのリーグで優勝をした。

新設されたAリーグに参戦する古巣パース・グローリーに誘われ、オーストラリアに戻り3年契約を結んだ。2006-07シーズンにチームのMVPに選ばれた。

Aリーグのオフシーズンを利用した4ヶ月の短期レンタルでトルコシヴァススポルに参加[2]し、2007-08シーズン開幕に向けて復帰すると、チームのキャプテンに任命された[3]。しかし、シーズン終了後にシドニーFCへ移籍する動きが噂されると、パースのサポーターから歓迎されなくなり敵意を向けられ[4]、終盤戦の数試合はスタメン落ちが続いた[5]ため、2008年1月22日に双方合意で契約を解除し退団した[6]

1月27日、2008-09シーズン開幕に向けてシドニーFCに2年契約で加入[7]。翌2009-10年シーズンは、シーズンを通してコンスタントに印象的なパフォーマンス披露。その集大成として2度目となるジョー・マーストン・メダル英語版を獲得し、CBとして傑出した選手となった。2010年3月31日、同僚のクリント・ボルトン, ジョン・アロイージと共にメルボルン・ハートに移籍した[8]。この新クラブでキャプテンとなったコロシモは、アデレード・ユナイテッドFC戦のロスタイムにゴールを決めて2-1で勝利した。

代表[編集]

1997年、AIS所属時にU-20代表に選出。翌1998年、19歳の時にフィジー戦でオーストラリア代表デビューを果たした。さらに翌年の1999 FIFAワールドユース選手権のメンバーに選ばれた。

1999年7月18日、メルボルン・クリケット・グラウンドで行われるマンチェスター・ユナイテッドFCとの親善試合にラウル・ブランコ英語版代表監督に招集されると、この試合でアンディ・コールに膝をタックルをされストレッチャーで退場。内側側副靱帯前十字靭帯を負傷・前十字靭帯再建術が必要と診断され、半年間ボールを蹴られない日々が続いた。この件に関しカールトンSC英語版のGMは法的措置の構えを見せた[1][9]

怪我から回復後は、シドニーオリンピックFIFAコンフェデレーションズカップ2005等に出場。また、AFCアジアカップ2007 (予選)を戦いぬき本大会進出に貢献したが、リザーブメンバーにとどまりAFCアジアカップ2007のメンバー入りは果たせなかった。

プライベート[編集]

イタリアからオーストラリアに移住したイタリア人の家系に生まれる[10]。ビアンカという名の妻と2人の子供がいる[11]

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

代表
クラブ
個人

脚注[編集]

  1. ^ a b "Football: Lawyers in action on Cole tackle"
  2. ^ "Colosimo back in Perth"
  3. ^ "Colosimo new Perth skipper"
  4. ^ "Colosimo not feeling the love from Perth"
  5. ^ "Sydney on alert as Colosimo left out of Perth win"
  6. ^ "Colosimo, Bertos freed by Glory"
  7. ^ "Sydney FC signs Simon Colosimo to two year deal"
  8. ^ "Colosimo joins Aloisi at Heart"
  9. ^ "Sport: Football Cole accused of ego problem "
  10. ^ "Colosimo permit probs"
  11. ^ "Colosimo lands on his feet at Sydney"

外部リンク[編集]