フランク・ファリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランク・ファリーナ Football pictogram.svg
Frank Farina talks to the media (11847454503).jpg
名前
ラテン文字 Frank Farina
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1964-09-06) 1964年9月6日(53歳)
出身地 ダーウィン
身長 177cm
選手情報
ポジション FW
代表歴
1982-1983 オーストラリアの旗 オーストラリア U-20 8 (2)
1984 オーストラリアの旗 オーストラリア U-23 5 (1)
1984-1995 オーストラリアの旗 オーストラリア 37 (10)
監督歴
チーム
1995-1998 オーストラリアの旗 ブリスベン・ストライカーズ
1998-1999 オーストラリアの旗 マルコーニ・スタリオンズ
1999-2005 オーストラリアの旗 オーストラリア代表
2006-2009 オーストラリアの旗 ブリスベン・ロアー
2011-2013 パプアニューギニアの旗 パプアニューギニア代表
2012-2014 オーストラリアの旗 シドニーFC
2015 フィジーの旗 U-20フィジー代表
2015-2016 フィジーの旗 U-23フィジー代表
2015-2016 フィジーの旗 フィジー代表
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フランク・ファリーナFrank Farina1964年9月6日- )は、オーストラリアダーウィン出身の元同国代表のサッカー選手、現サッカー指導者。

経歴[編集]

選手時代[編集]

ユース時代は、AISで過ごしたファリーナは、キャンベラ・シティFCでプロデビュー。デビューした年から7ゴールと才能を見せると、翌年には代表デビューした。それ以降、毎年コンスタントに得点を決めていくと1987-88、1988-89と2シーズン連続得点王と最優秀選手、1988年には初代オセアニア年間最優秀選手賞に選ばれた。

この活躍に国外クラブの関心を呼び、1988-89シーズンの途中にベルギーリーグクラブ・ブルッヘへと移籍した。シーズン途中の移籍ながら16試合で6ゴールとまずまずの活躍をする。翌シーズンには24ゴールをあげ得点王となり、チームの優勝に貢献した。しかし、この後に移籍したイタリアイングランドのトップリーグではノーゴールと苦しみ、フランスのトップリーグで3シーズン過ごしたものの毎シーズン一桁得点に終わった。

1995-96シーズンにオーストラリアへ戻ると20試合で20ゴールをあげ、翌シーズンも二桁得点をするなど活躍。1998-99シーズンに古巣のマルコーニ・スタリオンズFCへと戻り引退した。

監督時代[編集]

最初の監督業は、1995-96シーズンにブリスベン・ストライカーズFC選手兼任監督としてスタート。翌シーズンも選手兼任監督をしながらNSL初優勝した(グランドファイナルでは自身でゴールを決めた)。

マルコーニ・スタリオンズFCでも選手兼任監督として活動した後に現役を引退。1999年にオーストラリア代表監督に就任すると、翌年、タヒチで開催されたOFCネイションズカップで優勝を果たした。2001年、オセアニア大陸王者として参加したFIFAコンフェデレーションズカップでは、世界王者であり欧州王者のフランス代表メキシコ代表といった強豪国に勝利しグループリーグを突破。準々決勝では日本代表に1-0と敗れたものの、3位決定戦ではブラジル代表を破った[1]

2005年もFIFAコンフェデレーションズカップに参加したものの、グループリーグで全敗し敗退した。この結果を受けて監督を辞任し、後任にはフース・ヒディンクが就任した。その後、しばらくの間は新聞のコラムニストとして活動。2006 FIFAワールドカップ・予選の大陸間プレーオフウルグアイ代表戦では、この試合のコメンテーターをラジオ局で務めていた。

2006年11月15日、Aリーグブリスベン・ロアーFCの監督に就任したが、2009年10月11日に飲酒運転で逮捕されたため解雇された[2][3]。2011年2月11日、パプアニューギニア代表の監督に就任した[4]。 2012年11月28日、パプアニューギニア代表監督と兼任する形で、Aリーグのシーズン途中(8試合終了)からシドニーFCの監督に就任し[5]、2013-14シーズンまでチームを率いた。

2015年1月、ニュージーランドで開催されるFIFA U-20ワールドカップに挑むフィジー代表の監督に就任[6]。6月に行われた本大会では、グループリーグで格上と目されたホンジュラス代表から歴史的な一勝を挙げた。 同年10月には、フィジーのフル代表とリオデジャネイロオリンピックに出場するU-23代表の監督を兼任することが発表された[7]。2016年9月、フィジーサッカー協会より解任を通達された[8]

所属クラブ[編集]

イングランドの旗 ノッツ・カウンティFC 1992 (loan)

指導者経歴[編集]

タイトル[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]