フランソワ・ステルシェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランソワ・ステルシェル Football pictogram.svg
Francois-Sterchele-Octobre2004.JPG
名前
ラテン文字 François Sterchele
基本情報
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
生年月日 1982年3月14日
出身地 リエージュ
没年月日 2008年5月8日(満26歳没)
身長 185cm
選手情報
ポジション FW
背番号 23(死去時)
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2004 ベルギーの旗 ウニオン・ラ・カラミン 29 (23)
2004-2005 ベルギーの旗 レーヴェン 31 (32)
2005-2006 ベルギーの旗 シャルルロワ 31 (9)
2006-2007 ベルギーの旗 ジェルミナル・ベールスホット 32 (21)
2007-2008 ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘ 31 (11)
代表歴
2007-2008 ベルギーの旗 ベルギー 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

フランソワ・ステルシェル(François Sterchele、1982年3月14日2008年5月8日)は、ベルギーリエージュ出身のサッカー選手ベルギー代表だった。ポジションはフォワードクラブ・ブルッヘに在籍していた2008年5月8日、自動車事故で死去した。イタリア系である。

経歴[編集]

クラブ[編集]

リエージュ州にあるFCロンシンという小規模クラブでサッカーをはじめ、10歳の時にRFCリエージュの下部組織に移った。RFCリエージュには10年間在籍し、その後RFCウニオン・ラ・カラミンに移って3シーズンプレーした。2004年にベルギー・サードディヴィジョン(3部)のOHレーヴェンに移籍し、2004-05シーズンには21得点を挙げて得点ランキングの2位となった。プレーオフでは8得点を挙げ、ベルギー・セカンドディヴィジョン(2部)昇格に貢献した。

2005年にはジュピラー・リーグ(1部)のシャルルロワSCに移籍し、2005-06シーズンには31試合に出場して9得点を挙げ、ジャッキー・マタイセン監督の下でサッカー選手として飛躍した。2006年にはKFCジェルミナル・ベールスホットに移籍し、21得点を挙げてリーグ得点王に輝いた[1]マルク・ブリス監督はステルシェルを「ずる賢く、素早く、知的な選手」と称えている[1]。2007年には恩師マタイセン監督が率いるクラブ・ブルッヘに移籍し、リーグデビュー戦となったRAECモンス戦で2得点を挙げた。その後も得点を重ね、最終節を前にしてチームトップの11得点を記録していた。

代表[編集]

2007年3月24日、UEFA EURO 2008予選ポルトガル戦でベルギー代表デビューした。6月2日のポルトガル戦、6月6日のフィンランド戦、10月13日のサッカーフィンランド戦にも出場し、国際Aマッチで計4キャップを記録した。2008年2月5日にはベルギー代表対スタンダール・リエージュの練習試合が行なわれ、この試合にも出場している。

突然の死去[編集]

2008年5月7日にはアントウェルペンの友人宅に滞在し、Jurgen CavensやVicenzo Verhoevenに会ったとされている。N49号線をポルシェ・ケイマンで自宅に帰宅する途中、5月8日午前3時頃にアントウェルペンとクノッケの間に差し掛かったが、スピードの出しすぎで排水溝にタイヤを取られ、車の制御を失って街路樹に激突した[1]。単独事故であり、即死だった。26歳没。

数日後のシーズン最終節では、ジュピラー・リーグ全試合で選手が喪章を着けてプレーし、クラブ・ブルッヘの選手はステルシェルの背番号23を胸に入れた特別ユニフォームで試合に臨んだ。

死去後[編集]

クラブ・ブルッヘはステルシェルが着けていた背番号23を永久欠番とすることを決定した。試合中、クラブ・ブルッヘのサポーターは前半23分になるとステルシェルのチャントを歌っている。UEFAヨーロッパリーグで対戦していたバーミンガム・シティFC(イングランド)のサポーターもステルシェルに敬意を表し、セント・アンドルーズ・スタジアムでの対戦時に賛辞を贈った。クラブ・ブルッヘは毎年プレシーズンにコッパ・ステルシェルという親善大会を開催している。

タイトル[編集]

  • ベルギーの旗 KFCジェルミナル・ベールスホット
ジュピラー・リーグ得点王 : 2006-2007

脚注[編集]