カルロス・バッカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はバッカ第二姓(母方の)はアウマダです。(Template:スペイン語圏の姓名
カルロス・バッカ Football pictogram.svg
Carlos Bacca, 2012-07-17.jpg
2012年のバッカ
名前
本名 カルロス・アルトゥーロ・バッカ・アウマダ
Carlos Arturo Bacca Ahumada
愛称 Peluca、El Hijo de Puerto Colombia
ラテン文字 Carlos BACCA
基本情報
国籍  コロンビア
生年月日 (1986-09-08) 1986年9月8日(35歳)
出身地 プエルト・コロンビア
身長 181cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 グラナダCF
ポジション FW (CF)
背番号 20
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2011 コロンビアの旗 アトレティコ・ジュニオール 97 (50)
2006 コロンビアの旗 バランキージャFC (loan) 27 (12)
2007-2008 ベネズエラの旗 ミネルベン・ボリバルFC (loan) 29 (12)
2008 コロンビアの旗 バランキージャ (loan) 19 (14)
2012-2013 ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘ 45 (28)
2013-2015 スペインの旗 セビージャFC 72 (34)
2015-2018 イタリアの旗 ACミラン 70 (31)
2017-2018 スペインの旗 ビジャレアルCF (loan) 35 (15)
2018-2021 スペインの旗 ビジャレアルCF 75 (13)
2021- スペインの旗 グラナダCF
代表歴2
2010-2018 コロンビアの旗 コロンビア 52 (16)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年7月8日現在。
2. 2018年10月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

カルロス・アルトゥーロ・バッカ・アウマダCarlos Arturo Bacca Ahumada1986年9月8日 - )は、コロンビアプエルト・コロンビア出身のサッカー選手グラナダCF所属。ポジションはFW(CF)。元コロンビア代表

経歴[編集]

クラブ[編集]

コロンビア[編集]

1986年9月8日、コロンビアプエルトに生まれた。バッカは、20歳までバス運転手の補佐として働きながら[1]アトレティコ・ジュニオールの2軍的位置づけにある2部バランキヤFCen)でキャリアを始めた[2]。しかし、出場機会を得ることが出来なかった。2007年下旬、ベネズエラ2部ミネルベン・ボリバルFCen)と契約した[2][3]。ミネルベンでは、最終節のUCV FCen)戦(2-0)で2得点を挙げて1部昇格に貢献[4] し、また、チーム最多の13得点を記録する活躍を見せた[2]

ミネルベンから再度2部のバランキヤと契約し、14得点を挙げて見事得点王となった[5] と、トップチームにあたるアトレティコ・ジュニオールに引きぬかれ、2009年2月のデポルティーボ・パストen)戦(2-0)で22歳にしてようやく1部初出場を飾り、途中出場ながら2得点を挙げた[6]。その後、ジュニオールではテオフィロ・グティエレスと強力な前線を形成して得点を量産していき[7]、同年のコパ・コロンビアで11得点を挙げて得点王となった[8]。翌年の前期リーグでは、ラ・エキダen)との決勝第2戦で先制点と決勝点の2得点を挙げて優勝に導き[9]、さらに、合計12得点でラ・エキダのカルロス・レンテリアen)と共に得点王のタイトルを獲得した[10]。また、同年にはコロンビア代表デビューを果たす等、充実したシーズンを過ごしているバッカに対して、チリ1部CSDコロコロ[11]イタリア1部ACキエーヴォ・ヴェローナ[12] から関心を寄せられていた。しかし、キエーヴォには同胞のフェルナンド・ウリベen)が選択されたため、移籍の噂は消滅した[13]

3年目の2011年シーズンも変わらず得点を量産していくと、6月にアルゼンチン1部ボカ・ジュニアーズ、同胞のジョヴァンニ・モレノと元同僚のテオフィロ・グティエレスが在籍するラシン・クラブから期限付き移籍でのオファーがなされた[14]。そんな中、7月にはロシア1部FCロコモティフ・モスクワと合意間近と報じられた[15]。しかし、最終的にフェリペ・カイセドが選ばれたために破談となり[16]、完全移籍のみを望んでいたクラブ事情もあり残留することとなった。失意の破談となったものの、同年のコパ・コロンビアで2度目の得点王になる[8] などの活躍でチームを牽引し、オンセ・カルダスとのリーグ決勝第1戦(3-2)ではペナルティーキックからキャリア通算100得点目、101得点目となる2得点を挙げて勝利に貢献した[17]。続く第2戦では1-2で敗れたものの、2試合合計4-4の末にPK戦で優勝を飾り[18]、また、同試合でも得点を挙げたことにより再度リーグ得点王に輝いた[19]

クラブ・ブルッヘ[編集]

2013年初旬、クラブ・ブルッヘでのバッカ

2012年1月に移籍金150万ユーロベルギー1部クラブ・ブルッヘと3年契約を締結[20]。21日のKVメヘレン戦(0-1)でリオル・ラファエロフと交代で68分から初出場を飾ったバッカは、なかなか馴染めずに定着するまで最初の3ヶ月は苦労したが、4月15日にヨーロッパリーグプレーオフのKAAヘント戦(1-3)で初得点を記録[21] し、KVコルトレイク(3-2)戦では2得点を挙げてUEFAヨーロッパリーグ 2012-13出場権獲得に貢献した。

2012-13シーズン開幕前にHSVフーク英語版との親善試合(7-4)でハットトリックを挙げた[22] ことやジョセフ・アクパラが移籍したことがジョルジュ・レーケンス新監督の信頼に繋がって先発での出場機会を増やし、序盤戦から得点を量産していった。12月の時点で16試合16得点という得点率を有するバッカに対し、ロシア、トルコ、スペインといった欧州の複数クラブからオファーが届いたことにより、1月7日に冬の移籍市場でブルッヘ退団の意思を表明した[23]。しかし、それから2週間後に契約を2016年までに延長した[24] ことでシーズン終了までチームに残留することとなったが、その後も変わらず活躍していくと、ベルギー・プロフェッショナル・フットボール・アワードの候補に選出され[25]、それから6日後に同僚のマクシム・レスティエンヌディウメルシ・ムボカニウィリアム・ヴァンクールen)、イェレ・ヴォセンを抑えて最優秀選手を受賞した[26]。また、19日に最終節のKRCヘンク(1-0)でも得点を挙げ、25得点で得点王となった[27]

セビージャ[編集]

2013年7月10日にアルバロ・ネグレドの後釜候補の1人として移籍金700万ユーロでスペイン1部セビージャFCと5年契約を締結[28]。7月26日に親善試合大会であるコパ・ユーロアメリカーナバルセロナSC戦(3-1)で初得点[29]、8月1日にUEFAヨーロッパリーグ 2013-14予選3回戦のFKムラドスト・ポドゴリツァ戦(3-0)で公式戦初得点を記録した[30]。8月18日のアトレティコ・マドリード戦(1-3)でリーグ初出場を飾り、9月25日のレアル・バジャドリード戦(4-1)で初得点含め2得点を挙げた。

ACミラン[編集]

2015年7月、セビージャはバッカがイタリアセリエAACミランに移籍金3000万ユーロで移籍することを発表[31]。背番号は70番。2015年8月29日のエンポリFC戦でセリエA初得点を記録し、2015-16シーズンには全38試合に出場し得点ランキング3位となる18得点を挙げた。

ビジャレアル[編集]

2017年8月16日、ビジャレアルに買取オプション付きのレンタルで移籍した[32][33]。4日後のレバンテ戦でリーグ戦初出場を飾り[34]、9月10日のレアル・ベティス戦で移籍後リーグ戦初得点を記録した[35]。また、31節のアスレティック・ビルバオとの試合からセルタ戦のハットトリックを含む4試合連続ゴールを決め、チームの5位フィニッシュ並びにEL出場権獲得に大きく貢献した。

2018年8月17日、ビジャレアルに4年契約で完全移籍した[36]

グラナダCF[編集]

2021年7月13日、グラナダCFと契約した[37]

コロンビア代表[編集]

2010年8月11日にボリビアとの親善試合でエルナン・ダリオ・ゴメスen)監督の下でコロンビア代表初出場および初得点を記録[38]。以降は代表から遠ざかっていたが、2012年10月4日にホセ・ペケルマン監督によって招集され[39]、16日のカメルーン戦で出場2試合目にして2得点目を記録した[40]

個人成績[編集]

クラブ[編集]

2019年5月20日現在
クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
バランキージャFC 2006 27 12 0 0 0 0 0 0 27 12
ミネルベン・ボリバルFC 2007 29 12 0 0 0 0 0 0 29 12
バランキージャFC 2008 19 14 0 0 0 0 0 0 19 14
通算 75 38 0 0 0 0 0 0 75 38
アトレティコ・ジュニオール 2009 29 12 12 11 0 0 0 0 41 23
2010 32 18 0 0 2 0 0 0 34 18
2011 36 20 11 8 8 4 0 0 55 32
通算 97 50 23 19 10 4 0 0 130 73
クラブ・ブルッヘ 2011-12 10 3 0 0 0 0 0 0 10 3
2012-13 35 25 2 0 7 3 0 0 44 28
通算 45 28 2 0 7 3 0 0 54 31
セビージャFC 2013-14 35 14 1 0 16 7 0 0 52 21
2014-15 37 20 3 1 15 7 1 0 56 28
通算 72 34 4 1 31 14 1 0 108 49
ACミラン 2015-16 38 18 5 2 0 0 0 0 43 20
2016-17 31 13 1 1 0 0 1 0 33 14
通算 69 31 6 3 0 0 1 0 76 34
ビジャレアル (loan) 2017-18 35 15 3 1 6 2 0 0 44 18
ビジャレアル 2018-19 33 6 3 3 0 0 7 2 43 11
通算 68 21 6 4 6 2 7 2 87 29
総通算 426 201 41 27 54 23 9 2 530 253

代表[編集]


コロンビア代表国際Aマッチ
出場得点
2010 1 1
2011 0 0
2012 1 1
2013 6 0
2014 7 4
2015 10 2
2016 13 5
2017 5 1
2018 5 0
通算 48 14

代表での得点[編集]

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1 2010年8月11日 ボリビアの旗 ラパスエルナンド・シレス競技場 ボリビアの旗 ボリビア 0–1 1–1 親善試合
2 2012年10月17日 コロンビアの旗 バランキヤエスタディオ・メトロポリターノ・ロベルト・メレンデス カメルーンの旗 カメルーン 2–0 3–0
3 2014年5月31日 アルゼンチンの旗 ブエノスアイレスエスタディオ・ペドロ・ビデガイン セネガルの旗 セネガル 2–0 2–2
4 2014年10月10日 アメリカ合衆国の旗 ハリソンレッドブル・アリーナ エルサルバドルの旗 エルサルバドル 2–0 3–0
5 3–0
6 2014年11月14日 イングランドの旗 ロンドンクレイヴン・コテージ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1– 1 2–1
7 2015年3月26日 バーレーンの旗リファーバーレーン・ナショナル・スタジアム バハマの旗 バハマ 0–1 0–6
8 2015年9月8日 アメリカ合衆国の旗 ハリソン、レッドブル・アリーナ ペルーの旗 ペルー 1–0 1–1
9 2016年3月24日 ボリビアの旗 ラパス、エルナンド・シレス競技場 ボリビアの旗 ボリビア 0–2 2–3 2018 FIFAワールドカップ・南米予選
10 2016年3月29日 コロンビアの旗 バランキヤ、エスタディオ・メトロポリターノ・ロベルト・メレンデス エクアドルの旗 エクアドル 1–0 3–1
11 3–0
12 2016年6月7日 アメリカ合衆国の旗 パサデナローズ・ボウル パラグアイの旗 パラグアイ 1–0 2–1 コパ・アメリカ・センテナリオ
13 2016年6月25日 アメリカ合衆国の旗 グレンデールユニバーシティ・オブ・フェニックス・スタジアム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 0–1 0–1
14 2017年11月14日 中華人民共和国の旗 重慶市重慶市奥林匹克体育中心 中華人民共和国の旗 中国 0–2 0–4 親善試合

タイトル[編集]

クラブ[編集]

アトレティコ・ジュニオール
セビージャFC
ACミラン
ビジャレアル

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "La historia de Bacca: de ayudante de bus a la liga de las estrellas"
  2. ^ a b c "Carlos Bacca quiere estrella y botín"
  3. ^ "José Hernández asume las riendas de Minerven F.C"
  4. ^ "Un equipo de primera"
  5. ^ "Tres por un cupo en final de la B"
  6. ^ "Junior derrotó 2-0 a Pasto con goles que vinieron desde el banco de suplentes"
  7. ^ "Los cuatro goleadores del Finalización se verán las caras en el Atanasio"
  8. ^ a b "Carlos Bacca, el goleador implacable"
  9. ^ "Junior superó 3-1 a Equidad, se coronó campeón y obtuvo su sexta estrella"
  10. ^ "Carlos Bacca y Carlos Rentería, los máximos goleadores del Apertura"
  11. ^ "Carlos Bacca estaría siendo sondeado por Colo Colo"
  12. ^ "Chievo, in arrivo Carlos Bacca"
  13. ^ "Fernando Uribe viajará la próxima semana a Verona. Manga y Castillo a Europa"
  14. ^ "Boca Juniors e Independiente quieren a Carlos Bacca"
  15. ^ "Conozca el monto por el cual iría Carlos Bacca al Lokomotiv de Moscú"
  16. ^ "Atletico Junior, Bacca: "Sono stato vicino alla Lokomotiv""
  17. ^ "No le bastó marcar el gol 100 a Carlos Bacca, también hizo el 101"
  18. ^ "Junior venció a Once Caldas y se consagró campeón"
  19. ^ "Carlos Bacca celebra por partida doble: campeón y goleador"
  20. ^ "Carlos Bacca se fue a cumplir su sueño a Bélgica"
  21. ^ "Carlos Bacca pone al Brujas a orillas del liderato en Bélgica"
  22. ^ "'Hat-Trick' de Carlos Bacca en el fútbol de Bélgica"
  23. ^ "Carlos Bacca wil weg bij Club Brugge"
  24. ^ "UFFICIALE: Bruges, Bacca rinnova fino al 2016"
  25. ^ "El colombiano Carlos Bacca nominado a jugador del año en Bélgica"
  26. ^ "Carlos Bacca, el mejor jugador de Bélgica"
  27. ^ "Carlos Bacca cerró con gol una gran temporada en Bélgica"
  28. ^ "セビージャ、ブリュージュからバッカを獲得"
  29. ^ "1-3. Sevilla reacciona y golea al ecuatoriano Barcelona"
  30. ^ "El Sevilla deja sin opciones a un flojo Mladost (3-0)"
  31. ^ "ミランがバッカ獲得を発表…セビージャ所属の2年間で108試合49得点" - サッカーキング 2015年7月2日
  32. ^ バッカのビジャレアル移籍が決定! ミランはカリニッチ獲りへ”サッカーダイジェスト、2017年8月16日
  33. ^ ビジャレアル、バッカ獲得を正式発表!ミランから背番号9を確保”Goal、2017年8月19日
  34. ^ Levante vs Villarreal: La Liga echaba de menos a Morales” (スペイン語). MARCA.com (2017年8月21日). 2019年9月16日閲覧。
  35. ^ Resumen Villarreal-Betis: Adán resucita al Villarreal” (スペイン語). AS.com (2017年9月10日). 2019年9月16日閲覧。
  36. ^ Acuerdo con el AC Milan por Bacca y Castillejo”Web oficial del Villarreal CF、2018年8月17日
  37. ^ 元コロンビア代表FWバッカがグラナダに加入、昨季はビジャレアルでプレー”. 超ワールドサッカー (2021年7月14日). 2021年7月14日閲覧。
  38. ^ "Colombia igualó 1-1 contra Bolivia en La Paz en el tercer partido de la era 'Bolillo'"
  39. ^ "Carlos Bacca y Juan F. Quintero, convocados a la Selección Colombia"
  40. ^ "Colombia goleó 3-0 a Camerún en partido amistoso en Barranquilla"

外部リンク[編集]