クリスティアン・カランブー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリスティアン・カランブー Football pictogram.svg
Genève Indoors 2014 - 20140114 - Christian Karembeu 2.jpg
2014年のカランブー
名前
ラテン文字 Christian KAREMBEU
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
Flag of FLNKS.svg ニューカレドニア
生年月日 (1970-12-03) 1970年12月3日(50歳)
出身地 ニューカレドニアの旗 リフ英語版
身長 178cm
体重 78kg
選手情報
ポジション MF (DMF)
利き足 右足
ユース
1985-1988 フランスの旗 ガイチャ英語版
1988-1990 フランスの旗 ナント
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1995 フランスの旗 ナント 130 (5)
1995-1997 イタリアの旗 サンプドリア 62 (6)
1997-2000 スペインの旗 レアル・マドリード 51 (1)
2000-2001 イングランドの旗 ミドルズブラ 33 (4)
2001-2004 ギリシャの旗 オリンピアコス 88 (5)
2004-2005 スイスの旗 セルヴェット 23 (2)
2005-2006 フランスの旗 バスティア 7 (0)
1990-2006 通算 414 (23)
代表歴
1992-2002 フランスの旗 フランス 53 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年8月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クリスティアン・カランブーChristian Karembeu, 1970年12月3日 - )は、ニューカレドニアリフ出身の元フランス代表サッカー選手。現役時代のポジションはMF(守備的ミッドフィールダー)。現在はオリンピアコスFCのスポーティングディレクターを務めている[1]

経歴[編集]

1990年にFCナントでデビューを飾る。豊富な運動量と広い視野で頭角を現し、1994-95シーズンにリーグ優勝を果たすと活躍の場を国外に求めて、セリエAUCサンプドリアへ移籍。ここでも圧倒的な存在感で活躍し、1998年にリーガ・エスパニョーラの強豪・レアル・マドリードに移籍し、同年開催されたフランスW杯ではフランス代表の優勝に貢献。EURO2000でも同国の優勝に貢献した。

1995年と1998年にオセアニア年間最優秀選手賞を受賞している。

しかし、2000年にプレミアリーグミドルズブラFCへ移籍後は、故障などもあって満足に活躍できずクラブを転々。2005年にSCバスティアへ移籍が決定しリーグ・アンへの復帰を果たしたが、同年限りで選手生活に終止符を打った。

現役引退後はFIFAオセアニア大使として、同地域のサッカー活性化に一役買っている。

エピソード[編集]

代表歴[編集]

代表での成績[編集]

出典[3]


フランス代表国際Aマッチ
出場得点
1992 1 0
1993 0 0
1994 6 0
1995 4 1
1996 13 0
1997 4 0
1998 10 0
1999 4 0
2000 4註1 0
2001 6 0
2002 1 0
合計 53 1

註1 フランスサッカー連盟2000年8月16日に行われたFIFA選抜戦を国際Aマッチとして認めている[3]

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Christian Karembeu: Olympiakos sporting director on owner's project at Nottingham Forest”. BBC Sport (2019年7月18日). 2020年8月21日閲覧。
  2. ^ 広岡裕児 (2018年11月8日). “仏領ニューカレドニアの差別と血に濡れた独立運動”. ニューズウィーク. https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/11/post-11260_1.php 2018年11月9日閲覧。 
  3. ^ a b Joueur - Christian KAREMBEU”. Fédération Française de Football. 2017年7月7日閲覧。

外部リンク[編集]