スティーブ・コリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スティーブ・コリカ Football pictogram.svg
Steve Corica.jpg
名前
愛称 ビンビ
ラテン文字 Steve CORICA
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1973-03-24) 1973年3月24日(44歳)
出身地 イニスフェイル英語版
身長 174cm
体重 71kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
オーストラリアの旗イニスフェイル・ユナイテッド
オーストラリアの旗オーストラリア国立スポーツ研究所
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1995 オーストラリアの旗マルコーニ・スタリオンズFC英語版 103 (14)
1995-1996 イングランドの旗レスター・シティFC 16 (2)
1996-2000 イングランドの旗ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC 100 (5)
2000-2001 日本の旗サンフレッチェ広島 43 (14)
2002-2004 イングランドの旗ウォルソールFC 73 (9)
2005-2010 オーストラリアの旗シドニーFC 106 (23)
代表歴2
1993-2006 オーストラリアの旗 オーストラリア 33 (5)
監督歴
2010-2011 オーストラリアの旗シドニーFCユースコーチ
2011- オーストラリアの旗シドニーFCアシスタント
1. 国内リーグ戦に限る。2010年2月12日現在。
2. 2006年11月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ステファン・クリストファー・コリカ(Stephen Christopher Corica、1973年3月24日 - )は、オーストラリアクイーンズランド州イニスフェイル出身の元サッカー選手MF)、指導者。元オーストラリア代表

現在はシドニーFCアシスタントコーチ。

人物[編集]

現役時代は精度の高いパスと、正確に枠を捉えるシュート力・特にミドルシュートが得意な攻撃的MF[1]

マーク・ボスニッチポール・オコンジェリコ・カラッツネディエリコ・ゼリッチらと共に、オーストラリアにおける黄金世代と呼ばれた選手の一人。

来歴[編集]

現役時代[編集]

オーストラリア国立スポーツ研究所(AIS)出身。オーストラリアン・ナショナルサッカーリーグマルコーニ・スタリオンズFC英語版でデビュー[1]、1992/93シーズンには最優秀U-21選手に選ばれている。

代表では、U-17から年代別代表を経験し、1989 FIFA U-16世界選手権出場、1991 FIFAワールドユース選手権4位入賞。1992年にはエディ・トムソン率いるバルセロナオリンピックU-23代表に選ばれ4位入賞。1993年からA代表に招集され、1994年4月16日親善試合対クウェート戦で初キャップ[1]

1995年8月、イングランドへ渡りFLDiv 1(2部リーグ)レスター・シティに入団する[2]。レギュラーとして活躍するも同シーズンの試合中に足首に怪我を負う[2]。そのシーズン途中である1996年2月に移籍金150万ポンドウルヴァーハンプトン・ワンダラーズへ移籍する[2]。また同1996年にはアトランタオリンピックオーバーエイジとして出場している。1997年以降、2度前十字靭帯を損傷してしまい[3]、出場機会が減っていった。

2000年、トムソンおよびウルブズ時代のコーチ・マイケル・ヒックマンの紹介で、サンフレッチェ広島に加入した。翌2001年、攻撃的サッカーを標榜としたヴァレリー・ニポムニシ監督のもとで、攻撃的MFとしてブレイク、久保竜彦大木勉藤本主税とともに、同年2ndステージにおいてサンフレッチェの躍進を支えた[4]。2002年、本人およびサンフレッチェとともに契約更新を望んだが、この年より監督に就任したガジ・ガジエフの評価は低いもので結局契約には至らなかった[5]

2001年、日韓で行われたFIFAコンフェデレーションズカップ2001の出場[1] 以降、A代表からはしばらく遠ざかることになる。

2002年2月、再びイングランドのクラブであるFLDiv 1(2部リーグ)のウォルソールFCへ移籍した[6]。ただチームは下位に低迷し2004年フットボールリーグ1(3部リーグ)に降格すると、同年9月新しく監督に就任したポール・マーソンにより構想外にされる[6]

2005年から、シドニーFCへ移籍すると10番をつけ、キャプテンとして活躍した[7]。同年にはリーグ優勝に貢献。また同年にはドワイト・ヨーク三浦知良と共に世界クラブ選手権出場のため来日した。2006年8月16日、AFCアジアカップ2007予選に久しぶりにA代表に招集されている。その後もシドニーFCで主力として活躍後、2010年怪我を理由に引退する[8]

指導者時代[編集]

2010年からシドニーFCのユースコーチに、2011年からヴィテズラフ・ラヴィチュカ英語版監督のもとトップチームのアシスタントコーチに就任した[7]。2012年11月にはイアン・クルーク監督辞任を受けて、暫定でシドニーFC監督を務めた[9]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯 FFA杯 期間通算
1990-91 シドニー・マルコーニ NSL 17 0 - - 17 0
1991-92 17 2 - - 17 2
1992-93 27 4 - - 27 4
1993-94 24 4 - - 24 5
1994-95 18 3 - - 18 3
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ 期間通算
1995-96 レスター・シティ 2部 16 2 0 0 2 0 18 2
1995-96 ウルヴァーハンプトン 17 0 0 0 1 0 18 0
1996-97 36 2 4 0 2 0 42 2
1997-98 1 0 0 0 0 0 1 0
1998-99 31 2 1 0 1 0 33 2
1999-00 15 1 1 0 0 0 16 1
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2000 広島 34 J1 21 3 2 1 2 2 25 6
2001 9 22 11 1 0 2 1 25 12
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ 期間通算
2001-02 ウォルソール 2部 13 3 0 0 0 0 13 3
2002-03 41 4 3 0 2 0 46 4
2003-04 19 2 2 0 2 0 23 2
2004-05 3部 0 0 0 0 0 0 0 0
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯 FFA杯 期間通算
2005-06 シドニーFC 10 Aリーグ 21 5 - 4 2 25 6
2006-07 18 3 - 4 1 22 4
2007-08 20 4 - 3 0 34 4
2008-09 21 4 - 5 4 26 8
2009-10 23 6 - 0 0 23 6
通算 豪州 Aリーグ 103 23 - 16 7 119 30
豪州 NSL 103 13 - - 103 13
イングランド 2部 189 16 11 0 10 0 210 16
イングランド 3部 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 J1 43 14 3 1 4 3 50 18
総通算 438 66 14 1 30 10 482 77
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
OFC OFC CL クラブW杯
2004-05 シドニーFC 10 5 5 2 0
AFC ACL クラブW杯
2006 シドニーFC 10 6 4 -

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Golden Soft Sombrero Moment with Steve Corica”. fourdiegos (20010-09). 2013年6月17日閲覧。
  2. ^ a b c Steve Corica”. foxeshistory.co.uk. 2013年6月17日閲覧。
  3. ^ Corica strikes gold to give Francis the blues”. ガーディアン (1999年4月17日). 2013年6月17日閲覧。
  4. ^ 浸透ヴァレリー流 第2Sの軌跡”. 中国新聞 (2011年1月27日). 2001年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月17日閲覧。
  5. ^ 中野和也『紫熊倶楽部』2003年1月
  6. ^ a b Steve Corica career over as he is ruled out of Sydney FC's finals campaign”. BBC (2004年9月8日). 2013年6月17日閲覧。
  7. ^ a b Steve Corica”. オーストラリアサッカー連盟. 2013年6月17日閲覧。
  8. ^ Corica leaves Walsall”. FOX (2010年2月16日). 2013年6月17日閲覧。
  9. ^ Sydney FC coach quits citing pressure of job”. FOX (2012年11月11日). 2013年6月17日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]