2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本オーストラリアの選手入場後の様子(2013年6月4日、埼玉スタジアム2002
2014 FIFAワールドカップ
アジア最終予選
大会概要
日程 2012年6月3日 – 2013年6月18日
チーム数 10
大会統計
試合数 40試合
2010
2018

このページは、2014 FIFAワールドカップ・アジア予選の4次予選の結果をまとめたものである。グループAからはイラン韓国が、グループBからは日本オーストラリアが、それぞれワールドカップ本大会出場を決めた。またウズベキスタンヨルダンアジア地区プレーオフに進出した。

方式[編集]

3次予選の各組上位2チーム、計10チームを5チームずつ2組に分け、各組でホーム・アンド・アウェー総当たり戦を行う[1]。各組上位2チームが本大会出場権を得る。各組3位は5次予選(アジア地区プレーオフ)に進出する。

2012年6月3日・6月8日・6月12日・9月11日・10月16日・11月14日および、2013年3月26日・6月4日・6月11日・6月18日に実施された(各チーム8試合。毎節とも、各グループ1チームずつが試合を行わない)[1]。なお、この最終節の日程はFIFAコンフェデレーションズカップ2013の日程と重複するという問題があり[2]、これに対しアジアサッカー連盟は2011年3月23日、「FIFAコンフェデレーションズカップ2013に出場する日本が4次予選に進出した場合、最終節に日本の試合が行われないように日程を割り当てる」という措置を取ることを発表した[3]

シード順[編集]

組み合わせ抽選会は2012年3月9日の日本時間午後5時からマレーシアクアラルンプールのAFC本部で開始された[4]。抽選会はアジアサッカー連盟(AFC)公式HP上で生中継され、264,959人が視聴した[5]。日本ではCSテレ朝チャンネルで生中継された。抽選を引き当てるドロワ代表として元日本代表CB宮本恒靖、元イラン代表MFマハダヴィキアが登場した。 シード順については、抽選会時点の2012年3月7日のFIFAランキングに基づいてシード順が定められた[6][7][8]

組み合わせ抽選の手順は以下の通り[9]

  • 10チームをシード順により2チームずつ5組に分け、それぞれA組とB組に割り振る。
  • 抽選はポット2→ポット5→ポット4→ポット3→ポット1(番号が小さいものから順にランキング上位)の順に行う。ポット2を最初に抽選するのは、ポット2に入った日本が上述の理由によりA組5番かB組5番(最終節に試合がない)に入れる必要があり、それを先に固定するためである。

シード順およびポット分けは2012年3月7日発表のFIFAランキングに基づいており以下の通り[10]。カッコ内の数はシード順の決定に用いたFIFAランキングである。

ポット1 ポット2 ポット3 ポット4 ポット5
日本の旗 日本(33)

イランの旗 イラン(51)

試合結果[編集]

グループ A[編集]

チーム 出場権
1  イラン 8 5 1 2 8 2 +6 16 2014 FIFAワールドカップ 1–0 0–1 0–0 4–0
2  韓国 8 4 2 2 13 7 +6 14 0–1 1–0 2–1 3–0
3  ウズベキスタン 8 4 2 2 11 6 +5 14 アジア5次予選 0–1 2–2 5–1 1–0
4  カタール 8 2 1 5 5 13 −8 7 0–1 1–4 0–1 1–0
5  レバノン 8 1 2 5 3 12 −9 5 1–0 1–1 1–1 0–1
出典:
順位の決定基準: 順位決定方式
































グループ B[編集]

チーム 出場権
1  日本 8 5 2 1 16 5 +11 17 2014 FIFAワールドカップ 1–1 6–0 3–0 1–0
2  オーストラリア 8 3 4 1 12 7 +5 13 1–1 4–0 2–2 1–0
3  ヨルダン 8 3 1 4 7 16 −9 10 アジア5次予選 2–1 2–1 1–0 1–1
4  オマーン 8 2 3 3 7 10 −3 9 1–2 0–0 2–1 1–0
5  イラク 8 1 2 5 4 8 −4 5 0–1 1–2 1–0 1–1
出典:
順位の決定基準: 順位決定方式
































トピックス[編集]

  • 2013年6月18日の韓国対イラン戦で、イラン側スタッフに対して韓国側観客席から未開封の缶ビールが投げつけられる[18]など双方がエキサイトする場面があった。試合終了後、イランのケイロス監督は韓国チーム側にガッツポーズをするパフォーマンスをし、FIFAから処分された[19]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d イラクはFIFAから、試合会場の安全上の問題を指摘され、ホームゲームを国外で開催するよう命じられた[14]

出典[編集]

  1. ^ a b 2014 FIFA World Cup Brazil – Preliminary Competition Format and Draw Procedures – Asian Zone
  2. ^ AFC、FIFAにコンフェデ杯日程変更を要請”. アジアサッカー連盟 (2011年1月31日). 2011年8月2日閲覧。
  3. ^ 43 in the fray for 2014 FWC qualifiers” (英語). アジアサッカー連盟 (2011年3月23日). 2011年11月11日閲覧。
  4. ^ Final Round draw date set” (英語). the-afc.com (2012年1月26日). 2012年2月23日閲覧。
  5. ^ Brazil 2014 draw a big hit AFC公式HP-2012年3月10日
  6. ^ AFC announces key competition decisions” (英語). アジアサッカー連盟 (2011年8月2日). 2011年8月22日閲覧。
  7. ^ シード国、3月のランクが基準=サッカーW杯最終予選-時事ドットコム2012.2.3付
  8. ^ FIFA Ranking rescheduled to March 7” (英語). アジアサッカー連盟 (2012年2月3日). 2012年2月24日閲覧。
  9. ^ Who do you want in the Qantas Socceroos' FIFA World Cup draw?” (英語). オーストラリアサッカー連盟 (2012年3月8日). 2012年3月9日閲覧。
  10. ^ Socceroos top seeds for Final Round draw” (英語). アジアサッカー連盟 (2012年3月8日). 2012年3月9日閲覧。
  11. ^ a b c 2014FIFAワールドカップブラジル アジア最終予選 組み合わせ決定”. 日本サッカー協会 (2012年3月9日). 2012年3月9日閲覧。
  12. ^ 「豪-日」W杯最終予選 ブリスベーンで”. nikkansports.com (2012年3月14日). 2012年3月16日閲覧。
  13. ^ Qantas Socceroos to face Japan in Brisbane” (英語). オーストラリアサッカー連盟 (2012年3月14日). 2012年3月16日閲覧。
  14. ^ “FIFA decision on Iraq matches” (英語). アジアサッカー連盟. (2011年9月23日). http://www.the-afc.com/en/tournaments/men-a-youth/fifa-world-cup/36499-fifa-decision-on-iraq-matches 2012年4月30日閲覧。 
  15. ^ a b Host cities confirmed for Qantas Socceroos” (英語). オーストラリアサッカー連盟 (2012年6月6日). 2012年6月13日閲覧。
  16. ^ 2013日本代表スケジュール”. 日本サッカー協会 (2012年12月19日). 2012年12月19日閲覧。
  17. ^ Qantas Socceroos to take on Jordan at Docklands”. オーストラリアサッカー連盟 (2012年11月22日). 2013年1月20日閲覧。
  18. ^ ビール缶が当たったイラン聯合ニュース 2013年6月19日
  19. ^ 【サッカーW杯予選】韓国陣営のイラン選手暴行疑惑に韓国メディアが反論「イランにも非礼があった」「偏向報道だ」rocketnews24 2013年6月19日

外部リンク[編集]