2014 FIFAワールドカップ・アジア1次予選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2014 FIFAワールドカップ・アジア1次予選
大会概要
日程 2011年6月29日 – 2011年7月3日
チーム数 16
大会統計
試合数 16試合
2010
2018

このページは、2014 FIFAワールドカップ・アジア予選の1次予選の結果をまとめたものである。

方式[編集]

シード順が28位から43位のチーム(16チーム)を2チームずつ8組に分け、ホーム・アンド・アウェー方式で対戦を行う。各勝者が2次予選に進出する[1][2]

シード順[編集]

組み合わせ抽選会は、2011年3月30日にマレーシアクアラルンプールAFC本部で行われた[3]

12チームを2つのポットに分け、ポット1にはランキング28位から35位のチームを、ポット2にはランキング36位から43位のチームに振り分けた。シード順は、前回大会(2010 FIFAワールドカップおよびそのアジア予選)の成績によって決められた[4][5]

ポット1 ポット2

試合結果[編集]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
マレーシア  4 - 4(a)  チャイニーズタイペイ 2 - 1 3 - 2
バングラデシュ  3 - 0  パキスタン 3 - 0 0 - 0
カンボジア  6 - 8  ラオス 3 - 0 2 - 6
スリランカ  1 - 5  フィリピン 1 - 1 0 - 4
アフガニスタン  1 - 3  パレスチナ 0 - 2 1 - 1
ベトナム  13 - 1  マカオ 6 - 0 7 - 1
ネパール  7 - 1  東ティモール 2 - 1 5 - 0
モンゴル  1 - 2  ミャンマー 1 - 0 0 - 2
注釈



合計得点4-4、アウェーゴール数2-1でマレーシアが勝利




合計得点3-0でバングラデシュが勝利




合計得点6-6(延長2-0)でラオスが勝利




合計得点5-1でフィリピンが勝利




合計得点3-1でパレスチナが勝利




合計得点13-1でベトナムが勝利




合計得点7-1でネパールが勝利




合計得点2-1でミャンマーが勝利



脚注[編集]

  1. ^ 東ティモールには試合開催に適切な競技場がないことから、東ティモールのホームゲームは対戦相手の国(ネパール)で開催された[6]

出典[編集]