2014 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予備予選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

このページは、2014 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選の予備予選の結果をまとめたものである。

フォーマット[編集]

シード順が26位から35位のチーム(10チーム)を2チームずつ5組に分け、ホーム・アンド・アウェー方式で対戦を行う。各勝者が1次予選に進出する[1][2][3]

元々、第1試合は2011年6月3日に、第2試合は6月7日に開催される予定であったが、都合により延期となった[4]

対戦結果[編集]




合計得点8-3でベリーズが勝利




合計得点6-0でドミニカ共和国が勝利




合計得点4-1でアメリカ領ヴァージン諸島が勝利




合計得点6-6(延長0-0、PK5-4)でセントルシアが勝利




合計得点10-0でバハマが勝利



ベリーズのホームゲーム延期について[編集]

モントセラト対ベリーズの第2戦(ベリーズのホームゲーム)は、2011年6月19日にベルモパンFFBフィールドで開催予定であった。しかし、ベリーズ政府の介入によりこの日の試合実施が不可能となったため、6月17日に行われたFIFA緊急理事会は、ベリーズサッカー連盟の資格停止と、第2試合の開催延期を決定した[6]。なお第2試合は7月17日までに実施されなければならないものと定められ、これまでに実施できない場合、ベリーズは除外扱いとなりモントセラトが1次予選に進出するものとされた[7]

FIFAは7月7日に、ベリーズサッカー連盟の資格停止を一時的に解除すること、また第2戦は7月17日までにベリーズ以外の第三国で行うと発表した[8]。ベリーズサッカー連盟は、第2戦をホンジュラスサン・ペドロ・スーラにあるエスタディオ・オリンピコ・メトロポリタノで実施することとした[9]

脚注[編集]

  1. ^ モントセラトには国際基準を満たす競技場がないため、モントセラトのホームゲームは国外(トリニダード・トバゴ)で実施された。
  2. ^ アンギラには国際基準を満たす競技場がないため、アンギラのホームゲームは対戦相手の国(ドミニカ共和国)で実施された。

出典[編集]