シャーロット・アマリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シャーロット・アマリー

シャーロット・アマリーCharlotte Amalie)は、アメリカ合衆国の自治領であるアメリカ領ヴァージン諸島の首都。セント・トーマス島に位置する。人口は18,914人(2000年国勢調査)。同名の海港を持つ港湾都市で、かつてはカリブ海海賊の本拠地のひとつであったが、現在はクルーズ観光港となっている。2004年には、約150万隻のクルーズ観光船が停泊した。

シャーロット・アマリーは北緯18度20分36秒西経64度55分49秒に位置している。気候は熱帯サバナ気候Aw)である。

シャーロット・アマリーは数多くの歴史的建造物が残る歴史の町である。1672年デンマーク西インド会社によって入植が始まり、1691年にシャーロット・アマリーがデンマーク領ヴァージン諸島の首都に定められた。

1967年にヴァージン諸島を津波が襲った際、シャーロット・アマリーは大きな被害を受けた[1]

第一次世界大戦下の1917年アメリカ合衆国パナマ運河防衛のためにヴァージン諸島をデンマークから購入した。1927年には住民にアメリカ合衆国市民権が与えられた。

西半球で2番目に長い歴史を持つシナゴーグであるセント・トーマス・シナゴーグ(St. Thomas Synagogue)もシャーロット・アマリーに立地している。市内の歴史的建造物や文化遺産は、セント・トーマス歴史トラスト(St. Thomas Historical Trust)によって守られている。また、シャーロット・アマリーには多数の免税店が建ち並び、観光客向けのショッピング・エリアにもなっている。

市名はデンマーク国王クリスチャン5世の王妃シャルロッテ・アマーリエ1650年-1714年)にちなんで名付けられた。

脚注[編集]

  1. ^ USC Tsunami Research Group. “The 1867 Virgin Island Tsunami”. The University of Southern California. 2015年10月3日閲覧。 “The first tsunami wave struck the town of Charlotte Amalie, on the island of St. Thomas, approximately 10 minutes after the first shock, and the second wave approximately 10 minutes after the second shock. Both waves struck the harbor at Charlotte Amalie first as a large recession of water, followed by a bore, which eyewitness accounts describe as a 4.5 to 6.1 meter wall of water. … The waves destroyed many small boats anchored in the harbor, leveled the town's iron warf, and either flooded out or destroyed all buildings located along the waterfront area.”

外部リンク[編集]