2014 FIFAワールドカップ・アフリカ3次予選

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

このページは、2014 FIFAワールドカップ・アフリカ予選の3次予選の結果をまとめたものである。

フォーマット[編集]

2次予選を勝ち上がった10カ国を5つの組に振り分け、ホーム・アンド・アウェーで争う。その結果、2試合の合計得点の多い国が本大会への出場権を与えられる[1]

シード順[編集]

抽選会は、2013年9月16日にエジプトギザで実施された[2]。シード順は2013年9月12日発表のFIFAランキングを基に振り分けられた[3]

ポット1 ポット2

コートジボワールの旗 コートジボワール(19)
ガーナの旗 ガーナ(24)
アルジェリアの旗 アルジェリア(28)
ナイジェリアの旗 ナイジェリア(36)
チュニジアの旗 チュニジア(46)

エジプトの旗 エジプト(50)
ブルキナファソの旗 ブルキナファソ(51)
カメルーンの旗 カメルーン(61)
セネガルの旗 セネガル(66)
エチオピアの旗 エチオピア(93)

  • 括弧内の数字は、2013年9月12日発表のFIFAランキングの順位

試合日程と結果[編集]

第1戦は2013年10月11日から15日の間に行われた。また第2戦は11月15日から19日の間に行われた。[4]

コートジボワール 対 セネガル[編集]




コートジボワールが2試合合計スコア4-2で勝利しワールドカップ出場権を獲得



エチオピア 対 ナイジェリア[編集]




ナイジェリアが2試合合計スコア4-1で勝利しワールドカップ出場権を獲得



チュニジア 対 カメルーン[編集]




カメルーンが2試合合計スコア4-1で勝利しワールドカップ出場権を獲得



ガーナ 対 エジプト[編集]



2013年10月15日
16:00 (UTC+0)
ガーナ ガーナの旗 6 - 1 エジプトの旗 エジプト
ギャン 5分にゴール 5分53分
ゴマー 22分にゴール 22分 (o.g.)
ワリス 44分にゴール 44分
ムンタリ 72分にゴール 72分 (pen.)
アツ 89分にゴール 89分
レポート アブトレイカ 41分にゴール 41分 (pen.)

2013年11月19日
18:00 (UTC+2)
エジプト エジプトの旗 2 - 1 ガーナの旗 ガーナ
ザキ 25分にゴール 25分
ゲド 83分にゴール 83分
レポート ボアテング 89分にゴール 89分

ガーナが2試合合計スコア7-3で勝利しワールドカップ出場権を獲得



ブルキナファソ 対 アルジェリア[編集]




2試合合計スコア3-3。アウェーゴールの数が多いアルジェリアがワールドカップ出場権を獲得



脚注[編集]

  1. ^ 2012年10月13日に行われたアフリカネイションズカップ20132次予選のセネガルのホームゲーム(対コートジボワール)で観客が暴動を起こしたことへの処分として、アフリカサッカー連盟(CAF)がセネガルに対し1年間の自国でのホームゲーム開催を禁じたため、セネガルのホームゲームは第三国で開催された[5]

出典[編集]

  1. ^ Round 3
  2. ^ Play-off draw brings high drama” (英語). FIFA.com (2013年9月16日). 2013年9月17日閲覧。
  3. ^ Latest FIFA Rankings reveal the play-off seedings for World Cup African qualifiers” (英語). アフリカサッカー連盟 (2013年9月12日). 2013年9月13日閲覧。
  4. ^ 2014 FIFA World Cup Brazil - Preliminary Competition Format and Draw Procedures - African Zone
  5. ^ Senegal home-ban runs througThe one-year home ban imposed on Senegal’s Leopold Seoff”. アフリカサッカー連盟 (2013年9月16日). 2013年9月17日閲覧。

外部リンク[編集]