カラバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯4度57分00秒 東経8度19分30秒 / 北緯4.95000度 東経8.32500度 / 4.95000; 8.32500

カラバル

Calabar
カラバルの位置(ナイジェリア内)
カラバル
カラバル
カラバルの位置
北緯4度57分0秒 東経8度19分30秒 / 北緯4.95000度 東経8.32500度 / 4.95000; 8.32500
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
クロスリバー州
面積
 • 合計 604km2
標高
32m
人口
(2013年)
 • 合計 318,099人
等時帯 UTC+1 (西アフリカ時間)
ケッペンの気候区分 熱帯モンスーン気候(Am)
ウェブサイト http://www.crossriverstate.gov.ng/

カラバル(Calabar) [1]ナイジェリア南東沿岸部のクロスリバー州の州都。 旧名はエフィク語アクワ・アクパ英語版[2] [3] カラバル川英語版大クワ川英語版クロス川英語版に近い。 2013年の人口は約31.8万人で、面積は約400km2。

歴史[編集]

Image of the Duketown Church, Calabar (located within later day Nigeria). Three people stand in front of the white-sided church with a thatched roof. Duketown lies on the Calabar river 50 miles from the coast.
19世紀のドゥーク町教会

カラバル王国(アクワ・アクパ)が存在した。

16世紀には、椰子油等を輸出する国際港だった。 [4]

大西洋奴隷貿易時代には、アフリカ人奴隷を輸出する主要港だった。 殆どの奴隷船がイギリス船で、ブリストルリバプールの商人が85%を占めた。 [5] 旧カラバルと西隣のクリーク町は、奴隷貿易で繁栄した。

1815年イギリスの軍艦がカラバルを訪れ、7人のスペインポルトガルの奴隷商人を拘束した。 [6] 奴隷は主にイボ人だった。 [7] 奴隷で作家のジョン・ジー英語版はこの地域出身だった。 ムラート商人の小さな村が有った。

1884年ニジェール川保護国英語版の首都になった。

教育[編集]

気候[編集]

カラバルの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 28
(83)
29
(85)
29
(85)
28
(83)
28
(82)
27
(80)
26
(78)
25
(77)
26
(78)
26
(79)
27
(81)
28
(83)
27.3
(81.2)
平均最低気温 °C (°F) 27
(80)
28
(83)
28
(83)
27
(81)
27
(80)
26
(78)
25
(77)
24
(76)
25
(77)
26
(78)
26
(79)
26
(79)
26.3
(79.3)
降水量 mm (inch) 41
(1.6)
69
(2.7)
157
(6.2)
216
(8.5)
292
(11.5)
394
(15.5)
445
(17.5)
394
(15.5)
409
(16.1)
310
(12.2)
175
(6.9)
50
(2)
2,952
(116.2)
出典: Weatherbase[8]

ナイジェリア海軍[編集]

海軍の東部司令部が有る。 [9]

著名人[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Falola, Toyin; Amanda Warnock (2007). Encyclopedia of the Middle Passage: Greenwood Milestones in African American History. Greenwood Publishing Group. p. 92. ISBN 0-313-33480-3. http://books.google.com/books?id=62EMURNnLssC&pg=PA92. 
  2. ^ The International Journal of African Studies (National Resource Center for African Studies) 5-6. (2006). 
  3. ^ Afigbo, Adiele Eberechukwu (1987). The Igbo and their neighbours: inter-group relations in southeastern Nigeria to 1953. University Press. p. 69. ISBN 978-154-583-6. 
  4. ^ Iliffe, John (1995). Africans: The History of a Continent (illustrated, reprint ed.). Cambridge University Press. p. 149. ISBN 0-521-48422-7. http://books.google.com/books?id=dlHE51ScKTUC&pg=PA149. 
  5. ^ Sparks, Randy J. (2004). The Two Princes of Calabar: An Eighteenth-century Atlantic Odyssey. Harvard University Press. p. 39. ISBN 0-674-01312-3. http://books.google.com/books?id=Tt6BCT-9yEgC&pg=PA39. 
  6. ^ Marshall (1835), Vol. 4, Part 2, p. 129.
  7. ^ Chambers, Douglas B. (2005). Murder at Montpelier: Igbo Africans in Virginia (illustrated ed.). Univ. Press of Mississippi. p. 22. ISBN 1-57806-706-5. http://books.google.com/books?id=PrPxWLSrp78C&pg=RA1-PA22. 
  8. ^ Weatherbase: Historical Weather for Calabar, Nigeria”. Weatherbase (2011年). 2011年11月24日閲覧。
  9. ^ Hackett, Rosalind I. J. (1989). Religion in Calabar: The Religious Life and History of a Nigerian Town. Walter de Gruyter. p. 180. ISBN 3-11-011481-X. http://books.google.com/books?id=sZMGD7vbluYC&pg=PA180. 

出典[編集]

  • Marshall, John (1823–1835) Royal naval biography, or, Memoirs of the services of all the flag-officers, superannuated rear-admirals, retired-captains, post-captains, and commanders, whose names appeared on the Admiralty list of sea officers at the commencement of the present year 1823, or who have since been promoted ... (London: Longman, Hurst, Rees, Orme and Brown).

外部リンク[編集]