スタッド・フェリックス・ウフェ=ボワニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スタッド・フェリックス・ウフェ=ボワニ
"Le Félicia"
AbidjanStade.JPG
施設情報
正式名称 スタッド・フェリックス・ウフェ=ボワニ
所在地 Le Plateau, Abidjan nord, アビジャンコートジボワールの旗 コートジボワール
開場 1952
修繕 1964, 2009
グラウンド
ピッチサイズ 105m x 68m
旧称
Stade Géo André
使用チーム、大会
サッカーコートジボワール代表
ASECミモザ
アフリカ・スポール
収容能力
35,000人[1][2]

スタッド・フェリックス・ウフェ=ボワニフランス語:Stade Félix Houphouet-Boigny)はコートジボワールの首都、アビジャンプラトー(en)地区にあるスタジアム。サッカー陸上競技、そしてラグビーの試合でも使用される。

歴史[編集]

1952年開場。開場当時はスタッド・アンドレ・ジオと呼ばれていた。やがてスタジアム名はコートジボワールの初代首相大統領を務めたフェリックス・ウフェ=ボワニに由来する今の名前になり、1984年には第14回目のアフリカネイションズカップの決勝戦の会場となった。2009年にはスタジアムの芝生、医務室などを含めた全面改装を行った。2012年12月30日には歌手クリス・ブラウンがカルペディエムツアーを行った。