オラニエスタッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オラニエスタッドの中心部

オラニエスタッドOranjestad)は、オランダ自治領である西インド諸島アルバの主都。アルバ島の南西端に位置する。北緯12度31分8秒西経70度2分13秒に位置している。気候は熱帯サバナ気候Aw)である。市名はオランダ語で「オレンジの街」という意味である。人口は26,355人(2000年)。熱帯性の気候に加え、長い歴史と自由貿易港カジノで知られ、観光が市の主産業である。

1796年、オラニエスタッドの町はゾートマン砦(Fort Zoutman)を取り囲むように建設された。翌1797年にはオラニエスタッドがアルバの主都に指定された。砦は現在でも近隣に建つウィレム3世塔(Willem III Tower)とあわせて観光名所になっている。また、カヤ・G・F・ベティコ・クローズ(Caya G. F. Betico Croes)には免税店が建ち並び、オラニエスタッドのショッピング・エリアとして人気が高い。

市内の建築物はオランダ・カリブ両方の影響を受けており、明るい色のものが多い。

オラニエスタッドの玄関口となっている空港クィーン・ベアトリクス国際空港Queen Beatrix International Airport)であり、近隣のカリブ海の島々や本国オランダのほか、アルバへの観光客が最も多いアメリカ合衆国の主要都市からも航空機の便がある。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]