スクレ (ボリビア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スクレ
Sucre
—  首都(憲法上)  —


印章

ロゴ
愛称:La Ciudad de los cuatro Nombres
標語:Aqui nació la Libertad
スクレの位置(ボリビア内)
スクレ
スクレ
座標: 南緯19度3分0秒 西経65度15分0秒 / 南緯19.05000度 西経65.25000度 / -19.05000; -65.25000
ボリビアの旗 ボリビア
チュキサカ県の旗 チュキサカ県
オロペサ郡英語版
設立 1538年9月29日
行政
 - 市長 Iván Arciénega[1] (MAS)
面積
 - 計 1,820.24km2 (702.8mi2)
標高 2,810m (9,220ft)
人口 (2012年)
 - 計 284,536人
 - 人口密度 156.3人/km² (404.9人/mi²)
等時帯 BOT (UTC-4)
市外局番 (+591) 4
姉妹都市
 - カーディフ イギリスの旗 イギリス
 - ウシュアイア アルゼンチンの旗 アルゼンチン
 - ニューヨーク アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
 - テルアビブ イスラエルの旗 イスラエル
 - イスタンブル トルコの旗 トルコ
ウェブサイト www.sucre.bo

スクレスペイン語: Sucre)はボリビア多民族国の憲法上の首都(事実上の首都はラパス)である。旧称はCharcas, La Plata, Chuquisacaの3つがある。

ただし、現在ではスクレには最高裁判所があるだけで、その他の国家機関はほぼラパスに集まっている。1826年のボリビア建国から1890年まではスクレが名実ともにボリビアの首都であった。1899年にラパスを拠点とした自由党が「連邦革命」をおこし、スクレを基盤にしていた保守党政権を打倒した。そして、翌年に自由党政府は議会と政府をスクレからラパスに遷したため、スクレは憲法上ではボリビアの首都のままであったが、首都機能の大半を喪失した。

また、スクレはチュキサカ県の中心都市でもある。市域は1,820km²。人口は約28万人(2012年国勢調査)と、憲法上の首都ではあるがそれほど多くない[2]

ボリビア独立時の調印が行なわれた場所で、今も16世紀に建造されて以来蓄積されてきたコロニアル様式の古い町並みが残っている。白く美しい建物が多いため、「白の街」と呼ばれることもある。

伝統的な民族衣装と祭りで有名なタラブコの町へは、スクレからバスなどで行ける。

歴史[編集]

1538年9月29日スペインコンキスタドールフランシスコ・ピサロの指示によってペドロ・デ・アンスレス (Pedro de Anzures)が設立した。当初の名前はCiudad de la Plata de la Nueva Toledo(新トレドの銀の街の意)であった。後にこの地はチュキサカまたはチャルカス(Charcas)と呼ばれるようになった。(チュキサカは現在はスクレ市を中心とする県の名前になっている。)

19世紀ボリビア独立戦争スペイン語版英語版が活発になると、この地はその中心地となった。1809年5月25日に起きた「チュキサカ革命スペイン語版英語版」は、アメリカ州の独立運動の起爆剤であったと言われる。

1825年8月6日にボリビア独立の調印がここで行なわれた後、1839年にボリビア独立の父にして初代大統領であるアントニオ・ホセ・デ・スクレにちなんで「スクレ」と改名された。

世界遺産[編集]

世界遺産 古都スクレ
ボリビア
画像募集中
英名 Historic City of Sucre
仏名 Ville historique de Sucre
面積 113.760002 ha
登録区分 文化遺産
登録基準 (4)
登録年 1991年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

1991年、その町並みの美しさからユネスコによって世界遺産(文化遺産)に登録された。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

スクレの化石[編集]

018 Sucre - Dinovoetstappen.jpg

1996年フランスセメント会社が工場を造ろうとしたところ、恐竜足跡化石が発見された。後の調査で、獣脚類竜脚類のものとわかった。1mもある足跡も多数発見され、足跡の化石群としては世界最大といわれている。

スクレの新しい観光名所として注目されているが、保存のための資金が無く、またセメント会社が開発を続行しようとしていることから、近年中に消失してしまうのではないかと懸念されている。


外部リンク[編集]

  1. ^ la-razon.com:Arciénega triunfa; le falta mayoría
  2. ^ [http://www.citypopulation.de/php/bolivia-admin.php Citypopulation.de/BOLIVIA: Administrative Division Provinces and Municipalities]