北米サッカーリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
北米サッカーリーグ
加盟国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
越境参加 カナダの旗 カナダ
大陸連盟 CONCACAF
創立 1967年12月7日[1]
最終年 1985年3月28日
参加クラブ 24
リーグレベル 第1部
上位リーグ なし
下位リーグ なし
最新優勝クラブ シカゴ・スティング (1984)
最多優勝クラブ ニューヨーク・コスモス (5回)

北米サッカーリーグ(英語:North American Soccer League、略称:NASL)は、1967年から1984年アメリカ合衆国およびカナダで開かれた国内サッカーリーグの名称である。

歴史・概要[編集]

アメリカ合衆国のサッカーは20世紀前半にFIFAワールドカップ第1回・ウルグアイ大会(1930年)でベスト4入賞を達成するなどの実力を持っていたが、その後は野球バスケットボールアメリカンフットボールアイスホッケーの4大国技に人気を取られ、むしろフットボールといえばサッカーよりもアメリカンフットボールのイメージが強く、北米大陸のサッカー先進国ではあるものの、世界的にはまだまだ発展途上にしか過ぎなかった。

だが、1966年のFIFAワールドカップ・イングランド大会が全米にも衛星中継されると、全米にサッカーブームが起こり、早速翌1967年に世界の一流プレーヤーを集めてこの北米サッカーリーグが創設された。アメリカ第5のプロスポーツとしての定着を図ろうと意図されたものであった。同リーグはヨーロッパ主要各国のリーグ戦で行う秋→春制の年をまたぐ方式ではなく、メジャーリーグベースボール(MLB)と同じように春→秋の暦年制という形を採用。こうすることで、ヨーロッパや南米の主力選手もレンタル移籍に近い形でリーグ戦に参加できるようになった。

これによりペレヨハン・クライフフランツ・ベッケンバウアージョージ・ベストといった主力選手がサッカー発展途上にあったアメリカ合衆国のサッカー熱を高めた。

また一時期は参加チームが30チームにも膨れ上がり、カナダにもチームがあった。ただ、世界のサッカーの主流であるクラス分け(実力別に1部、2部…というように下部リーグを作る形式)がなかった。よって成績下位のチームと、その次のクラスの入れ替え制度(自動昇降格や入れ替え戦など)も行われていなかった。

しかし、自国選手の育成も国際舞台を経験することには必要だったので、アメリカ・カナダ出身選手を最低6人以上保有し、なおかつ1人以上は試合に出場することというルールまで設けられた。だが、ヨーロッパや南米の主力選手に依存してばかりで、自国選手のスタープレーヤーが育たなかったことや、引き分けによる終了ではなく完全決着(即ち勝敗が付くまで戦うこと)を好むアメリカ人の配慮を受けてMLBのように行った延長戦制度や、シュートアウト合戦(PK合戦に代る仕組みで、アイスホッケーのペナルティーショット(PS)合戦のように、フィールドプレーヤーがゴールから30mの地点からドリブルして相手のGKとの1:1のシュート合戦をするというもの)を採用するなどの大会オリジナルルールを採用するも、ファンの興味を引くことが出来ず、多くのチームが経営から撤退し、1984年度のシーズンを最後にリーグ戦が打ち切られた。 晩年は、秋→春のオフシーズンにインドア・サッカーリーグも開催していた。

1994年のFIFAワールドカップ初の北米大陸開催となったアメリカ大会の成功を受けて、1996年から発足したメジャーリーグサッカーはこのNASLの失敗を教訓に、アメリカ人選手の育成及び安定したチームの運営を目指せるように様々な工夫を凝らして行っている。

歴代リーグチャンピオン[編集]

シーズン 優勝 (回数) 準優勝 レギュラーシーズン1位 (勝ち点)
1968 アトランタ・チーフス (1) サンディエゴ・トロス サンディエゴ・トロス (186)
1969 カンザスシティ・スパーズ (1) アトランタ・チーフス カンザスシティ・スパーズ (110)
1970 ロチェスター・ランサーズ (1) ワシントン・ダーツ ワシントン・ダーツ (137)
1971 ダラス・トルネード (1) アトランタ・チーフス ロチェスター・ランサーズ (141)
1972 ニューヨーク・コスモス (1) セントルイス・スターズ ニューヨーク・コスモス (77)
1973 フィラデルフィア・アトムズ (1) ダラス・トルネード ダラス・トルネード (111)
1974 ロサンゼルス・アズテックス (1) マイアミ・トロス ロサンゼルス・アズテックス (110)
1975 タンパベイ・ラウディーズ (1) ポートランド・ティンバーズ ポートランド・ティンバーズ (138)
1976 トロント・メトロス=クロアティア (1) ミネソタ・キックス タンパベイ・ラウディーズ (154)
1977 コスモス (2) シアトル・サウンダーズ フォートローダーデール・ストライカーズ (161)
1978 コスモス (3) タンパベイ・ラウディーズ コスモス (212)
1979 バンクーバー・ホワイトキャップス (1) タンパベイ・ラウディーズ ニューヨーク・コスモス (216)
1980 ニューヨーク・コスモス (4) フォートローダーデール・ストライカーズ ニューヨーク・コスモス (213)
1981 シカゴ・スティング (1) ニューヨーク・コスモス ニューヨーク・コスモス (200)
1982 ニューヨーク・コスモス (5) シアトル・サウンダーズ ニューヨーク・コスモス (203)
1983 タルサ・ラフネックス (1) トロント・ブリザード ニューヨーク・コスモス (194)
1984 シカゴ・スティング (2) トロント・ブリザード シカゴ・スティング (120)

歴代インドアリーグチャンピオン[編集]

シーズン 優勝 (回数) 準優勝 レギュラーシーズン1位
1975 サンノゼ・アースクエイクス (1) タンパベイ・ラウディーズ サンノゼ・アースクエイクス 4勝0敗 (トーナメントのみ)
1976 タンパベイ・ラウディーズ (1) ロチェスター・ランサーズ タンパベイ・ラウディーズ 4勝0敗 (トーナメントのみ)
1979 ダラス・トルネード (1) タンパベイ・ラウディーズ ダラス・トルネード 2勝0敗 (トーナメントのみ)
1979-80 タンパベイ・ラウディーズ (2) メンフィス・ローグス アトランタ・チーフス 10勝2敗
1980-81 エドモントン・ドリラーズ (1) シカゴ・スティング シカゴ・スティング 13勝5敗
1981-82 サンディエゴ・ソッカーズ (1) タンパベイ・ラウディーズ エドモントン・ドリラーズ 13勝5敗
1983 タンパベイ・ラウディーズ (3) モントリオール・マニック モントリオール・マニック 4勝2敗 (ダブルラウンドロビンステージ)
1983-84 サンディエゴ・ソッカーズ (2) ニューヨーク・コスモス サンディエゴ・ソッカーズ 21勝11敗

Teams of NASL 1968-1984[編集]

 

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Another soccer war?”. Steve Holroyd. Society for American Soccer History (SASH) (2015年9月4日). 2016年1月21日閲覧。

外部リンク[編集]