ギド・ブッフバルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ギド・ブッフバルト Football pictogram.svg
6309Guido Buchwald.JPG
2012年のブッフバルト
名前
本名 ギド・ウルリッヒ・ブッフバルト
Guido Ulrich Buchwald
愛称 ギド
ラテン文字 Guido Buchwald
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1961-01-24) 1961年1月24日(56歳)
出身地 西ベルリン
身長 188cm
体重 88kg
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
ユース
1969-1977 西ドイツの旗 SVヴァンヴァイル
1977-1978 西ドイツの旗 TSVプリーツハウゼン
1978-1979 西ドイツの旗 シュトゥットガルト・キッカーズ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1978-1983 西ドイツの旗 シュトゥットガルト・キッカーズ 146 (18)
1983-1994 西ドイツの旗ドイツの旗 VfBシュトゥットガルト 325 (28)
1994-1997 日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ 127 (11)
1997-1999 ドイツの旗 カールスルーエSC 40 (3)
代表歴
1980 西ドイツの旗 西ドイツ U-21 1 (0)
1983-1984 西ドイツの旗 西ドイツ五輪 9 (1)
1984-1994 西ドイツの旗 西ドイツ / ドイツの旗 ドイツ 76 (4)
監督歴
2004-2006 日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ
2007 ドイツの旗 アレマニア・アーヘン
2012 ドイツの旗 シュトゥットガルト・キッカーズ(暫定)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ギド・ウルリッヒ・ブッフバルトGuido Ulrich Buchwald1961年1月24日- )は、ドイツ出身のサッカー指導者、元サッカー選手

ドイツ代表ディフェンダー2004年から2006年にはJリーグ浦和レッドダイヤモンズ監督を務めた。

経歴[編集]

1978年シュトゥットガルト・キッカーズに入団、旧西ドイツ代表ユースに選出。1983-1984シーズンにドイツ・ブンデスリーガVfBシュトゥットガルトでデビュー。このシーズン、34試合に出場してリーグ優勝に貢献し、1993-1994シーズンまで同クラブに在籍。

西ドイツ代表デビューは1984年5月22日。代表通算76試合に出場、4得点。ちなみに、キッカーズ時代のポジションはFWであった。このためか、後の浦和時代にも、機を見ては前線へ上がりシュートを放つシーンが何度も見られた。

大柄な選手の多いドイツ代表においてもひときわ屈強な選手で、クラブ・代表ではディフェンダーとして活躍した。1986年FIFAワールドカップ・メキシコ大会では直前で代表から外され悔しい思いをしたが、1990年イタリア大会の決勝戦ではアルゼンチンディエゴ・マラドーナを完封。西ドイツの3度目の優勝に貢献した。この時のチームメイトでシュトゥットガルトでも同僚だったユルゲン・クリンスマン(前ドイツ代表監督)とは、無二の親友である[1]

1994年FIFAワールドカップアメリカ大会を最後にドイツ代表を引退し、来日。Jリーグ・浦和レッズ1994年から1997年の3年半の間プレーした。浦和ではディフェンスの要として活躍。「ゲルマン魂」をそのまま体現する闘志むき出しのプレイスタイルはチームに大きな刺激を与え、それまで弱小クラブだった浦和を底上げし、サポーターから敬愛された。1995年1996年には2年連続でJリーグベストイレブンに選出されている。1997年10月15日、浦和駒場スタジアムで行われた退団セレモニーでは、白馬に乗って場内を回った。

1997年-1998年シーズンのブンデスリーガ・カールスルーエSCを最後に現役を引退。引退後はシュトゥットガルト・キッカーズのスタッフとなる。

日本を「第二の故郷」と呼ぶブッフバルトは、選手・監督として浦和レッズの歴史に偉大な足跡を残した。2002年から浦和レッズのテクニカル・アドバイザー、そして2004年から監督に就任。第2ステージでは監督就任1年目にして、チームを初のステージ優勝に導いた。2005年のシーズンでは苦しいチーム状況の中リーグ戦では2位、そして第85回天皇杯優勝という成果を残した。

2006年、リーグチャンピオンの座を賭けた最終戦(34節)はホーム埼玉スタジアム2002で2位ガンバ大阪を迎え撃つ形となり、その直接対決で浦和レッズが3-2で勝利を収め、悲願のリーグ制覇を決めた。(浦和レッズが自身初めての監督経験であったがヘッドコーチエンゲルスとの二人三脚での指揮が3年目にして実を結んだものと言える。)しかしながら、家庭の事情を理由にこの年限りで浦和監督を退任すると発表(なおこの優勝はJリーガー出身の監督としても初のリーグ優勝であった)。彩の国功労賞を受賞。2007年1月1日の天皇杯連覇を置き土産にし、ドイツへ帰国した。

2007年6月、ブンデスリーガ2部のアレマニア・アーヘンの監督に就任。契約期間は2年だったが、成績は中位に甘んじ、経営陣から采配への不満の声やチームを統率できていないとの批判の声があがり、その年の11月、わずか半年も経たずに解任された。

退団後の2008年は浦和レッズとの交流を続け、再び2009年度からのテクニカル・アドバイザー就任も内定していたが、クラブがフィンケ新監督招聘を彼に相談なく決めたことや、複数年契約中だったエンゲルス前監督を社長の独断で更迭したことに対してブッフバルトが激怒。結果、浦和レッズとは喧嘩別れする形となった[2] [3]。 本人は日本のマスコミに対して「Jクラブから監督就任の話があったが浦和との義理から断った。だが今後は分からない」との恨み節も残している[4]

一時はかつて所属していた浦和とは疎遠になり、日本サッカー協会とアドバイザー契約を交わし、2011 FIFA女子ワールドカップに出場するサッカー日本女子代表のキャンプ地選定に関わったり、安藤梢の女子ブンデス・リーガ移籍の橋渡し役を務めるなど、日本サッカー界に貢献する働きが主になっていた。しかし近年では2012年7月15日に浦和駒場スタジアムのリニューアルイベントで行われた試合に浦和OBチームのメンバーとして参加[5]、2014年には元同僚山田暢久の引退試合にレッズ歴代選抜チームの監督して参加、またレッズのアジアチャンピオンズリーグの試合を観戦しに来日するなど再び親交を深めている模様である。

ブンデスリーガ、試合の分析、解説など生放送にてゲスト出演。

所属クラブ[編集]

現役時代[編集]

指導者時代[編集]

  • 1999年 - 2001年 シュトゥットガルト・キッカーズ スタッフ
  • 2002年 - 2003年 浦和レッドダイヤモンズ テクニカル・アドバイザー
  • 2004年 - 2006年 浦和レッドダイヤモンズ 監督
  • 2007年 - 同年11月 アレマニア・アーヘン 監督
  • 2012年11月 - 同年12月シュトゥットガルト・キッカーズ 暫定監督

代表歴[編集]

  • 1984年-1994年 ドイツ代表 76試合4得点

獲得タイトル[編集]

現役時代[編集]

  • FIFAワールドカップ優勝 1回(1990)
  • ブンデスリーガ優勝 2回(1983-84、1991-92)
  • ドイツスーパーカップ優勝 1回(1992)
  • Jリーグベストイレブン (1995,1996)

監督時代[編集]

  • Jリーグ2ndステージ優勝 1回(2004)
  • Jリーグ優勝 1回(2006)
  • 天皇杯優勝 2回(2005、2006)
  • スーパーカップ優勝 1回(2006)

エピソード[編集]

  • 1995年3月29日の国立での名古屋戦。試合は0-0のまま、当時完全決着制だったためPK戦に突入した。ブッフバルトは3人目に蹴り失敗した。その後、5人目が蹴っても決着がつかなかったためサドンデスに突入、さらに11人目が蹴っても決着がつかず2周目に突入。14人目のキッカーとして登場したブッフバルトは再び失敗し、レッズはPK戦9-10で敗れた。この時の様子を中西哲生のラジオ番組に出演した田口禎則は、PKが2周目に突入した際に蹴る順番を変更できるルールを両チームの選手・監督だれもが知らず、1回目に失敗した選手の順番を変える事をしなかったと言う。
  • ブッフバルトのドイツ代表引退当時、ドイツ代表では代表試合出場80試合以上で代表引退試合を行う規定があった。ブッフバルトはこれに4試合不足していたが代表での功績を称えられ、特別に代表引退試合を開催する事が認められた。代表引退試合は1995年に行われている。
  • 浦和レッドダイヤモンズ選手時代の1996年に大型トラック「三菱ふそう・スーパーグレート」の広告キャラクターに起用された。
  • 2004年の浦和監督就任直後に、TBSテレビの番組「スーパーサッカー」の「バナナキングコンテスト」という、各Jチームの現役選手を対象にしたフリーキックの精度を競わせる人気コーナーにて特別参加で挑戦。ところが多くの現役Jリーガーがクリア出来なかった角度を、なんと背広姿に革靴という格好のままでクリアしてしまい、しばらく番組内での「バナナキング」ランキングの1位に飾られていたことがある。
  • ブッフバルトの勇退を熱狂冷め遣らぬ試合後のスタジアムで、選手一同胴上げで祝った。優勝監督インタビューでは日本語で「浦和レッズは一番でーす!」とコメントした。
  • レッズ退団セレモニーでは白馬に乗り、2006年の優勝パレードでは白馬の引く馬車に乗った。
  • 2007年元日の第86回天皇杯決勝が指揮を執った最後の試合になったが、浦和レッズは1-0でガンバ大阪を破って大会連覇、有終の美を飾った。試合後のウィニングランでブッフバルトが選手とともにゴール裏のサポーター席前に到着すると、サポーターから“Guido Danke(ギド、ありがとう)!”の大合唱がわきおこり、胴上げをされ、名指揮官を称え、別れを惜しんだ。
  • 自身はハードマークが身上だったが、監督としてはディフェンダーにボール奪取能力をより求めていた節がある。そのため、守備的ミッドフィールダーが本職である堀之内聖細貝萌をセンターバックにコンバートして起用していた。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 DFBポカール 期間通算
1978-79 シュトゥットガルト
・キッカーズ
ツヴァイ
テリーガ
0 0
1979-80 33 1
1980-81 38 8
1981-82 38 5
1982-83 37 4
1983-84 シュトゥットガルト ブンデス
リーガ
34 3
1984-85 15 4
1985-86 32 1
1986-87 33 2
1987-88 30 1
1988-89 30 1
1989-90 28 5
1990-91 21 3
1991-92 37 5
1992-93 33 1
1993-94 32 2
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1994 浦和 - J 20 2 2 0 3 0 25 2
1995 - 51 4 - 3 0 54 4
1996 - 24 3 12 0 4 0 40 3
1997 6 32 2 6 0 - 38 2
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 DFBポカール 期間通算
1997-98 カールスルーエ ツヴァイ
テリーガ
9 0
1998-99 31 3
通算 ドイツ ブンデス 334 28
ドイツ ツヴァイ 177 21
日本 J 127 11 20 0 10 0 157 11
総通算 638 60

なお、1996年のJリーグの背番号固定化以前も背番号は主に「6」を付けていた。この6番はドイツ代表でつけていた背番号である。

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 ナビスコ杯 天皇杯
2004 J1 浦和 2位 30 62 19 5 6 準優勝 ベスト4
2005 2位 34 59 17 8 9 ベスト4 優勝
2006 優勝 34 72 22 6 6 ベスト8 優勝
J1通算 - 98 - 58 19 21

脚注[編集]

  1. ^ 2006年12月に浦和レッズの監督退任を発表する記者会見を行った際、退任後にまず何をするかと聞かれて「ユルゲン・クリンスマンを訪ねる」と答えている。
  2. ^ ◆ブッフバルト氏とのアドバイザー契約にも失敗…(2008年12月8日付スポーツ報知、同日閲覧)
  3. ^ “反フィンケ”ギドはアドバイザー拒否(2008年12月8日付スポーツニッポン)
  4. ^ ブッフバルト氏、浦和に激怒!「フィンケ監督適任でない」(2008年12月6日付スポーツ報知)
  5. ^ 【浦和】ブッフバルト氏が駒場に登場(日刊スポーツ 2012年7月15日)

関連項目[編集]