昌子源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
昌子 源 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ショウジ ゲン
ラテン文字 SHOJI Gen
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-12-11) 1992年12月11日(24歳)
出身地 鳥取県米子市
身長 182cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 鹿島アントラーズ
ポジション DF (CB)
背番号 3
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011- 鹿島アントラーズ 107 (6)
代表歴2
2015- 日本の旗 日本 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月3日現在。
2. 2016年6月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

昌子 源(しょうじ げん、1992年12月11日 - )は、鳥取県米子市出身のプロサッカー選手[1]J1リーグ鹿島アントラーズ所属。日本代表ポジションディフェンダー(センターバック)[1]。姉は、アートディレクターの昌子カエデ

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

兵庫県神戸市で生まれ、鳥取県で育った。小学生時代に地元のフレスカ神戸に入団し、サッカーを本格的に始める[1]。入団当初のポジションはフォワードであった[1]。 中学生になると、ガンバ大阪ジュニアユースに入団してプレーを続ける[1]。当時のチームメイトに宇佐美貴史大森晃太郎がおり、中学1年時は共に同じピッチに立ってプレーをしていた[1]。中学2年に入る頃に膝を負傷し、満足にプレーできない日々が続いた[2]。 中3の途中でガンバ大阪のジュニアユースを退団。しばらくサッカーをしない空白期間があった。当時JFAのB級ライセンス受講者を対象としたインストラクターを務めていた父にインストラクターのアシスタントとして講習会に参加していた米子北高校サッカー部のコーチの中村氏は進路が決まっていなかった昌子の練習参加を提案。当初昌子自身は高校でサッカーを続ける意思は無かったが、練習参加がきっかけとなり、米子北高校へ進学し、新たなスタートを切った[3]。しかし、大型フォワードとして期待されて入学したものの、満足に試合に出られない日々が続くと、監督の城市よりセンターバックへのコンバートを命じられ、サッカー選手としての大きな岐路に立つこととなった[2]。昌子は当時の心境について「最初は本当に嫌だった。FWをやらせてくれよとずっと思っていた。でも、監督やコーチからは『絶対にFWはやらせない』と言われて、高校2年にあがる時には、CBを真剣にやらないと試合に出られなくなると思って、取り組むようになった」と述べている[2]。 気持ちを切り替えた昌子は次第にレギュラーとして定着し、経験を積む毎にCBとしての才能を開花させていった[4]。2010年4月、高校3年に上がる頃にはU-19日本代表候補として招集されるまでに成長し、神戸合宿に参加、ヴィッセル神戸との練習試合に出場する[5]。しかし、この試合で目立った活躍を見せられなかった昌子は代表候補から落選することとなる[5]

鹿島アントラーズ[編集]

挫折を経験して自身の武器であったフィジカルとキックにさらに磨きをかけるようになり、2011年、柴崎岳梅鉢貴秀土居聖真らとともに鹿島アントラーズへ入団した[1][6]。2014年のリーグ戦では自身初の全試合出場を果たし、Jリーグ優秀選手賞を獲得した。

2016年、12月3日のチャンピオンシップ決勝・浦和レッズ戦ではセンターバックとして守備陣を支えて優勝に貢献した[7]。Jリーグ王者として挑んだFIFAクラブワールドカップではディフェンスの中心としてプレーし、世界2位に貢献した守備力が評価された。[8]

日本代表[編集]

2014年10月1日、日本代表に初選出されたが、発表直後の10月5日のJ1第27節・G大阪戦後に負傷による辞退が発表された[9]。その後、2014年内最後の強化試合メンバー発表となった11月5日に代表復帰。2015年3月31日、JALチャレンジカップのウズベキスタン戦で代表デビュー。

2016年3月17日、2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選の代表発表で復帰。

プレースタイル[編集]

鹿島の若きDFリーダー[10]。フィジカルが強く、足もとの技術もしっかりしているセンターバック[11]で、スピードを生かしたカバーリング、ポジショニングに長けたタイプであったが、一対一の強さ、激しさ、泥臭さといった対人守備でも大きく向上し、2015年10月31日のナビスコカップ決勝でもガンバ大阪のパトリックのような屈強な巨漢FWを空中戦でも地上戦でも封じた[12]

鹿島伝統の3番としてヘディングも強いが、高校時代に当時京都サンガF.C.秋田豊から[13]、アントラーズ練習参加時には岩政大樹から、先人達に直接指導を受け磨いてきた[14]。ロングキックの質も高く[15]、安定したフィード、跳躍力を生かした空中戦の強さ、守備範囲の広さも特長である[16]

人物[編集]

  • 2017年1月5日、昨年の10月に婚姻届けを提出して、一般女性と結婚したことを発表した。

所属クラブ[編集]

ユース経歴

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2010 米子北高 4 - - - 1 0 1 0
2011 鹿島 23 J1 0 0 0 0 2 0 2 0
2012 9 0 5 0 4 1 18 1
2013 15 4 0 1 0 0 0 5 0
2014 34 2 6 0 0 0 40 2
2015 3 29 3 4 0 0 0 33 3
2016 31 1 2 1 4 0 37 2
2017
通算 日本 J1 107 6 18 1 10 1 135 8
日本 - - 1 0 1 0
総通算 107 6 18 1 11 1 136 8

その他国内公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2011 鹿島 23 0 0 -
2015 3 5 0 -
2016 - 4 0
2017 -
通算 AFC 5 0 4 0

その他国際公式戦

出場歴

タイトル[編集]

クラブ[編集]

鹿島アントラーズ

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 0得点(2015年 - )


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2015 1 0
2016 1 0
通算 2 0

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.132
  2. ^ a b c 安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.133
  3. ^ 『CHANT』 【鹿島アントラーズ】 サッカー選手を支える人々 第3回~昌子源選手の父 昌子力さん 前編~
  4. ^ 安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.134
  5. ^ a b 安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.136
  6. ^ 安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.139
  7. ^ 小笠原の表情見て闘志 昌子90分間最終ライン統率 スポニチアネックス(2016年12月4日)2016年12月4日閲覧。
  8. ^ 世界2位の鹿島CB・昌子源がDF陣で最高位…“目に見えづらい働き”を“可視化”した守備力に高評価/Goal25 Goal(2016年12月9日)2017年1月3日
  9. ^ 昌子選手 日本代表辞退のお知らせ (2014年10月5日 閲覧)
  10. ^ 【鹿島アントラーズ】 サッカー選手を支える人々 第3回~昌子源選手の父 昌子力さん 後編~ CHANT
  11. ^ 昌子源選手の2011年加入内定について 鹿島アントラーズオフィシャルサイト
  12. ^ 鹿島の次世代担う昌子源。“常勝軍団”復活へ、若きDFリーダーが背負う使命感と覚悟 BIGLOBEニュース
  13. ^ 鹿島アントラーズが名DFを輩出し続ける理由—秋田豊×中田浩二×昌子源 ログミー
  14. ^ [Y☆voice_36]米子北DF昌子源「ヘディングは誰にも負けたくない、自信がある」 ゲキサカ
  15. ^ W杯のラストチャンスを得た23名の日本代表メンバーにみるザックの狙い サッカーキング
  16. ^ 昌子源|日本代表|2015AFCアジアカップ(オーストラリア) コリサカ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]