山口智 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山口 智 Football pictogram.svg
名前
愛称 サトシ
カタカナ ヤマグチ サトシ
ラテン文字 YAMAGUCHI Satoshi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-04-17) 1978年4月17日(41歳)[1]
出身地 高知県高岡郡佐川町
身長 178cm[1]
体重 74kg[1]
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
ユース
1994-1996 ジェフユナイテッド市原ユース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-2001 ジェフユナイテッド市原 128 (5)
2001 ガンバ大阪 (Loan) 22 (2)
2002-2011 ガンバ大阪 298 (30)
2012-2014 ジェフユナイテッド千葉 116 (13)
2015 京都サンガF.C. 17 (1)
代表歴2
1996-1997  日本 U-20
1998-2000  日本 U-23
2006-2009 日本の旗 日本 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年1月15日現在。
2. 2009年5月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

山口 智(やまぐち さとし、1978年4月17日 - )は、高知県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションディフェンダー。元日本代表

来歴[編集]

育成年代 - ジェフユナイテッド市原時代[編集]

小学生の頃に地元の佐川サッカースクールでサッカーを始め(当時のチームメイトに吉村光示圭司兄弟や森田真吾、声優の小野大輔がいる)、中学卒業後に高知県を離れて、高校時代はジェフユナイテッド市原ユースに所属。

1996年3月20日京都パープルサンガ戦にJリーグ史上初の高校生Jリーガー(17歳11カ月3日、当時最年少記録)としてデビューした[2]。同年はリーグ戦12試合に出場した。翌年、正式にトップチームに昇格[3]

ガンバ大阪時代[編集]

2001年に市原からガンバ大阪期限付き移籍[3]。翌2002年に完全移籍した[3]。G大阪では主に3バックの左CBを務め、2005年のG大阪初のリーグ優勝に貢献。2006年シジクレイの後を継いでゲームキャプテンに就任[4]し、2009年まで務めた[5]。同年はFC東京から右サイドバックを本職とする加地亮が入団したことで4バックへシステムを変更したため左サイドバックにコンバートされ、2007年以降は安田理大下平匠が左サイドバックに定着したこともありCBに戻った。G大阪の多くのタイトル獲得に貢献し、2006年から3年連続でJリーグベストイレブンに選出された。

2009年12月5日には古巣のジェフ千葉戦でJリーグ史上4人目となるリーグ通算400試合出場を果たした。

ジェフユナイテッド千葉時代[編集]

2012年、G大阪からジェフユナイテッド市原・千葉に完全移籍で加入[6][7]。千葉へは12年ぶりの復帰となる[8]。契約期間は3年[9]。5月3日、ザスパ草津戦で復帰後初ゴールを挙げた。この年、千葉はJ1昇格を逃すも山口はファン・サポーター投票によって選ばれるJ2 Most Exciting Playerを受賞した[10]。2013シーズンは主将を務めた[11]

在籍した2012年から2014年までの3シーズン、チームは毎年J1昇格プレーオフに進出したが、いずれも敗れた[12][3]。2014年12月、契約満了に伴い千葉を退団することが発表された[13]。同年末にはJPFAトライアウトに参加した[14][3]

京都サンガF.C.時代[編集]

2015年1月、京都サンガF.C.へ完全移籍により加入し[1]、主将に任命された[3][15]。7月に和田昌裕が成績不振により監督を解任されてからは出場機会が減り、その後は2試合の出場にとどまった[3]。京都とは翌年まで契約を残していたが、2015シーズン終了後に双方合意のもと契約を解除した[3]レノファ山口FCなどからオファーがあったが[16]、2016年1月12日に現役引退を発表した[17]

日本代表[編集]

U-20日本代表として1997 FIFAワールドユース選手権に出場。2000年シドニーオリンピックでは本大会に出場するU-23日本代表には選出されず、予備登録メンバーにとどまった[3]

2006年10月に、イビチャ・オシム率いる日本代表に初めて選出される[18]。A代表初出場となった試合は2009年5月27日キリンカップ・対チリ戦。

引退後[編集]

2016年1月、古巣ガンバ大阪の強化スタッフに就任[19]。2月14日に開催されたガンバ大阪の新スタジアム「市立吹田サッカースタジアム」のこけら落としマッチで引退セレモニーが行われた。2016年、Jリーグ功労選手賞を受賞。2017年よりガンバ大阪U-23のヘッドコーチ、2018年よりトップチームのコーチを務める。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • 佐川サッカースクール (佐川町立黒岩小学校)
  • 1991年 - 1993年 佐川町立佐川中学校 (高知県)[1]
  • 1994年 - 1996年 ジェフユナイテッド市原ユース(成立高校[1][13]
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1996 市原 - J 12 0 2 0 1 0 15 0
1997 5 28 2 8 0 1 1 37 3
1998 30 1 6 1 1 0 37 2
1999 J1 29 0 0 0 1 0 30 0
2000 29 2 3 0 3 0 35 2
2001 G大阪 22 2 3 0 3 0 28 2
2002 29 2 8 1 2 0 39 3
2003 6 29 2 6 1 2 1 37 4
2004 27 5 7 1 3 1 37 7
2005 33 3 9 0 3 1 45 4
2006 32 6 2 0 5 0 39 6
2007 33 3 11 2 4 0 48 5
2008 5 34 5 3 0 5 2 42 7
2009 33 2 2 0 6 0 41 2
2010 18 0 2 0 5 0 25 0
2011 30 2 2 0 0 0 32 2
2012 千葉 J2 37 5 - 2 0 39 5
2013 41 6 - 1 0 42 6
2014 38 2 - 2 0 40 2
2015 京都 3 17 1 - 1 0 18 1
通算 日本 J1 448 37 74 6 45 6 567 49
日本 J2 133 14 - 6 0 139 14
総通算 581 51 74 6 50 6 695 63
  • 1996年度は市原ユース所属

その他の公式戦

  • 1998年
  • 2006年
  • 2007年
    • スーパーカップ 1試合0得点
  • 2009年
    • スーパーカップ 1試合0得点
  • 2012年
  • 2013年
    • J1昇格プレーオフ 1試合1得点
  • 2014年
    • J1昇格プレーオフ 1試合0得点
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2006 G大阪 6 6 2 -
2008 5 12 3 3 0
2009 6 1 -
2010 3 0 -
2011 5 0 -
通算 AFC 32 6 3 0

その他の国際公式戦

Jリーグ

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪

個人[編集]

  • Jリーグ優秀選手賞:4回 (2006年 - 2009年)
  • Jリーグベストイレブン:3回 (2006年 - 2008年)
  • J2 Most Exciting Player:1回 (2012年)
  • Jリーグ功労選手賞 (2016年)[20]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 0得点 (2009年)


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2009 2 0
通算 2 0

指導歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f “山口 智選手 完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2015年1月9日), http://www.sanga-fc.jp/news/detail/27978/ 2015年2月19日閲覧。 
  2. ^ “第2の“中学生Jリーガー”誕生なるか これまでのJ1歴代最年少出場記録は?”. サッカーキング. (2016年9月16日). https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20160916/493001.html 2018年11月27日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i 高村美砂 (2016年2月22日). “ガンバ大阪・山口智氏/現役引退に寄せて 『これからも、サッカーと生きていく。』(高村美砂)”. 個人 - Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/takamuramisa/20160222-00054639/ 2018年11月27日閲覧。 
  4. ^ “2006年ガンバ大阪新体制発表!(06.01.28)” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2006年1月28日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00028929 2018年11月27日閲覧。 
  5. ^ ヒストリー”. ガンバ大阪. 2018年11月27日閲覧。
  6. ^ “DF 山口智選手 ジェフユナイテッド千葉へ完全移籍のお知らせ(12.01.06)” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2012年1月6日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00130899 2018年11月27日閲覧。 
  7. ^ 山口 智 選手の加入について ジェフユナイテッド市原・千葉オフィシャルサイト、2011年1月6日
  8. ^ 元代表・山口が復帰…千葉 - ウェイバックマシン(2012年1月10日アーカイブ分) スポーツ報知、2011年1月6日
  9. ^ “「気持ちの整理できていない」 退団の山口智、現役続行に意欲 ジェフ千葉”. 千葉日報オンライン. (2014年12月11日). http://www.chibanippo.co.jp/sports/jef/229504 2018年11月27日閲覧。 
  10. ^ “【2012Jリーグアウォーズ】J2 Most Exciting Player 山口 智選手(ジェフユナイテッド千葉)に決定!!” (プレスリリース), Jリーグ, (2012年12月3日), https://www.jleague.jp/release/article-00004828/ 2018年11月27日閲覧。 
  11. ^ 菊地正典 (2013年5月7日). “名門再建へ、J2千葉が抱えるジレンマ 「今季こそ」昇格への思いは結実するのか”. スポーツナビ. https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201305070002-spnavi 2018年11月27日閲覧。 
  12. ^ “3季連続プレーオフ敗退の千葉DF山口智「とにかく甘い」”. ゲキサカ. https://web.gekisaka.jp/news/detail/?153079-153079-fl 2018年11月27日閲覧。 
  13. ^ a b “契約満了選手のお知らせ” (プレスリリース), ジェフユナイテッド市原・千葉, (2014年12月18日), http://jefunited.co.jp/news/2014/12/top/14180256601637.html 2016年1月15日閲覧。 
  14. ^ 宇都宮徹壱 (2014年12月17日). ““チャンスの場”で見た選手の想いと現実 JPFA第2回目トライアウトレポート”. スポーツナビ. https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201412170001-spnavi 2018年11月27日閲覧。 
  15. ^ “京都新キャプテンに新加入DF山口智”. ゲキサカ. (2005年2月6日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?156735-156735-fl 2018年11月27日閲覧。 
  16. ^ “山口智 現役引退へ…今後は未定もG大阪からスタッフ就任要請”. スポーツニッポン. (2016年1月12日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/01/12/kiji/K20160112011845200.html 2016年1月15日閲覧。 
  17. ^ “山口智選手 現役引退のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2016年1月12日), https://www.sanga-fc.jp/news/p/7019/ 2018年11月27日閲覧。 
  18. ^ “ガーナ戦@10/4 日本代表メンバーに山口智が追加招集!(06.10.01)” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2006年10月1日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00038741 2018年11月27日閲覧。 
  19. ^ “山口智氏・中山悟志氏 ガンバ大阪スタッフ就任のお知らせ” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2016年1月16日), http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/3854 2016年1月28日閲覧。 
  20. ^ “鈴木 啓太氏、山口 智氏が功労選手賞を受賞【Jリーグ】” (プレスリリース), Jリーグ, (2016年11月16日), https://www.jleague.jp/news/article/7516/ 2018年11月27日閲覧。 
  21. ^ クラブスタッフ”. ガンバ大阪. 2016年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月27日閲覧。
  22. ^ 川原崇 (2017年5月1日). “【G大阪】伝説トリオが伝承する「ガンバイズム」ってなんだろう!?”. サッカーダイジェストweb. https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=25179 2018年11月27日閲覧。 
  23. ^ “G大阪の新体制および背番号決定!クルピ新監督が意気込み「タイトルにこだわって戦う」”. ゲキサカ. (2018年1月21日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?236521-236521-fl 2018年11月27日閲覧。 

外部リンク[編集]