望月聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
望月 聡 Football pictogram.svg
名前
カタカナ モチヅキ サトル
ラテン文字 MOCHIZUKI Satoru
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1964-05-18) 1964年5月18日(54歳)
出身地 滋賀県大津市
身長 183cm
体重 72kg
選手情報
ポジション MF / FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1987-1992 日本鋼管/NKK 98 (30)
1992-1994 浦和レッドダイヤモンズ 37 (4)
1995-1996 京都パープルサンガ 27 (1)
代表歴
1988-1989 日本の旗 日本 7 (0)
監督歴
2007- びわこ成蹊スポーツ大学
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

望月 聡(もちづき さとる、1964年5月18日 - )は、滋賀県大津市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはMF(攻撃的MF、守備的MF)、FW(センターフォワード)。2007年、びわこ成蹊スポーツ大学教授に就任。

略歴[編集]

滋賀県立守山高校3年次の第61回全国高等学校サッカー選手権大会でベスト4進出。1983年に大阪商業大学進学。大商大時代は全日本大学サッカー選手権大会三連覇(1983年、1984年、1985年)、総理大臣杯二連覇(1984年、1985年)に貢献した。1987年に日本サッカーリーグ1部の日本鋼管サッカー部(後のNKKサッカー部)に入部、1987-88シーズンのリーグ2位、JSLカップ優勝に貢献し新人王の座を古俣健次(ヤマハ発動機)と争った。

また、1988年1月27日のアラブ首長国連邦代表戦で日本代表として初出場し[1]国際Aマッチ7試合に出場した。

1992年にJリーグ浦和レッドダイヤモンズへ移籍。

1995年からはジャパンフットボールリーグ京都パープルサンガへ移籍、同クラブのJリーグ昇格に貢献した。

2007年からびわこ成蹊スポーツ大学サッカー部の監督に就任。

2008年北京オリンピックのサッカー競技・女子で日本代表コーチとして、ベスト4を経験した。

2011 FIFA女子ワールドカップでコーチとして日本女子代表を指導し、チームは初優勝した。

2014年、ユニバーシアードサッカー日本女子代表監督に就任[2]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1987-88 鋼管/NKK JSL1部 21 5 2 1
1988-89 22 3 1 0
1989-90 14 14 2 2 3 1 0 17 5
1990-91 13 4 2 1 2 1 17 6
1991-92 JSL2部 28 16 2 0 0 0 30 16
1992 浦和 - J - 9 1 4 1 13 2
1993 31 3 5 1 2 0 38 4
1994 6 1 0 0 2 0 8 1
1995 京都 8 旧JFL 21 1 - 1 0 22 1
1996 - J 6 0 3 0 0 0 9 0
通算 日本 J 43 4 17 2 4 0 64 6
日本 JSL1部 70 14 6 2
日本 JSL2部 28 16 2 0 0 0 30 16
日本 旧JFL 21 1 - 1 0 22 1
総通算 162 35 11 2

その他の公式戦

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 7試合 0得点 (1988-1989)


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1988 3 0 5 2 8 2
1989 4 0 14 0 18 0
通算 7 0 19 2 26 2

指導歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]