永井雄一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
永井 雄一郎 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ナガイ ユウイチロウ
ラテン文字 NAGAI Yuichiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1979-02-14) 1979年2月14日(38歳)
出身地 東京都新宿区
身長 184cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ザスパクサツ群馬
ポジション FW
背番号 11
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-2008 浦和レッドダイヤモンズ 279 (63)
1998-1999 カールスルーエII (loan) 21 (4)
2009-2011 清水エスパルス 39 (1)
2012-2013 横浜FC 21 (3)
2014 アルテリーヴォ和歌山 11 (3)
2015- ザスパクサツ群馬 41 (0)
代表歴2
1997-1999  日本 U-20
2001-2003 日本の旗 日本 4 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月9日現在。
2. 2003年6月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

永井 雄一郎(ながい ゆういちろう、1979年2月14日 - )は、東京都新宿区出身のサッカー選手。ポジションフォワード。元日本代表。

来歴[編集]

小学校1年生から高校3年生までの12年間、三菱養和SCでプレー。

1997年
1998年
  • 前年とは対照的に、1stステージではわずか3試合の出場だった。その後、8月にはドイツのカールスルーエSCへ留学。カールスルーエでは長身を活かしたヘディングでの競り合いを求められ、持ち味であるドリブルのキレが失われた。
1999年
  • 7月に帰国。徐々にキレと感覚を取り戻すとレギュラーを獲得。2ndステージからの復帰で、12試合出場で3得点。トルシエ率いるU-20日本代表のFWの主軸として、1999 FIFAワールドユース選手権に2大会連続で出場。高原直泰と2トップを組み、準決勝・ウルグアイ戦で決勝点を決めるなど、チームの準優勝に貢献した。
2000年
  • 自身の希望で背番号「11」を背負い、主に左サイドMFとして起用された。複数人抜きのドリブルゴールや3試合連続得点、天王山の大分トリニータ戦での得点など、チーム最多の12得点を記録してチームのJ1復帰に貢献した。
  • 6月10日アルビレックス新潟戦でアンジェイ・クビツァに対して激しく接触した寺川能人に激怒し、倒れた寺川にボールを手で投げてぶつけて退場するなど、精神的に不安定な部分もあった。
2001年
  • 新加入のトゥットが背番号「11」を希望したため、背番号を「18」に変更。
  • 1stステージ途中からトゥットと、2ndステージは主にエメルソンとの2トップでレギュラーを獲得し、6得点を挙げた。
2002年
  • 背番号をかつて野人こと岡野雅行の「7」に変更。しかし、1stステージはエメルソンとトゥットがレギュラーで控えが田中達也、永井はFWの4番手という扱いを受け、ベンチを温める日が続いた。
  • 2ndステージ第2節のベガルタ仙台戦のVゴールでようやくシーズン初得点を奪うと、エメルソンとの2トップにてスタメンに定着。トゥットが怪我から復帰した後も「TENトップ」(T=トゥット、E=エメルソン、N=永井)の一角としてスタメン出場した。
  • ところが、シーズン終盤に2トップに戻ると永井はベンチに追いやられた。最終的に4得点でシーズンを終えた。
2003年
  • 前年に引退した「ミスターレッズ」こと福田正博から背番号「9」を引き継いだ。
  • 日本代表に招集され、ソウルワールドカップ競技場で行われたアウェーの韓国戦(4月16日)で代表初出場。この試合で試合終了間際、左サイドでDFに囲まれながらのドリブル突破から相手DFのチョ・ビョングクのクリアミスを誘い代表初得点を記録し、ジーコジャパンの初勝利に貢献した。
  • 1stステージこそエメルソンとの2トップでスタメン出場していたが、6月頃からの怪我が悪化して8月から9月前半はリハビリに費やした。その間に急成長を遂げた田中達也がエメルソンと2トップを組むことが多くなり、2ndステージはエメルソンか田中が出場停止時等の代役、もしくはスーパーサブとしてベンチに控える試合が増えた。
  • 出場機会が少ないながらもエメルソンが出場停止だった試合では、スタメン出場して得点も決めた。さらに、11月29日に行われた最終節の鹿島アントラーズ戦で2点ビハインドの試合展開の中で途中出場し、1ゴール1アシストを記録する活躍を見せた[1]。この年はJ1での自己最多8得点を挙げた。
2004年
  • 開幕前に肉体改造に取り組み、徹底した走りこみやウエイトトレーニングを続け下半身を鍛え抜いた。永井本人はFWとしての出場を希望していたが、ギド・ブッフバルトは監督就任当初から、右サイドの攻撃の要として永井に期待をかけていたからであった。永井の持つスピードをサイドでのアップダウンに繋げ、チームを攻守に活性化しようと意図したものであった。実際、FWのレギュラーだった田中達也かエメルソンの代役を除き、右ウィングバックでの出場が主だった。
  • 8月21日東京V戦では、GK都築龍太のスローを受けると、そのまま約70メートルのドリブルで3人を抜いてゴール。このスーパーゴールを含む3得点を挙げ、山瀬功治と共に「1試合で同じチームの二人がハットトリックを達成」という珍しい記録での圧勝劇の中心となった。このシーズンの得点はハットトリックを含む6得点だったものの、優勝争いをしていたジェフ市原ガンバ大阪から奪った貴重なゴールだった。
2005年
  • 開幕戦こそFWで出場したが、前半戦は主にトップ下でコンスタントに出場機会を得た。エメルソンがシーズン途中で退団してからは田中達也や途中加入のマリッチと2トップを組んだ。10月に田中達也の負傷離脱以降はマリッチが1トップに入る形で固定されたため、右サイドでプレーする試合が増えると、マリッチの得点を幾度となくアシストし、マリッチからもクロスの精度を絶賛された。
  • 持病の腰痛の影響で3月後半、7月後半、11月中旬から約1カ月の間は試合を欠場したが、前年と同様にリーグ戦で6得点を挙げた。そのうち5得点が同点、先制、決勝点と勝負強さを見せた。2003年以来のジーコジャパンのトレーニングキャンプにレッズでチームメイトだった桜井直人と共に選出されるもメンバーには残れなかった。
2006年
  • ワシントンの加入で前線はワシントンの1トップ、その後ろにポンテ小野伸二(終盤戦は山田暢久)が2シャドーとして控える形がほぼ固定され、2トップの場合でもワシントンと負傷から復帰した田中達也のコンビがファーストチョイスとなり、右サイドも序盤戦は山田暢久、中盤戦以降は平川忠亮が起用される事が多かったため、ベンチスタートの試合が増えていった。また、スタメン出場した試合でも本人が希望するFW起用ではなく、2シャドーの一角で起用されることが多かった。そういった中でも4月29日9月10日に行われた大宮アルディージャ戦、7月22日に行われた川崎フロンターレ戦では終盤に貴重なダメ押し点を記録し、チームの勝利に大きく貢献した。だが、12月2日に行われたG大阪戦ではベンチ入りはしたものの出場機会が無く、ピッチ上で優勝の瞬間に立ち会うことは出来なかった。
  • 天皇杯ではワシントンが持病の心臓疾患の検査で帰国、田中達也も前年に受けた手術の際に埋め込んだボルトの除去手術を受け離脱をした影響で不慣れな1トップのFWとして起用されたが、2007年元日に行われた天皇杯決勝G大阪戦で後半42分に決勝点を挙げ、チームを天皇杯連覇に導き、この試合を最後に退任するブッフバルト監督の花道を飾った。
2007年
2008年
  • シーズン途中から就任したゲルト・エンゲルス監督の下ではキープ力と決定力を活かし、トップ下で多彩な能力を発揮。その活躍から4月には代表候補合宿に招集された。シーズン中盤以降、ポンテや田中達也の復帰と共に4番手のFW扱いとなり、更にサッカー観の違いから監督と確執が生じ、マスコミに対しフロント・監督批判ととられる発言をしたため、終盤はほとんど起用されない状態となった。
  • 7月5日のJ1第15節FC東京戦にてJ1通算50得点を記録。
2009年
2011年
  • 3年間在籍した清水から戦力外通告を受ける。
2012年
2013年
  • 契約満了に伴い、横浜FCを退団した。
2014年
2015年
  • ザスパクサツ群馬の練習生を経て、2月12日に入団が発表された[4]

人物[編集]

  • 趣味は、サーフィン・ゴルフ・乗馬・水泳・ピアノ・ワイン・香水など。
  • ジュニアユース時代、中村俊輔とはライバル関係にあった。東京農業大学第一高等学校時代もサッカー部には所属せず三菱養和に在籍していたため、中村をして「高校時代、全く話を聞かなかったのでどうしたのかな?と思っていたけど、やっぱり出てきましたね」と言わしめた。
  • 99年のワールドユースが行われた際、ユース代表が宿泊したホテルの食事はバイキング形式だった。他の選手が1度に料理を皿に盛る中、当時ドイツ暮らしだった永井はサラダから順に皿に少しずつ盛っていた。それを見たフィリップ・トルシエは「みんな!永井を見習え!(Tout!Suivez Nagai!)」と言った[5]
  • 幼少期から小学4年生まで、北島康介を輩出した東京スイミングセンターに通い、本格的に水泳を習っていた。小学4年のとき、三菱養和の選抜に選ばれるようになったことで両立が難しくなり、水泳でも優秀な成績を残していたがサッカーに専念する道を選んだ[6]
  • 脚の速さを買われ、中学1〜3年生の冬だけ学校代表として、練習を全くせずに陸上大会に出場していた。2年時には1500mで新宿区2位になり都大会に出場。3年時には400mで新宿区優勝、都大会2位になった。高校サッカーではどこからも声がかからなかったが、陸上では3つの高校からスカウトを受けた[6]
  • 端整なルックスで女性ファンの人気も高く、また新宿出身であることなどからポストプレイヤーになぞらえた「ホストプレイヤー」の異名を持つ。2006年には、オフショットのみをおさめた写真集が出版された。
  • 2代目「ミスターレッズ」として、浦和サポーターからの人気は非常に高いものがあった。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • 三菱養和ジュニア
  • 三菱養和ジュニアユース
  • 三菱養和ユース
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1997 浦和 35 J 30 3 6 0 2 0 38 3
1998 17 3 0 0 0 - 3 0
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 DFBポカール 期間通算
1998-99 (en カールスルーエII - レギオナル 21 4 - - 21 4
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1999 浦和 30 J1 12 3 2 1 2 0 16 4
2000 11 J2 29 12 2 1 1 0 32 13
2001 18 J1 25 6 6 1 4 1 35 8
2002 7 19 4 4 0 1 1 24 5
2003 9 23 8 8 1 1 0 32 9
2004 27 6 8 1 4 2 39 9
2005 30 6 7 0 2 0 39 6
2006 23 4 6 2 4 3 34 9
2007 31 6 2 1 1 0 34 7
2008 26 5 4 0 1 0 31 5
2009 清水 8 0 3 0 3 2 14 2
2010 14 1 8 2 4 0 26 3
2011 17 0 2 0 1 1 20 1
2012 横浜FC 18 J2 7 2 - 0 0 7 2
2013 14 1 - 0 0 14 1
2014 和歌山 4 関西1部 11 3 - 1 1 12 4
2015 群馬 36 J2 31 0 - 1 0 32 0
2016 11 10 0 - 1 0 11 0
2017 -
通算 日本 J1 289 52 66 9 30 10 385 71
日本 J2 91 15 2 1 3 0 94 16
日本 関西1部 11 3 - 1 1 12 4
ドイツ レギオナル 21 4 - - 21 4
総通算 412 74 68 10 34 11 514 95

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2007 浦和 9 11 3 3 1
2008 3 0 - -
通算 AFC 14 3 3 1

その他の国際公式戦

チームタイトル[編集]

浦和レッドダイヤモンズ

個人タイトル[編集]

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 4試合 1得点 (2003年)


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2003 4 1
通算 4 1

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2003年4月16日 大韓民国の旗 韓国, ソウル 大韓民国の旗 韓国 ○ 1-0 国際親善試合

関連書籍[編集]

  • 『浦和レッズのしゃべり場5 永井雄一郎〜満足しないフォワード〜』(2003年 ランドガレージ)
  • 写真集『REAL9』(2006年 ソニーマガジンズ)
  • 『三浦泰年の素晴らしきかなサッカーヤロー』インタビュー掲載(2009年 日本スポーツ企画出版社)
  • 『黄金世代 99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年』インタビュー掲載(2009年 スキージャーナル)

脚注[編集]

  1. ^ 永井の活躍もあり浦和はこの試合を引き分けに持ち込み、鹿島はあと1歩のところでステージ優勝を逃すこととなった。
  2. ^ a b 浦和が王者、MVPに永井/アジアCL”. 日刊スポーツ (2007年11月14日). 2013年9月6日閲覧。
  3. ^ 永井雄一郎選手 契約満了のお知らせ アルテリーヴォ和歌山 2014年12月31日
  4. ^ 【トップチーム】永井雄一郎選手 加入のお知らせ ザスパクサツ群馬 2015年2月12日
  5. ^ 浦和レッドダイヤモンズ・オフィシャル・マッチデー・プログラム「MDP」302号より
  6. ^ a b 「三浦泰年の素晴らしきかなサッカーヤロー」より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]