都築龍太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
都築 龍太 Football pictogram.svg
名前
愛称 リョータ、キック
カタカナ ツヅキ リョウタ
ラテン文字 TSUZUKI Ryota
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-04-18) 1978年4月18日(39歳)
出身地 奈良県生駒郡平群町
身長 185cm[1]
体重 83kg[1]
選手情報
ポジション GK[1]
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-2002
2003-2010
2010
ガンバ大阪
浦和レッドダイヤモンズ
湘南ベルマーレ(loan)
63 (0)
172 (0)
15 (0)
代表歴2
2001-2009[2] 日本の旗 日本 6 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2011年1月13日現在。
2. 2009年9月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

都築 龍太(つづき りょうた、1978年4月18日 - )は、奈良県生駒郡平群町出身の元プロサッカー選手。ポジションはゴールキーパーさいたま市議会議員(通算1期)。サッカー解説など芸能活動についてはサムデイとマネージメント契約を結んでいる。

来歴[編集]

クラブ[編集]

奈良県の平群町立平群中学校から頭角を現す。当初は楢崎正剛が在学する奈良育英高校への進学を考えていたが、長崎県立国見高等学校監督の小嶺忠敏に直接スカウトされサッカー留学した。1997年ガンバ大阪に入団するが、日本代表の岡中勇人がいたため当初はサブに回る。しかし、日本代表監督のフィリップ・トルシエに評価され、サブながらシドニー五輪代表に選出され注目されるようになり、2000年に岡中から正GKの座を奪う。しかし、2002年に監督に就任した西野朗とまもなく対立しレギュラーを剥奪されたため当シーズン限りでガンバを退団、翌2003年浦和レッドダイヤモンズへ移籍した。

浦和移籍後は同い年の山岸範宏とポジションを争い、当初は山岸の控えであったが、山岸の故障などで2005年にレギュラーを掴むと、2006年シーズン前半までレギュラーとしてプレーした。しかし、J1第10節大宮アルディージャ戦で負傷して以降は山岸が再び正GKとなって控えに回り、クラブ初のJ1優勝をピッチの上で迎えられなかった。それでも天皇杯では先発出場し、チームの連覇に貢献した。2007年は再び山岸から正GKの座を奪回し、AFCチャンピオンズリーグ優勝、クラブW杯3位入賞に貢献。個人としてもJリーグベストイレブンに選出されるなど充実した一年を送った。2008年も引き続きレギュラーの座を守ったが、2009年は古傷でもある右膝を故障した影響でJ1第25節モンテディオ山形戦に出場したのを最後にそれ以降全ての公式戦に欠場することとなり、三たび山岸にレギュラーを奪われた。12月21日12月22日にJリーグキャリアサポートセンターによる現役選手を対象とした「2009シーズン インターンシップ」に参加し、ヴィンテージ古着店「BerBerJin」で店舗スタッフ業務に携った[3]

2010年は前年の負傷の影響かコンディション調整に苦しみ、また堅実なGKを好むフォルカー・フィンケ監督の方針もあって[4]山岸や加藤順大の後塵を拝し、ベンチ入りすらままならない状況に陥ってしまう。同年6月、出場機会を求め所属GK4人のうち3人が負傷で長期離脱していた湘南ベルマーレへ期限付き移籍した[5][6]

湘南移籍後は正GKとして迎えられ、湘南での公式戦デビューとなったJ1第11節鹿島アントラーズ戦でチームは敗れたものの都築自身も好プレーを見せ、健在をアピールした。その後、都築が加入する前の正GKである野澤洋輔が負傷から復帰すると控えに回ることもあったが、最終的にリーグ戦15試合に出場した。

2011年1月13日、期限付き移籍期間満了により湘南を退団することが発表され[7]、翌1月14日に都築の本来の所属先である浦和を契約満了で退団する事も発表された[8]

浦和退団後も都築は現役続行を目指して移籍先を模索するなどもしていたが、1月27日に現役引退を表明した[9]

日本代表[編集]

都築はフィリップ・トルシエ監督時代の2001年に日本代表に初招集された。楢崎正剛川口能活の牙城に阻まれて第3GKとしての立場が中心だったが、監督がジーコに交代して以降も安定して招集されていた。しかし2004年2月9日、他7人の選手と共に茨城県鹿嶋市の日本代表合宿所から無断外出し飲食していたことが発覚、当時のジーコ監督は「裏切り行為と感じた、信頼関係を失った」として都築ら8人を代表から外し、以降2006年に1度だけ招集された(この時は川口、楢崎が負傷していた)のを除き、代表から遠ざかった。

2008年、FIFAワールドカップ・アジア最終予選、対カタール戦の直前に楢崎が負傷で代表辞退したため岡田武史監督により約2年ぶりに代表に招集された。その後、楢崎に続き川口も負傷したために年が明けた2009年2月4日国際親善試合フィンランド戦で5年ぶりに代表戦に出場した[10]。楢崎の復帰後は第2GKとしてアジア最終予選の試合でベンチ入りしていたが、2009年9月9日ガーナ戦に出場して以降は代表には招集されなくなった。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1997 G大阪 23 J 0 0 0 0 0 0 0 0
1998 12 1 0 0 0 0 0 1 0
1999 23 J1 2 0 0 0 0 0 2 0
2000 19 0 2 0 4 0 25 0
2001 29 0 1 0 3 0 33 0
2002 12 0 3 0 0 0 15 0
2003 浦和 20 0 7 0 0 0 27 0
2004 19 0 7 0 0 0 26 0
2005 33 0 9 0 3 0 45 0
2006 11 0 1 0 5 0 17 0
2007 33 0 1 0 0 0 34 0
2008 33 0 2 0 1 0 36 0
2009 23 0 0 0 0 0 23 0
2010 0 0 0 0 - 0 0
湘南 39 15 0 - 0 0 15 0
通算 日本 J1 250 0 33 0 16 0 299 0
総通算 250 0 33 0 16 0 299 0

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2007 浦和 23 12 0 3 0
2008 3 0 -
通算 AFC 15 0 3 0

その他の国際公式戦

タイトル[編集]

クラブ[編集]

浦和レッドダイヤモンズ

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 6試合 0得点(2001 - 2009)[2]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2001 2 0
2004 1 0
2009 3 0
通算 6 0

現役引退後[編集]

2011年3月1日、同年4月10日施行予定の埼玉県議会議員選挙に、さいたま市緑区(定数1)から無所属で出馬することが報じられた[11]。また「埼玉維新の会」を結成し自身以外にも2人の立候補者をさいたま市内の選挙区から県議選に立候補させる予定であることを明らかにした[12]。4月10日に行われた選挙では落選。

2015年4月12日施行さいたま市議会議員選挙に緑区選挙区より自由民主党公認で出馬[13]、7000票を得て第2位で当選した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 登録選手一覧表 Jリーグ 2010.12.05
  2. ^ a b “都築 龍太”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_ta/ryota_tsuzuki.html 
  3. ^ インターンシップに都築が参加 浦和レッドダイヤモンズ公式サイト 2009.12.22付ニュースリリース
  4. ^ 後日談になるが、引退後に行われた浦和レッズマガジンの「福永泰×都築龍太 レッズOB対談」によると2010年シーズン前にフィンケ監督から「今シーズンは起用するつもりはない」と半ば戦力外通告とも取れる通告を受けていた。また、当時の日本代表監督岡田武史からも「(試合に出る為に)移籍しろ」というアドバイスももらっていたという事も話している。
  5. ^ 都築龍太、期限付き移籍で湘南へ”. 2010年6月18日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ 浦和レッズ 都築龍太選手 移籍加入のお知らせ”. 2010年6月18日閲覧。
  7. ^ 都築龍太選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ”. 2011年1月13日閲覧。
  8. ^ 都築龍太選手、契約満了のお知らせ”. 2010年1月14日閲覧。
  9. ^ 都築龍太が引退を決意”. 2011年1月28日閲覧。
  10. ^ nikkansports.com (2009年2月5日). “GK都築5年ぶり代表戦出場/親善試合”. 2009年2月9日閲覧。
  11. ^ 元代表GK・都築氏が埼玉県議選出馬へ スポーツ報知 2011年3月2日閲覧
  12. ^ 元浦和GK都築氏、県議選出馬へ 埼玉維新の会設立へ”. 朝日新聞 (2011年3月3日). 2011年3月3日閲覧。
  13. ^ 元浦和レッズGK都築龍太氏、さいたま市議選出馬へ! ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

外部リンク[編集]