岡野雅行 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岡野 雅行 Football pictogram.svg
名前
愛称 野人、オカ
カタカナ オカノ マサユキ
ラテン文字 OKANO Masayuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1972-07-25) 1972年7月25日(45歳)
出身地 神奈川県横浜市港北区
身長 175cm
体重 71kg
選手情報
ポジション MF / FW
利き足 右足
ユース
1988-1990 日本の旗 松江日本大学高等学校 (現 立正大学淞南高等学校)
1991-1993 日本の旗 日本大学 (3年次中退)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-2001 日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ 211 (36)
2001-2002 日本の旗 ヴィッセル神戸(loan) 35 (4)
2003 日本の旗 ヴィッセル神戸 23 (0)
2004-2008 日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ 58 (2)
2009 香港の旗 天水圍飛馬 9 (1)
2009-2013 日本の旗 ガイナーレ鳥取 66 (1)
代表歴2
1995-1999[1] 日本の旗 日本 25 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月31日現在。
2. 1999年7月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

岡野 雅行(おかの まさゆき、1972年7月25日 - )は、神奈川県横浜市港北区出身の元サッカー選手ガイナーレ鳥取代表取締役GM。NPOスポーツオフィス・ワン(理事長 岩崎全記)副理事長としてボランティア活動に参加。元日本代表ポジションミッドフィールダーフォワードニックネームは「野人」。

祖父は、書家文化功労者手島右卿、叔父は崇教真光総裁の岡田晃弥

来歴[編集]

プロ入りまで[編集]

横浜市立駒林小学校横浜市立日吉台西中学校卒。卒業後にブラジルへのサッカー留学を熱望するが家族に反対され親戚の勧めで松江市の松江日本大学高等学校(現:立正大学淞南高等学校)へ進学。最高で島根県3位になるまでのチームになった。

その後、スポーツ推薦により[2]日本大学へ進学し、当時2部であったサッカー部に入部。1年時の天皇杯予選でコーチの長島裕明により抜擢されたことをきっかけに頭角を現す[3]。それまでは前線へと走る攻撃手らにボールを供給するプレースタイルであったが、ある日短距離走で好タイムを叩きだした事から自身の俊足に気づき、自分で前線に向けて蹴ったボールに自分が追いついて自分でシュートした所「これは楽だ」と俊足を活かしたプレースタイルへと変更する事になる。

なお、この予選では後に鹿島アントラーズとなる前身チームの住友金属蹴球団との試合でジーコと対戦している。結果は日大4-5住金(前半 日大3-0住金、後半 日大1-5住金)で住友金属の勝利。ジーコはベンチスタートだったが、前半終了した時点で格下であるはずの大学チームに3点も負けている状況に住金が慌て、後半開始直後からジーコを投入したとのこと。[4]

夜は居酒屋でアルバイトしながら練習し、1993年の天皇杯関東大会の対筑波大学戦では「試合があるのを忘れて朝まで飲んでいた」岡野だったが、大岩剛望月重良藤田俊哉を擁した強豪相手に五人抜きのゴールを含む2得点を挙げてJリーグの6クラブから声が掛かるようになる。中でも浦和レッドダイヤモンズが「一番熱心だった」といい、「大学を辞めてでも来てくれ」という熱意に動かされたため、日大を3年で中退して浦和入りした[5][6]。 同期加入の選手に山田暢久がいる。

プロ入り後[編集]

1994年に浦和レッドダイヤモンズに加入し、1年目からJリーグで35試合に出場、3ゴールを記録[7]。1996年にはキャリアハイとなる11ゴールをあげ、同年のJリーグベストイレブンとこの年より新設されたJリーグフェアプレー個人賞を受賞した[7]

1999年には、浦和在籍のままオランダのアヤックスに練習参加し、6月に帰国した[8]

2001年チッタ監督の信頼を得られず、5節FC東京戦からはほぼベンチ外に追いやられた。2001年9月よりヴィッセル神戸に期限付き移籍[7]、2002年12月に完全移籍が発表された[7][9]

2004年に浦和に完全移籍[10][7]2007年元日の天皇杯決勝では、途中交代で出場し、永井雄一郎の決勝点をアシストし、浦和レッズの天皇杯連覇に貢献した[11]2008年、10月26日のアルビレックス新潟戦で後半ロスタイムから出場し、史上34人目のJ1通算300試合を達成。しかし、クラブが若返りを押し進めた[12] ことから、共に長年浦和を支えてきた内舘秀樹と同じく11月26日に契約終了が発表され、浦和を離れることとなった。

2009年2月、香港リーグ1部天水圍飛馬(TSWペガサス)に移籍。2月7日の香港リーグデビュー戦で初ゴールを挙げた。同年6月にリーグのシーズン終了をもって天水圍飛馬を退団[13]。同年7月31日ガイナーレ鳥取に移籍することが同クラブから発表された[14]

日本代表[編集]

1995年1月に開催されたキング・ファハド・カップ(インターコンチネンタルカップ)の日本代表メンバーに選出されたが、同大会では試合出場はなく、1995年9月20日のパラグアイ代表戦にて代表初出場。1996年8月25日のウルグアイ代表戦にて初ゴールを記録。

1997年1998 FIFAワールドカップ・アジア予選アジア第3代表決定戦イラン代表戦)に延長前半から出場。GKと1対1など決定機を数度逃すも決勝ゴールデンゴールを決め、日本代表ワールドカップ初出場に導いた。

1998年1998 FIFAワールドカップ日本代表に選出。グループリーグ第2戦・クロアチア戦の後半16分から途中出場した。

引退後[編集]

2013年シーズンを最後に現役を引退し、ガイナーレ鳥取のゼネラルマネージャーに就任した[15]。2014年末、Jリーグ功労選手賞を受賞[16]

2015年2月15日、ガイナーレ鳥取の選手がお世話になった食堂「はしや」の女将の義娘、内間智美(内間安路の妻)が2013年12月に発症した肛門管癌の治療費を募る内間さんを支援する会の発起人を務める[17]

2017年4月27日、ガイナーレ鳥取の代表取締役GMに就任[18]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1994 浦和 - J 35 3 2 0 3 0 40 3
1995 44 5 - 3 0 47 5
1996 30 11 13 2 3 2 46 15
1997 7 23 4 0 0 2 1 25 5
1998 34 7 0 0 2 1 36 8
1999 J1 11 0 4 0 0 0 15 0
2000 J2 26 6 2 0 4 1 32 7
2001 J1 8 0 1 0 - 9 0
神戸 29 11 3 - 2 0 13 3
2002 8 24 1 5 0 1 0 30 1
2003 23 0 6 1 2 0 31 1
2004 浦和 30 15 1 8 2 2 0 25 3
2005 20 1 7 0 4 0 31 1
2006 8 0 6 0 2 0 16 0
2007 11 0 1 0 1 0 13 0
2008 4 0 3 0 0 0 7 0
香港 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2008-09 天水圍飛馬 8 甲組 9 1 1 0 4 0 14 1
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2009 鳥取 30 JFL 7 1 - 1 0 8 1
2010 16 0 - 0 0 16 0
2011 J2 13 0 - 1 0 14 0
2012 20 0 - 0 0 20 0
2013 10 0 - 1 0 11 0
通算 日本 J1 301 36 56 5 27 4 384 45
日本 J2 69 6 2 0 6 1 77 7
日本 JFL 23 1 - 1 0 24 1
香港 1部 9 1 1 0 4 0 14 1
総通算 402 44 59 5 38 5 499 54

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2007 浦和 30 6 0 1 0
通算 AFC 6 0 1 0

その他の国際公式戦

タイトル[編集]

クラブ[編集]

浦和レッドダイヤモンズ

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 25試合 2得点 (1995年 - 1999年)[1]


日本代表国際Aマッチ
出場得点
1995 3 0
1996 11 1
1997 5 1
1998 5 0
1999 1 0
通算 25 2

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 1996年8月25日 日本大阪市 ウルグアイの旗 ウルグアイ ○ 5-3 親善試合
2. 1997年11月16日 マレーシアジョホールバル イランの旗 イラン ○ 3-2 1998 FIFAワールドカップ・アジア予選

関連情報[編集]

著書[編集]

CM出演[編集]

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b “岡野 雅行”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db.com/players_a/masayuki_okano.html 
  2. ^ 関西テレビー本人出席放送
  3. ^ 野人伝. 新潮社. (2009-12-18). p. 70頁. ISBN 978-4-10-321321-5. 
  4. ^ 新潮社刊「野人伝」著者:岡野雅行
  5. ^ 浦和レッズ10年史. ベースボール・マガジン社. p. 32頁. ISBN 4-583-03685-x. 
  6. ^ GAINARE×Peeba Player’s focus / No.30 FW 岡野雅行 (第1回)”. 鳥取タウン情報サイト Peeba.net. 2017年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月25日閲覧。
  7. ^ a b c d e “岡野 雅行選手 獲得のお知らせ” (プレスリリース), 浦和レッドダイヤモンズ, (2004年1月16日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00004747 2017年10月25日閲覧。 
  8. ^ 浦和レッズ・オフィシャル・ハンドブック2000. あすとろ出版. p. 35頁. ISBN 4-7555-0871-1. 
  9. ^ “岡野雅行選手完全移籍(12/19)” (プレスリリース), ヴィッセル神戸, (2002年12月19日), オリジナル2003年2月3日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20030203020936/http://www.vissel-kobe.co.jp:80/whatsnew/wn2002_11_12.html 2017年10月25日閲覧。 
  10. ^ 岡野雅行選手 浦和レッズへ完全移籍決定, , ヴィッセル神戸 (Jリーグ), (2004年1月16日), https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=00004749 2017年10月25日閲覧。 
  11. ^ “【第86回天皇杯決勝 浦和 vs G大阪:浦和レポート】光った都築の好セーブ。流れを変えた岡野投入。浦和、苦しみながらもG大阪を下し、天皇杯連覇を達成!”. J’s GOALアーカイブ (Jリーグ). (2007年1月1日). https://www.jleague.jp/jsgoal_archive/jsgoal/detail.php?press_code=00042836 2017年10月25日閲覧。 
  12. ^ フットボールサミット 第5回 拝啓、浦和レッズ様. カンゼン. p. 133頁. ISBN 978-4-86255-120-7. 
  13. ^ 日刊スポーツ岡野が香港退団でJFL鳥取入り濃厚」 2009年7月29日掲載
  14. ^ 岡野雅行選手(TSWペガサス)移籍加入のお知らせ ガイナーレ鳥取オフィシャルホームページ 2009年7月31日付
  15. ^ 岡野雅行選手 現役引退及びGM就任のお知らせ ガイナーレ鳥取オフィシャルホームページ 2013年12月25日付
  16. ^ “功労選手賞について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年10月22日), オリジナル2014年10月21日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20141021094646/http://www.j-league.or.jp/release/000/00006114.html 2014年10月23日閲覧。 
  17. ^ 内間さんを支援する会 会公式サイト 2015年2月15日付
  18. ^ “株式会社SC鳥取 第11期決算・役員改選のご報告” (プレスリリース), ガイナーレ鳥取, (2017年5月10日), http://www.gainare.co.jp/news/detail/36487/ 2017年6月25日閲覧。 
  19. ^ 彩の国功労賞 受賞者・団体”. 埼玉県. 2017年10月25日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]