播戸竜二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
播戸 竜二 Football pictogram.svg
名前
愛称 バン バンドウ
カタカナ バンド リュウジ
ラテン文字 BANDO Ryuji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1979-08-02) 1979年8月2日(37歳)
出身地 兵庫県姫路市
身長 171cm
体重 67kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 大宮アルディージャ
ポジション FW
背番号 11
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2002 ガンバ大阪 34 (3)
2000-2001 コンサドーレ札幌 (loan) 57 (24)
2002 ヴィッセル神戸 (loan) 26 (4)
2003-2005 ヴィッセル神戸 72 (26)
2006-2009 ガンバ大阪 97 (28)
2010-2013 セレッソ大阪 56 (17)
2013 サガン鳥栖 (loan) 6 (0)
2014 サガン鳥栖 5 (0)
2015- 大宮アルディージャ 22 (5)
代表歴2
2006-2008 日本の旗 日本 7 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年1月23日現在。
2. 2010年6月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

播戸 竜二(ばんど りゅうじ、1979年8月2日 - )は、兵庫県姫路市出身のプロサッカー選手Jリーグ大宮アルディージャ所属。ポジションフォワード。元日本代表

来歴[編集]

琴丘高校[1]時代はキャプテンを務め、国体選手にも選出された。3年生の最後の大会(選手権県予選)では加地亮朴康造を擁する滝川二高の前に決勝で敗退した。同高の卒業生でもある森下洋一(当時松下電器産業社長)の後輩ということで入団テストにこぎつける。

1998年ガンバ大阪に練習生として入団[2]2000年シーズンにコンサドーレ札幌期限付き移籍岡田武史監督(当時)の下、レギュラーFWとしてJ1昇格、残留を経験する。この間、U-19/U-20日本代表でも活躍。出場試合は無かったものの黄金世代の1人として、1999 FIFAワールドユース選手権のメンバーにも選出され、2001年にはA代表候補合宿にも招集された。

2002年からは地元ヴィッセル神戸に期限付き移籍で加入し、三浦知良と共に中心選手として活躍。翌2003年は完全移籍を果たす。2004年はJ1で17得点を挙げ、名古屋マルケスと並び、得点ランク3位になったが、2005年は故障に苦しみ、チームの成績も低迷、J2降格となる。シーズンオフに年俸の大幅ダウン提示を受けたことなどに伴い神戸を退団し、2006年は古巣のG大阪に復帰。史上40人目のJ1通算50得点を達成し、スタメン出場するたびに得点を挙げ続け、A代表初選出。10月4日のキリンチャレンジカップガーナ戦で初出場、10月11日のアジアカップ2007予選・インド戦で初先発・初得点を記録した。

2008年は足首の故障や肝機能障害などで長期離脱したが、ACLで貴重なゴールをあげるなど、重要な役割を果たし、天皇杯決勝・戦では途中出場で決勝点をあげ、優勝に貢献した。

2009年、レアンドロチョ・ジェジンペドロ・ジュニオールといった新外国人FWの加入などもあり、出場機会のほとんどは試合終盤での途中交代だった。結局この年はリーグ戦21試合出場2得点と昨季に続いて振るわず、シーズン終盤の同年11月4日に自身のブログでガンバ大阪を退団することを発表した[3]

2010年、ガンバ大阪からセレッソ大阪へ完全移籍[4][5][6]。移籍1年目は途中交代での出場が多かったが、18試合で5得点を挙げた。

2011年、8月20日の清水戦、9月10日の広島戦では途中出場ながらハットトリックを達成した。

2013年、セレッソではナビスコカップへ2試合出場したものの、リーグ戦への出場機会はなかった[7]。7月27日からは、2014年1月31日までの期限付きでサガン鳥栖へ移籍[8]。2001年まで在籍していた札幌以来、11シーズン振りに関西圏以外のJリーグチームへ活躍の場を移している。また、背番号は9となり、プロ入り後初めて一桁の番号を背負うことになった。

2014年、サガン鳥栖へ完全移籍[9]

2015年、大宮アルディージャへ完全移籍[10]。シーズン序盤は中々出番が無かったが、第12節から7試合連続で先発。移籍後初得点を、初先発の第12節ギラヴァンツ北九州戦で記録。第24節アビスパ福岡戦では、キャリア4度目のハットトリックを記録。Jリーグ在籍日本人としては最年長記録である。

人物・エピソード[編集]

  • 2004年、豪雨災害に遭った兵庫県豊岡市に100万円、2009年にも同様に豪雨被害を受けた兵庫県佐用町に寄付を実施。オリジナルTシャツを販売し、その売り上げを送っている。
  • キノコ類、特に椎茸が嫌いで、G大阪在籍時に「遠征時の食事で椎茸を出さないで欲しい」とお願いしたところ、要求が通り、それどころか、遠征時のチーム全体の食事メニューに、椎茸が全く出なくなった。なお、播戸の移籍後は、椎茸が遠征時のメニューに復活している。
  • 2005年は怪我もあり、地元出身のエースとして期待されながら2得点と大きく期待を裏切ってチームもJ2に降格した。当時、現役日本代表だったキャプテンの三浦淳宏を筆頭に多くの主力が責任を感じ残留したが(翌年1年でJ1昇格)、エースの播戸は減俸提示を受けたことを理由にクラブを退団した。そのこともあって現在でも神戸のサポーターからは大きなブーイングを浴びせられるようになった。
  • サッカー愛好家の馬主が「冬でも半袖を着て頑張る熱いハートが気に入った」として、競走馬ハンソデバンドの馬名の由来となっている[11]
  • セレッソ大阪移籍後の応援歌の原曲は、関ジャニ∞の「ズッコケ男道」が原曲になっている。
  • 実家の柱に身長を刻んでいると加地亮に暴露された。
  • シューズはプロ入り2年目以降、プーマと契約している。三浦知良への憧れからとの事だが、両者が神戸でチームメイトだった時に播戸が練習で他社のシューズを黒塗りにした上で履くと三浦からは「おいバン、何履いてんの?おまえはプーマでなきゃダメだろ」とすぐバレたという。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1998 G大阪 29 J 13 2 4 1 1 0 18 3
1999 18 J1 21 1 2 0 2 0 25 1
2000 札幌 11 J2 30 15 1 0 1 1 32 16
2001 J1 27 9 1 0 1 0 29 9
2002 神戸 13 26 4 5 0 0 0 31 4
2003 27 7 6 0 3 1 36 8
2004 28 17 5 3 1 0 34 20
2005 18 2 6 0 0 0 24 2
2006 G大阪 11 30 16 2 0 4 1 36 17
2007 31 9 10 2 4 2 45 13
2008 15 1 1 0 5 1 21 2
2009 21 2 2 0 3 1 26 3
2010 C大阪 18 5 5 1 3 1 26 7
2011 21 10 1 0 4 2 26 12
2012 17 2 4 1 2 0 23 3
2013 0 0 2 0 - 2 0
鳥栖 9 6 0 - 1 1 7 1
2014 5 0 4 2 0 0 9 2
2015 大宮 11 J2 22 5 - 3 1 25 6
通算 日本 J1 324 87 60 10 34 10 418 107
日本 J2 52 20 1 0 4 2 57 22
総通算 376 107 61 10 35 11 475 129

その他の公式戦

  • 2006年
  • 2007年
    • スーパーカップ 1試合0得点
  • 2009年
    • スーパーカップ 1試合0得点
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2006 G大阪 11 6 1 -
2008 7 2 3 0
2009 4 0 -
2011 C大阪 3 1 -
通算 AFC 20 4 3 0

その他の国際公式戦

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪

大宮アルディージャ

個人[編集]

  • Jリーグ優秀選手賞:1回 (2006年)

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 7試合 2得点 (2006年 - 2008年)


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2006 2 2
2007 1 0
2008 4 0
通算 7 2

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2006年10月11日 インドバンガロール インドの旗 インド ○ 3-0 AFCアジアカップ2007予選
2.

CM出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 琴丘高校時代の同期に増川隆洋がいる。
  2. ^ 同期入団に橋本英郎新井場徹稲本潤一は学年は同じではあるが、高校在学中にトップ昇格しているため同期入団ではない。
  3. ^ 播戸竜二 OFFICIAL BLOG: 報告。
  4. ^ FW播戸竜二選手 セレッソ大阪へ完全移籍 ガンバ大阪オフィシャルサイト
  5. ^ ガンバ大阪 播戸竜二選手 移籍加入のお知らせ セレッソ大阪 CEREZO OSAKA OFFICIAL SITE
  6. ^ 播戸竜二 OFFICIAL BLOG: 移籍報告。
  7. ^ 【13/07/26】播戸竜二選手 サガン鳥栖に期限付き移籍のお知らせ セレッソ大阪公式サイト
  8. ^ “【13/07/26】播戸竜二選手 セレッソ大阪より期限付き移籍加入のお知らせ”. サガン鳥栖オフィシャルウェブサイト. (2013年7月26日). http://www.sagantosu.jp/news_detail.asp?c_idx=10001332&contents_code=100100 2013年7月26日閲覧。 。ちなみに、移籍発表の当日夜に長居スタジアムで開催されたマンチェスター・ユナイテッドとセレッソの国際親善試合には、後半の途中から試合終了まで出場している(セレッソ大阪対マンチェスター・ユナイテッド公式記録を参照)。
  9. ^ “【13/12/30】播戸竜二選手 セレッソ大阪より完全移籍加入のお知らせ”. サガン鳥栖オフィシャルウェブサイト. (2013年12月30日). http://www.sagantosu.jp/news_detail.asp?c_idx=10001712&contents_code=100100 2013年12月30日閲覧。 
  10. ^ “サガン鳥栖 播戸 竜二選手 大宮アルディージャ加入のお知らせ”. 大宮アルディージャオフィシャルウェブサイト. (2015年1月11日). http://www.ardija.co.jp/news/detail/6456.html 2015年1月11日閲覧。 
  11. ^ ハンソデバンド根性の鼻差V/共同通信杯 日刊スポーツ2010年2月8日記事
  12. ^ ガンバ播戸竜二選手(Ryuji Bando)_Panasonic WET剃り LAMDASH CM YouTube

関連項目[編集]

外部リンク[編集]