播戸竜二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
播戸 竜二 Football pictogram.svg
名前
愛称 バン、バンドウ
カタカナ バンド リュウジ
ラテン文字 BANDO Ryuji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1979-08-02) 1979年8月2日(42歳)
出身地 兵庫県姫路市
身長 171cm
体重 67kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2002 ガンバ大阪 34 (3)
2000-2001 コンサドーレ札幌 (loan) 57 (24)
2002 ヴィッセル神戸 (loan) 26 (4)
2003-2005 ヴィッセル神戸 72 (26)
2006-2009 ガンバ大阪 97 (28)
2010-2013 セレッソ大阪 56 (17)
2013 サガン鳥栖 (loan) 6 (0)
2014 サガン鳥栖 5 (0)
2015-2017 大宮アルディージャ 23 (5)
2018 FC琉球 19 (2)
2019 ガンバ大阪 - (-)
通算 396 (109)
代表歴2
2006-2008 日本の旗 日本 7 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年9月14日現在。
2. 2008年2月23日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

播戸 竜二(ばんど りゅうじ、1979年8月2日 - )は、兵庫県姫路市出身の元プロサッカー選手、サッカー解説者、株式会社ミスタートゥエルブの代表取締役[1]俳優

現役時代のポジションフォワードで、セレッソ大阪在籍中の2011年に株式会社ミスタートゥエルブを設立したほか、サッカー元日本代表。Jリーグ一筋で2019年に現役を引退した後は、2020年3月12日から2022年3月11日までJリーグの特任理事を歴任。また、2022年5月14日から日本サッカー協会(JFA)のアスリート委員、2021年2月1日からWEリーグの理事を務めている。

来歴[編集]

姫路市立琴丘高等学校のサッカー部[2] 在籍中には、キャプテンを務める一方で、国民体育大会サッカー競技の兵庫県代表チームに選ばれていた。3年生の最後の大会(選手権県予選)では加地亮朴康造を擁する滝川第二高校の前に決勝で敗退した。

琴丘高校の卒業生である森下洋一(当時の松下電器産業社長)の後輩という縁で、3年生だった1997年の秋に、同社が運営に携わるガンバ大阪の入団テストへ参加。翌1998年に、月給10万円という条件で、練習生として入団した[3][4]。同期には新井場徹橋本英郎などの好選手が多く、公式戦への出場機会に恵まれないまま、2000年シーズンにコンサドーレ札幌期限付き移籍岡田武史監督(当時)の下でレギュラーに起用されると、クラブのJ1リーグ昇格・残留を経験する。この間、U-19/U-20日本代表でも活躍。黄金世代の1人として、1999 FIFAワールドユース選手権のメンバーにも選出され途中出場で5試合に出場、2001年にはA代表候補合宿にも招集された。

2002年からは地元ヴィッセル神戸に期限付き移籍で加入し、三浦知良と共に中心選手として活躍。リーグ最終戦では残留を大きく手繰り寄せる2ゴールの活躍を見せ、クラブを残留へ導いた。翌2003年は完全移籍を果たす。2004年はJ1で17得点を挙げ、名古屋マルケスと並び、得点ランク3位になったが、2005年はこれまで以上の他クラブの研究やマークに苦しみ、自身は怪我で半年近く離脱したこともありチームの成績も低迷、J2降格となる。シーズンオフに年俸の大幅ダウン提示を受けたことなどに伴い神戸を退団し、2006年は古巣のG大阪に復帰。史上40人目のJ1通算50得点を達成し、6試合連続ゴールを記録するなどスタメン出場するたびに得点を挙げ続け、A代表初選出。10月4日のキリンチャレンジカップガーナ戦で初出場、10月11日のアジアカップ2007予選・インド戦で初先発・初得点を記録した。リーグ終盤は足首の怪我を押して試合に出た影響でコンディションを落としたものの、キャリアでは2番目の数字となる16得点を挙げた。

2007年は、甲府からFWバレーが加入したこともあり、スーパーサブとしての起用が多くなるが、マグノ・アウベス、バレー不在時にはスタメンをはり、ゴールをあげつづけた。

2008年は足首の故障や肝機能障害などで長期離脱したが、ACLで貴重なゴールをあげるなど、重要な役割を果たし、天皇杯決勝・戦では途中出場で決勝点をあげ、優勝に貢献した。

2009年、レアンドロチョ・ジェジンペドロ・ジュニオールといった新外国人FWの加入などもあり、出場機会のほとんどは試合終盤での途中交代だった。結局この年はリーグ戦21試合出場2得点と昨季に続いて振るわず、シーズン終盤の同年11月4日に自身のブログでガンバ大阪を退団することを発表した[5]

2010年、ガンバ大阪からセレッソ大阪へ完全移籍[6][7][8]。移籍1年目は途中交代での出場が多かったが、18試合で5得点を挙げた。

2011年、8月20日の清水戦、9月10日の広島戦では途中出場ながらハットトリックを達成した。

2013年、セレッソではナビスコカップへ2試合出場したものの、リーグ戦への出場機会はなかった[9]。7月27日からは、2014年1月31日までの期限付きでサガン鳥栖へ移籍[10]。2001年まで在籍していた札幌以来、11シーズン振りに関西圏以外のJリーグチームへ活躍の場を移している。また、背番号は9となり、プロ入り後初めて一桁の番号を背負うことになった。

2014年、サガン鳥栖へ完全移籍[11]

2015年、大宮アルディージャへ完全移籍[12]。シーズン序盤は中々出番が無かったが、第12節から7試合連続で先発。移籍後初得点を、初先発の第12節ギラヴァンツ北九州戦で記録。第24節アビスパ福岡戦では、キャリア4度目のハットトリックを記録。Jリーグ在籍日本人としては最年長記録である。2017年、12月18日に契約満了が発表された[13]

2018年、FC琉球へ完全移籍[14]J3リーグでのプレーは初めてだったが、リーグ戦19試合で2得点を挙げるなど、クラブのJ2リーグ初昇格の一翼を担った。同年12月に、契約満了で退団[15]

2019年には、「フリーランスのサッカー選手」として、サッカー関連の番組へゲストで随時出演していた。当初は「今はサッカーをいったん休憩中だが、選手生活からは一生引退しない」と公言していたが、特定のクラブへ所属しないまま、後に引退を決意。9月14日には、古巣クラブ同士が相対するJリーグ・ガンバ大阪対鳥栖戦(パナソニックスタジアム吹田)の試合前に引退セレモニーを催すことを前提に、ガンバとの間でJリーグクラブとしては異例の1日限定契約を結んだ。セレモニーに臨んだ播戸は、山内隆司社長から渡された胸番号29・背番号11のユニフォーム姿で、この日を最後にプロサッカー選手を引退することをサポーターに報告。引退後の意向として、サッカークラブの経営者、Jリーグチェアマン日本協会会長のような立場でサッカーへ携われるように研鑽を積むことも明かした[16]。なお、12月開催のJリーグアウォーズでは、Jリーグ理事会からJリーグ功労選手賞を授与されている[17]

2020年には、Jリーグから3月12日付でJリーグ特任理事(非常勤)に選任された[18]。任期は、2022年3月11日までの2年間[3]。その一方で、サッカー解説者としての活動も本格的に始めた。さらに、JFAが5月から新設した「アスリート委員会」にも委員として参加[19]2021年には、WEリーグ(同年から発足する女子プロサッカーリーグ)の理事を2月1日から務めている[20]。その一方で、2021年には、『孤狼の血 LEVEL2』(8月20日公開の実写映画)で俳優デビューを果たした。

人物、エピソード[編集]

  • ヴィッセル神戸在籍中の2004年に、ガンバ入団時の同期生だった新井場や、当時のチームメイトで同学年の稲本潤一(ユースチームの出身で高校在学中にトップチームへ昇格)と共同でFCイバンイーナを設立(肩書は「共同オーナー」)。チーム名の「イバンイーナ(IBANINA)」に3人の苗字の一部(IBA=新井場、BAN=播戸、INA=稲本)を組み合わせていたが、現役選手としての活動を優先するため、後に稲本と揃って経営から事実上離脱した。
    • 大阪府社会人サッカーリーグの5部から活動を始めたイバンイーナは、FC TIAMO枚方への改称や新井場のオーナー退任などを経て、関西サッカーリーグの1部へ昇格。播戸自身は「オーナーとしての職務を休止した後もクラブとの関係は続いている」とのことで、「TIAMO」(「あなたを愛している」という意味のイタリア語)という現在のクラブ名についても、「イタリアセリアAの試合を観戦したスタジアムの座席に、サポーターが『TIAMO』という人文字のパフォーマンスに使うための紙が置かれていたことをきっかけに自分で付けた」という。
  • 2004年、豪雨災害に遭った兵庫県豊岡市に100万円、2009年にも同様に豪雨被害を受けた兵庫県佐用町に寄付を実施。オリジナルTシャツを販売し、その売り上げを送っている。
  • キノコ類(特に椎茸)が苦手で、ガンバの在籍中に「遠征時の食事で椎茸を出さないで欲しい」と依頼したところ、遠征時のチーム全体の食事メニューに椎茸が全く出なくなった。もっとも、播戸の移籍後は、椎茸が遠征時のメニューに復活している。
  • ガンバから期限付き移籍で加入したヴィッセルでは、地元出身のエースとして期待されていた。移籍1年目の2002年にクラブのJ1残留へ貢献すると、2003年から完全に移籍。2004年にはチームトップの17得点を挙げたが、2005年は2得点どまりで、クラブもJ1からJ2へ降格した。2006年には、当時日本代表だったキャプテンの三浦淳宏を筆頭に多くの主力選手が残留(J2でのプレー)を選んだ一方で、播戸自身は古巣・ガンバへの復帰によってJ1でプレーを継続。ヴィッセルも1年でJ1に復帰したが、播戸はJ1復帰後の対戦で、ヴィッセルのサポーターから大きなブーイングを浴びせられていた。もっとも、現役引退後の2020年に「現役を続けていたら、ガンバ、ヴィッセル、セレッソのうちどこへ所属したいか?」という質問を受けた際には、「フォワードとしてヴィッセルでもう一度勝負したい」と述べている。
  • 2009年の共同通信杯優勝馬ハンソデバンドは、サッカー愛好家で馬主の渡邊隆が「(播戸の)冬でも半袖を着て頑張る熱いハートが気に入った」ということで同馬の馬名の由来になっている[21]
  • セレッソ大阪移籍後の応援歌の原曲は、関ジャニ∞の「ズッコケ男道」であった。
  • 実家の柱に身長を刻んでいると加地亮に暴露された。
  • 三浦知良への憧れから、プロ入り2年目以降は、三浦と同じくプーマから試合用のシューズを提供されていた。両者がヴィッセルに在籍していた時期に、播戸が他社のシューズを黒く塗ったうえで練習に臨んだところ、居合わせた三浦から「おいバン(播戸)、何履いてんの?お前はプーマでなきゃダメだろ」と見抜かれたという。ちなみに、『播戸竜二のバン!バン!バン!』(自身が現役引退後の2021年4月からパーソナリティを務める朝日放送ラジオのトーク番組)では、三浦がヴィッセルへの在籍中に授かった次男(総合格闘家三浦孝太)を2022年3月5日・12日放送分のゲストに迎えている。
  • FC琉球への入団によって沖縄県内へ初めて住んだことがきっかけで、同県への愛着が強く、サッカーをはじめ県内のスポーツ全般を応援している。
  • ヴィッセル在籍中の23歳で日本サッカー協会公認のB級コーチライセンスを取得するなど、Jリーガー時代から、現役引退後のセカンドキャリアを強く意識。セレッソ大阪在籍中の2011年には、自身と同じくセレッソやガンバへの所属経験がある現役Jリーガー(家長昭博扇原貴宏安田理大山口蛍)と共同で、株式会社ミスタートゥエルブ(アスリートのトータルマネジメント、サッカースクールの運営、サッカー関連イベントの企画・運営などを手掛ける会社)を設立。設立の当初から代表取締役を務めている[1][22][23]。ちなみに、現役時代の終盤に大宮へ所属していた時には、担当記者に対して「俺の引退の記事を書いておいてよ」と依頼していた(実際には移籍先のFC琉球で引退)[3]
  • Jリーグ特任理事への就任が新型コロナウイルスへの感染拡大によるJリーグ公式戦の中断期間と重なったことを背景に、就任後は選手などからの要望を受けて、リーグに所属するクラブ全選手へのPCR検査の実現などに尽力。就任に際しては、「Jリーグの歴史やデータを学びながら、選手以外の目線にも立って(リーグのあり方を)改善していきたい」との抱負を述べていた[3]。また、JFAではアスリート委員に加えて、「SDGs推進チーム」のメンバーにも迎えられている[24]
  • 俳優デビュー作の『孤狼の血 LEVEL2』では、台詞こそないものの、現役のサッカー選手時代なら足を踏み入れただけでスキャンダルに発展しかねないような賭場で真剣勝負に臨む客を演じた。本人によれば、世話になっているサッカー関係者と紀伊宗之(東映の企画調整部に所属する映画プロデューサー)が幼なじみだった縁で、同社が製作する実写映画への出演を現役を引退する直前(2019年の夏)から打診。『孤狼の血 LEVEL2』への出演が決まってからは、鈴木亮平松坂桃李渋川清彦早乙女太一杉田雷麟といった本職の俳優陣と共に、広島県呉市で2020年の秋に撮影へ臨んだ。ほぼ1日にわたった出演シーンの撮影後には、「(ガンバ時代に)18歳で何も分からずにJリーグ(公式戦)へのデビューを果たした時と同じような感覚を、41歳(撮影の時点)になって映画で味わえたのは本当に幸せで、要領が何も分からなくても2度とない(はずの)デビューを2度経験できたことは貴重だった」と述懐している[25]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1998 G大阪 29 J 13 2 4 1 1 0 18 3
1999 18 J1 21 1 2 0 2 0 25 1
2000 札幌 11 J2 30 15 1 0 1 1 32 16
2001 J1 27 9 1 0 1 0 29 9
2002 神戸 13 26 4 5 0 0 0 31 4
2003 27 7 6 0 3 1 36 8
2004 28 17 5 3 1 0 34 20
2005 18 2 6 0 0 0 24 2
2006 G大阪 11 30 16 2 0 4 1 36 17
2007 31 9 10 2 4 2 45 13
2008 15 1 1 0 5 1 21 2
2009 21 2 2 0 3 1 26 3
2010 C大阪 18 5 5 1 3 1 26 7
2011 21 10 1 0 4 2 26 12
2012 17 2 4 1 2 0 23 3
2013 0 0 2 0 - 2 0
鳥栖 9 6 0 - 1 1 7 1
2014 5 0 4 2 0 0 9 2
2015 大宮 11 J2 22 5 - 3 1 25 6
2016 J1 1 0 0 0 2 0 3 0
2017 0 0 3 1 0 0 3 1
2018 琉球 J3 19 2 - 1 0 20 2
通算 日本 J1 325 87 63 11 36 10 424 108
日本 J2 52 20 1 0 4 2 57 22
日本 J3 19 2 - 1 0 20 2
総通算 396 109 64 11 38 11 501 132

その他の公式戦

  • 2006年
  • 2007年
    • スーパーカップ 1試合0得点
  • 2009年
    • スーパーカップ 1試合0得点
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2006 G大阪 11 6 1 -
2008 7 2 3 0
2009 4 0 -
2011 C大阪 3 1 -
通算 AFC 20 4 3 0

その他の国際公式戦

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪
大宮アルディージャ
FC琉球

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 7試合 2得点 (2006年 - 2008年)


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2006 2 2
2007 1 0
2008 4 0
通算 7 2

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 スタジアム 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2006年10月11日 インドの旗バンガロール バンガロール・スタジアム インドの旗 インド ○ 3-0 AFCアジアカップ2007予選
2.

出演番組[編集]

現役引退後のレギュラー番組のみ記載

  • 征平・吉弥の土曜も全開!!朝日放送ラジオ
    • 「えらいこっちゃサッカー」(2020年4月2日から9月26日まで放送されたコーナー)を中心に出演。出演時のキャッチフレーズは「バンバンバンバン播戸竜二です」で、当初は同コーナーにのみ電話で出演していた。後にスタジオへ随時登場。登場日のスケジュールによっては、後続のリスナー投稿企画「お怒り体験!アングリーバボー」まで同席することがあった。
  • Jリーグ中継
    • DAZN制作分では2020年7月から[27]NHK制作分では同年9月から、一部のカードで解説を担当。
  • JリーグタイムNHK BS1)- 2020年8月29日放送分から解説者として出演
  • DMMほけんpresents 播戸竜二のバン!バン!バン!(朝日放送ラジオ、2021年4月3日から毎週土曜日の12:30 - 13:00に放送) - 自身初の冠番組で、現役時代から意識してきた「セカンドキャリア」を主なテーマに、サッカー関係者をゲストに招いている。

出演CM[編集]

いずれも、ガンバ大阪の現役選手時代に出演。

出演映画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “理事、監事、特任理事内定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2022年2月28日), https://aboutj.jleague.jp/corporate/release/25082/ 2022年3月16日閲覧。 
  2. ^ 琴丘高校時代の同期に増川隆洋がいる。
  3. ^ a b c d “J特任理事就任の播戸竜二さん 率直意見に期待大” (プレスリリース), 日刊スポーツ, (2020年5月30日), https://www.nikkansports.com/soccer/column/writers/news/202005310000430.html 2020年6月1日閲覧。 
  4. ^ 「一つの決断をしました」播戸竜二が現役引退!“1日契約”の古巣復帰でファンに報告”. ゲキサカ (2019年9月14日). 2021年5月30日閲覧。
  5. ^ 播戸竜二 OFFICIAL BLOG: 報告。
  6. ^ FW播戸竜二選手 セレッソ大阪へ完全移籍 ガンバ大阪オフィシャルサイト
  7. ^ ガンバ大阪 播戸竜二選手 移籍加入のお知らせ セレッソ大阪 CEREZO OSAKA OFFICIAL SITE
  8. ^ 播戸竜二 OFFICIAL BLOG: 移籍報告。
  9. ^ 【13/07/26】播戸竜二選手 サガン鳥栖に期限付き移籍のお知らせ セレッソ大阪公式サイト
  10. ^ “【13/07/26】播戸竜二選手 セレッソ大阪より期限付き移籍加入のお知らせ”. サガン鳥栖オフィシャルウェブサイト. (2013年7月26日). http://www.sagantosu.jp/news_detail.asp?c_idx=10001332&contents_code=100100 2013年7月26日閲覧。 。ちなみに、移籍発表の当日夜に長居スタジアムで開催されたマンチェスター・ユナイテッドとセレッソの国際親善試合には、後半の途中から試合終了まで出場している(セレッソ大阪対マンチェスター・ユナイテッド公式記録 を参照)。
  11. ^ “【13/12/30】播戸竜二選手 セレッソ大阪より完全移籍加入のお知らせ”. サガン鳥栖オフィシャルウェブサイト. (2013年12月30日). http://www.sagantosu.jp/news_detail.asp?c_idx=10001712&contents_code=100100 2013年12月30日閲覧。 
  12. ^ “サガン鳥栖 播戸 竜二選手 大宮アルディージャ加入のお知らせ”. 大宮アルディージャオフィシャルウェブサイト. (2015年1月11日). http://www.ardija.co.jp/news/detail/6456.html 2015年1月11日閲覧。 
  13. ^ “播戸竜二 選手 契約満了のお知らせ”. 大宮アルディージャオフィシャルウェブサイト. (2017年12月18日). https://www.ardija.co.jp/news/detail/13760.html 2018年1月22日閲覧。 
  14. ^ “2018シーズン新加入選手のお知らせ”. FC琉球公式サイト. (2018年1月22日). http://fcryukyu.com/news/11377/ 2018年1月22日閲覧。 
  15. ^ “契約満了選手のお知らせ”. FC琉球公式サイト. (2018年12月30日). http://fcryukyu.com/news/15105/ 2018年12月31日閲覧。 
  16. ^ “元日本代表FW播戸、涙の引退表明 今後は経営者目指す「Jリーグであればチェアマン」”. スポーツニッポン. (2019年9月14日). https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/09/14/kiji/20190914s00002000332000c.html 2019年9月14日閲覧。 
  17. ^ “功労選手賞 受賞選手決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年10月24日), https://www.jleague.jp/release/post-61275/ 2019年10月24日閲覧。 
  18. ^ “理事・監事、特任理事選任の件” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年3月12日), https://www.jleague.jp/release/post-63147/ 2020年3月17日閲覧。 
  19. ^ “播戸氏らが新理事に サッカー女子WEリーグ” (プレスリリース), サッカーキング, (2020年5月14日), https://www.soccer-king.jp/news/japan/20200514/1070026.html 2021年4月4日閲覧。 
  20. ^ “播戸氏らが新理事に サッカー女子WEリーグ” (プレスリリース), サンケイスポーツ, (2021年2月5日), https://www.sanspo.com/article/20210205-BYEHBVR3VVILRNPDDJ2ZHE2BKQ/ 2021年4月4日閲覧。 
  21. ^ ハンソデバンド根性の鼻差V/共同通信杯 日刊スポーツ2010年2月8日記事
  22. ^ “株式会社ミスタートゥエルブと株式会社イミオが業務提携 MR12が「sfida sports park」プロデュース~サッカー選手のセカンドキャリアを見据えた事業展開を目指す~” (プレスリリース), 株式会社イミオ, https://park.sfidasports.com/wp-content/uploads/2016/09/Imio_News-Release_2016-_Mr12-3.pdf 2022年3月16日閲覧。 
  23. ^ “現役のアスリートにより設立されたスポーツマネジメント・コンサルティング会社「MR12」、公式サイトをリニューアルオープン!” (プレスリリース), 株式会社SKIYAKI, (2016年9月15日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000069.000017372.html 2022年3月16日閲覧。 
  24. ^ “日本サッカー協会、「JFA SDGs推進チーム」設置” (プレスリリース), Work Master, (2020年9月11日), https://www.work-master.net/2020197736 2021年4月4日閲覧。 
  25. ^ “サッカー元日本代表播戸竜二氏「孤狼の血」で俳優デビュー 挑戦の心意気は”. 日刊スポーツ. (2021年8月16日). https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/202108160000437.html 2022年3月16日閲覧。 
  26. ^ 9/14(土)明治安田生命J1 第26節 鳥栖戦 播戸 竜二選手と一日契約のお知らせ ガンバ大阪 2019年9月12日
  27. ^ 最初に解説を担当した日(2020年7月11日)に自身のtwitter公式アカウントから発信されたツイート を参照
  28. ^ ガンバ播戸竜二選手(Ryuji Bando)_Panasonic WET剃り LAMDASH CM YouTube

関連項目[編集]

外部リンク[編集]