三浦淳宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三浦 淳宏(淳寛) Football pictogram.svg
名前
愛称 アツ
カタカナ ミウラ アツヒロ
ラテン文字 MIURA Atsuhiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1974年7月24日(42歳)
出身地 大分県大分市
身長 175cm
体重 73kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1998 日本の旗 横浜フリューゲルス 145 (22)
1999-2000 日本の旗 横浜F・マリノス 55 (7)
2001-2004 日本の旗 東京ヴェルディ1969 79 (10)
2005-2007 日本の旗 ヴィッセル神戸 76 (21)
2007-2010 日本の旗 横浜FC 77 (5)
代表歴2
1999-2005 日本の旗 日本 25 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2011年1月10日現在。
2. 2007年12月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

三浦 淳寛(みうら あつひろ、1974年7月24日 - )は、日本の元サッカー選手、サッカー解説者。

埼玉県所沢市出身[1]大分県大分市出身。本名・旧登録名、三浦 淳宏(読みは同じ)。サムデイ所属。

フリーキックの名手であり、日本における無回転フリーキック、ブレ球の先駆者

は元U-21女子日本代表の大竹夕魅

来歴[編集]

プロ入りまで[編集]

埼玉県所沢生まれで、西武ライオンズのファン[2]。子供の頃は野球をやっていてプロ野球選手を目指していた。ポジションは捕手。小学校1年生のときに大分県大分市に引っ越し、小学校3年生からサッカーを始める[1]国見高校時代に攻撃的MFとして活躍。全国高校選手権で優勝2回、ベスト4が1回の実績を残した。国見高校卒業後、青山学院大学入学するも、1994年、大学を中退し、横浜フリューゲルスに入団した。

横浜フリューゲルス時代[編集]

ジーニョセザール・サンパイオエバイールのブラジルトリオや、山口素弘前園真聖楢崎正剛らと共にプレーした。

入団当初は攻撃的MFだったが、左サイドにコンバート後に頭角を表し、レギュラーに定着してからはジーニョ、前園とのコンビでサイドを切り崩していった。1996年1997年1stステージには鹿島アントラーズと壮絶な優勝争いを演じた(1996年は3位、1997年1stステージは2位)。

1998年レシャック新監督の下、攻撃的システム3-4-3を採用したフリューゲルスの中で、三浦は左ウイングを担った。フリューゲルスとして最後の天皇杯に臨み、優勝。合併が発表された10月29日以降、天皇杯優勝までリーグ戦を含めて(9試合)一度も負けることはなかった。天皇杯優勝後にチームの解散を嘆き号泣した。

横浜F・マリノス時代[編集]

1999年、フリューゲルスとの合併で誕生した横浜F・マリノスにスライド加入。同年に日本代表に初選出され、6月6日ペルー戦で代表デビュー。2000年には、楢崎正剛森岡隆三らと共にオーバーエイジとしてシドニーオリンピックに出場し、メキシコシティオリンピック以来32年ぶりに決勝トーナメントに進出する。

東京ヴェルディ1969時代[編集]

2001年東京ヴェルディ1969に移籍。東京スタジアム(現:味の素スタジアム)のこけら落としとなったJリーグ開幕戦「東京ダービー」で直接フリーキックを“ブレ球”にて決め、スタジアムの第1号得点者となった。東京V移籍当初は中盤の右サイドであったが、左SBにコンバートされた。

2003年よりジーコジャパンに選出され、三都主アレサンドロのサブとして4バックの左SBでプレー。しかし代表に参加している間に、ヴェルディではポジションを争っていた相馬崇人が左SBで結果を残し、2004年にはオズワルド・アルディレス監督の「代表招集でクラブの練習に出られない三浦より、常にクラブにいる相馬を使う」という方針で相馬に完全にポジションを奪われることになった。そのため日本代表選手がクラブでは控えという妙な立場に立たされるが、「いつか自分が必要とされるときが来る」と信じて、腐ることはなく練習に打ち込んだ。

ヴィッセル神戸時代[編集]

2005年、新しいチームの柱を探していたヴィッセル神戸の誘いにより移籍する。開幕当初は本職の左サイドハーフとしてプレーしていたが、エメルソン・レオンが新監督に就任すると、ポジションをより攻撃的なトップ下に移した。シーズン途中に三浦知良に代わりチームキャプテンに就任。しかし、シーズン中盤は足首の故障などで、欠場や出場時間を制限してのプレーを余儀なくされ、チームの順位は2度の監督交代も迷走に終わり、最下位を独走してシーズンは終了、J2に降格する。

シーズン終了後は、大分トリニータへの移籍が噂されたが、「(J2降格について)自分に責任をすごく感じてたし、(チームを見捨ててJ1チームに移籍することは)このまま男として絶対にできなかった。」と他の主力選手達より、いち早く神戸残留を表明。翌年開催のドイツワールドカップの現役日本代表候補であり、チームキャプテンでもある三浦の決断が他の選手達に与える影響は計り知れなく、神戸は一部の選手を除いたほとんどの主力選手が「一年でJ1復帰」を合言葉にチームに残留する。

その後は代表に呼ばれることはなくドイツW杯出場は叶わなかったが、2006年横浜FC柏レイソル、神戸の3強によるJ1昇格争いは3チームとも最終節まで勝ち点差2の状態で自動昇格を争った。2位で迎えた最終戦、勝てば自動昇格が決まるベガルタ仙台戦で三浦は退場し、チームも敗北。3位柏に逆転で2位の座を奪われ神戸は3位となり、J1・16位のアビスパ福岡とのJ1・J2入れ替え戦に回ることとなった。三浦は最終節の退場の影響で入れ替え戦の第1戦には出場できなかったが、入れ替え戦の結果、神戸が悲願の1年でのJ1復帰を達成し、試合後、三浦の男泣きする姿は多くのファンの感動を誘った。その後、三浦は「生涯神戸宣言」を誓った。神戸に移籍してわずか2年、この時点で三浦淳宏の存在は、すでにヴィッセル神戸の歴史に名を刻む存在になっていた。

2007年、J1復帰した開幕直後の3月11日、川崎戦で相手選手からスライディングを受け左足小指を骨折、全治1か月となり欠場が続く。その後チーム練習に復帰したが、松田監督は三浦の復帰に慎重な姿勢を取った。6月3日にサテライトでの名古屋戦後(この試合でもベンチには入っていたが、三浦の出場はなかった。)の囲み取材で、三浦が記者に監督批判(三浦本人はしていないと主張している)をしたとして、10日間の謹慎処分を受け、キャプテンを辞任した。その後、クラブハウスで松田監督との話し合いが持たれたが事態は好転せず、三浦は降格から昇格と2年半苦楽を共にした、神戸のサポーターと直接別れのあいさつする機会もないまま、6月26日に退団が決定した。その後、「J1クラブへの移籍は認めない」という神戸側の意向によりJ2のアビスパ福岡への移籍が有力視されていたが、あくまでJ1クラブでのプレーを熱望した三浦は拒否した。

横浜FC時代[編集]

2007年8月12日、古巣とも言える横浜FCへの移籍が発表される。ただし、移籍時の契約で、同年10月20日に行われた古巣の神戸戦には出場できなかった[3]。この試合で横浜FCは0-3と大敗しJ2に降格する。2008年はJ1昇格を目指すチームの中で左サイドバック、ボランチ、攻撃的MFとしてプレーした。2008年に個人目標として「2m」を掲げた[4]2009年シーズンは序盤はレギュラーとしてほぼ全ての試合に出場していたが、6月に負傷し戦線を離脱。秋には復帰し第50節のコンサドーレ札幌戦では長距離の直接フリーキックを決めた。2010年、10月までの出場は2回、計15分の出場に留まった。同年11月、横浜FCから戦力外通告を受けた。

2011年4月4日、自身のブログで現役引退を発表。引退後は、指導者として第2の人生を歩むべく、日本サッカー協会指導者ライセンス取得を目指す。

引退後[編集]

引退後は三浦 淳寛という名義で、サッカー解説者としても活動。宮澤ミシェル福西崇史らが在籍しているサムデイと所属契約をした。2012年ロンドンオリンピックでは、ジャパンコンソーシアムの解説者として、長谷川健太宮本恒靖・福西とともに男女サッカーの中継へ出演している。またフジテレビ系列「すぽると!」(2014年まで主として土曜)やテレビ東京系列「FOOT×BRAIN」などにも出演。2015年からはTBS系列「スーパーサッカー」にも出演。

プレースタイル[編集]

プロでは主に左アウトサイドの選手であったが、小学生から大学生時代にかけて、センターフォワードウイングをこなしたこともあり、右アウトサイド、左サイドバック、トップ下、ボランチ、フォワードと数多くのポジションをこなすことができる。右利きであるが、ディエゴ・マラドーナにあこがれて子供のころから左足も練習した[5]

強肩を武器にしたロングスローを得意とした他、フリーキックも得意としており、独特の回転がかかった鋭く落ちるフリーキック、そして“無回転”の「バイスボール(本人命名)」は、テレビで「世界で自分にしか蹴れない」と自負していた。

JリーグDivision1で直接フリーキックを決めたのは15得点。2013年10月27日中村俊輔に抜かれるまで、最多得点記録を保持していた。

代表では、唯一のゴールをコパ・アメリカ1999ペルー戦の直接フリーキックで記録しているが、中村俊輔アレックスが蹴ることが多く、国際Aマッチではほとんど蹴る機会がなかった。

ドイツW杯・アジア予選ではサブ組ではあったが、練習でもチームを盛り上げ、裏からジーコジャパンを支え続けた。アジア最終予選・バーレーン戦前の合宿中に行われた選手間ミーティング(通称「アブダビの夜」[6])で「みんな本当にW杯へ行きたいのか。おれは年齢的にも最後だし、出たい」と熱く語り、ワールドカップ出場権獲得につなげた[7]。しかし本大会のメンバーには選出されなかった。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ルヴァン杯 天皇杯 期間通算
1995 横浜F - J 51 6 - 2 1 53 7
1996 - 30 3 14 0 2 0 46 3
1997 6 32 3 10 1 5 2 47 6
1998 32 10 3 2 5 0 40 12
1999 横浜FM 9 J1 29 2 6 0 3 0 38 2
2000 26 5 3 0 1 0 30 5
2001 東京V 6 22 3 2 0 0 0 24 3
2002 8 1 0 0 0 0 8 1
2003 26 2 4 1 3 0 33 3
2004 23 4 0 0 1 0 24 4
2005 神戸 17 25 6 0 0 2 0 27 6
2006 J2 46 15 - 0 0 46 15
2007 J1 5 0 1 0 - 6 0
横浜FC 39 9 0 - 1 0 15 0
2008 17 J2 37 2 - 2 0 39 2
2009 24 3 - 1 0 25 3
2010 2 0 - 0 0 2 0
通算 日本 J1 318 45 43 4 25 3 391 52
日本 J2 109 20 - 3 0 112 20
総通算 427 65 43 4 28 3 498 72

その他の公式戦

個人タイトル[編集]

個人記録[編集]

  • Jリーグ通算300試合出場達成

代表歴[編集]

出場大会
試合数
  • 国際Aマッチ 25試合 1得点 (1999年 - 2005年)


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1999 5 1
2000 8 0
2001 3 0
2002 0 0
2003 1 0
2004 6 0
2005 2 0
通算 25 1

出演[編集]

テレビ番組[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 【スペシャルインタビュー Vol.26】ヴィッセル神戸:三浦淳宏選手
  2. ^ サッカー元日本代表・三浦淳宏さんへのインタビュー:スクスクのっぽくん
  3. ^ 神戸サポーターへの配慮と思われるが、世界的に見れば古巣クラブとの対戦時に出場を自粛することは珍しいことではない。
  4. ^ 本人曰く「相手を抜くのも相手からボールを奪うのも2mの瞬間的な速さ次第」とのこと。[要出典]
  5. ^ 解説者の素顔「三浦淳寛編」
  6. ^ アブダビの夜 W杯へ激論 - ニッポン人脈記 asahi.com、2006年11月07日発行
  7. ^ 闘莉王が本田らに喝! 選手ら夜の大激論” (2010年6月4日). 2010年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月17日閲覧。

外部リンク[編集]