金崎夢生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金崎 夢生 Football pictogram.svg
Mu Kanazaki FCN 2013.jpg
名前
愛称 ムー、Mu
カタカナ カナザキ ムウ
ラテン文字 KANAZAKI Mu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-02-16) 1989年2月16日(27歳)
出身地 三重県津市
身長 180cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 鹿島アントラーズ
ポジション FW (CF, WG) / MF (SH, CH)
背番号 33
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2009 日本の旗 大分トリニータ 82 (7)
2010-2012 日本の旗 名古屋グランパス 69 (9)
2013 ドイツの旗 ニュルンベルク 4 (0)
2013-2016 ポルトガルの旗 ポルティモネンセ 49 (16)
2015 日本の旗 鹿島アントラーズ (loan) 27 (9)
2016- 日本の旗 鹿島アントラーズ 30 (10)
代表歴2
2009-2016 日本の旗 日本 10 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月3日現在。
2. 2016年6月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

金崎 夢生(かなざき むう、1989年2月16日 - )は、三重県津市出身のプロサッカー選手Jリーグ鹿島アントラーズ所属。元日本代表。ポジションはフォワードミッドフィールダー

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

三重県津市安濃町に生まれる。歴史好きであった母親がムー大陸に因んで「夢生」と名付けた[1]。小学校2年生からフットサルを始め、5年生時には全日本少年フットサル大会で3位に入賞するなど、全国的に知られた選手であった[2]

サッカーを始めたのは中学校入学後、3年生時には県大会で3位に入賞した[2]。卒業後は滝川第二高等学校へ進学。高円宮杯全日本ユースサッカー選手権大会では2年生時に3位、3年生時に優勝の成績をおさめた[2]。同期に橘章斗がいる。2007年、大分トリニータに加入。

大分トリニータ[編集]

加入直後の2007年から中盤の全てをこなせる万能型ミッドフィールダーとして期待されていた[3]が、中盤のレギュラーに割って入ることができずポジション獲得はならなかった。しかし、「スーパーサブ」として重用され、新人ながら18試合に出場した。11月には香川真司の代役としてU-18日本代表にも選出され、攻撃陣を牽引した[4]

2008年には梅崎司が移籍したものの、家長昭博がレンタル移籍で加入し、レギュラーポジションの獲得は厳しいものと思われた。しかし、練習の最中に家長が全治6か月の重傷を負い、その代役としてトップ下のポジションを確保し、リーグ戦全試合に出場した。11月のAFC U-19選手権への日本代表選出も予定されていたが、チーム事情からナビスコカップ決勝優先の判断がされたため選出はされなかった[4]。ナビスコカップではチームを優勝に導き、金崎自身もニューヒーロー賞を獲得した。リーグ戦もチーム最高の4位で終え、これらの活躍を評価されて複数の移籍オファーを受けたが、大分残留を決めた。

2009年は開幕前に復帰した家長とレギュラー争いを繰り広げた[5]が、開幕スタメンを勝ち取った。しかし、チームはリーグ戦14連敗を喫する不振に陥りJ2に降格した。金崎はリーグ戦30試合に出場したものの1得点に留まった。J2降格が決定したことに加えてチームが深刻な経営難にあることが発覚し、経営改善のために主力選手の放出に踏み切り、金崎も移籍することを選択した。国内5クラブからオファーを受け、その中から前年もオファーを送っていた名古屋グランパスエイトを選択、12月16日、両チームから完全移籍が発表された[6]

名古屋グランパス[編集]

2010年、背番号は大分でルーキーシーズンにつけていた25に決まった。4-3-3の右ウィングで起用され、開幕戦から得点に絡む活躍を見せた。2012年に名古屋を契約満了で退団。

1.FCニュルンベルク[編集]

2013年1月30日、大分時代のチームメイトである清武弘嗣が所属するドイツ・ブンデスリーガ1.FCニュルンベルクと1年半契約を結んだ[7]。ニュルンベルクでの登録名はムウ。しかし、移籍1年目は出場機会に恵まれなかった。2013年6月16日、国立競技場で開催された東日本大震災復興支援 2013Jリーグスペシャルマッチにゲストプレイヤーとして出場し、決勝点を決めた。

ポルティモネンセSC[編集]

2013年9月2日、ニュルンベルクとの契約を解除し、セグンダ・リーガ(ポルトガル2部)のポルティモネンセSCへ移籍[8]。 2013-2014シーズンのセグンダ・リーガで7得点を記録した。

鹿島アントラーズ[編集]

2015年2月9日、鹿島アントラーズへ期限付き移籍した[9][10]。3月14日のJ1第2節・湘南戦で3年ぶりの復帰ゴールを挙げた。4月3日のJ1第4節・鳥栖戦にて、相手DFの金敏赫に顔面をスパイクで踏みつけられる惨事にあう[11] が、金崎に大事にはいたらなかった。後日、4月9日に鹿島のクラブハウスに訪れた金の謝罪をトニーニョ・セレーゾ監督とともに受け入れた。同チームの石井正忠監督就任後は1トップでも2トップでもFWとしての起用が多くなっている。10月31日、ナビスコカップ決勝のG大阪戦では2トップの一角に入り、1得点を挙げるなどのプレーで優勝に貢献した。12月21日のJリーグアウォーズJリーグベストイレブンを初受賞した[12]

鹿島からは慰留を受けていたが、強い欧州志向からこれを拒否[13][14]2016年1月14日、期限付き満了に伴い鹿島からポルティモネンセSCへ復帰する事が決定し、背番号96を着けて試合にも出場した[15]。ポルティモネンセから欧州クラブへの移籍を模索したが[16]自身が納得できるオファーが届かなかったことから[17]、鹿島アントラーズの再オファーに応じ、2月12日に同クラブへの完全移籍で基本合意したことを発表。僅か1カ月でJリーグに復帰することになった。復帰後もチームの主力としてプレーし、6月14日には5月の月間MVPを受賞する[18]などの活躍をしたが、8月20日の湘南戦で、途中交代させられた事に激昂し、石井監督との握手を拒否するなど反抗的な態度をとった[19]。翌日、クラブから呼ばれ厳重注意を受け、監督ならびに選手に謝罪した[20]。騒動後の公式戦ではなかなか得点が奪えなかったが、9月25日のJ1 2nd第13節の新潟戦で、自身初のリーグ戦2桁得点を達成した。11月23日、チャンピオンシップ準決勝の川崎フロンターレ戦では決勝ゴールを決めて勝利に貢献した。12月3日、決勝第2戦の浦和レッズ戦では2得点をあげる活躍でJ1リーグ優勝に貢献、チャンピオンシップMVPを獲得。

日本代表[編集]

2009年1月20日、AFCアジアカップ2011予選イエメン代表戦で後半42分に香川真司と交代で初出場。

2015年11月5日、約5年ぶりに選出。代表通算6試合目となる同月12日の2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選シンガポール戦にて、1トップ(センターFW)の位置でスタメン起用されフル出場し、代表初得点を決めた。

2016年3月24日には同予選・アフガニスタン戦で、高校の先輩である岡崎慎司との初のアベック弾を決めた。しかし、8月25日に発表された同最終予選のUAE戦とタイ戦のメンバー選考の際、前述の8月20日の試合で取った行為を代表監督のヴァヒド・ハリルホジッチに「彼の態度は受け入れがたい」と問題視され、日本代表から追放された[21]

プレースタイル[編集]

万能型ストライカー[22]。元々中盤の選手だけにフットサル仕込みの技術に優れていたこと[23]に加えてトップを務める完璧な能力を持ち合わせており、FWとしての才能が開花した。相手チームのセンターバックとバトルを繰り返し、体を張ったポストプレーでボールを収め、最終ラインの裏へ泥臭く抜け出す。貪欲なまでにゴールを狙う強靱なメンタルでチームを鼓舞し牽引。2015年のリーグ戦でチーム2位の9ゴール、ナビスコ杯では5試合5ゴールを量産し、金崎は所属の鹿島アントラーズで絶対的な存在となった[24]

前述のナビスコ杯決勝でのヘディングでの得点や、11月12日のW杯アジア2次予選・対シンガポール戦で左足ボレーでゴール右上隅に決めるという難度の高いゴールだけでなく、力強いドリブル突破から左足ミドル、長谷部誠の右クロスに右足ボレーで合わせるなど頭、左右両足距離を問わず積極的にゴールを狙う様々なシュートパターンを持つ。

大分時代のチームメイトの日本代表GK西川周作は「縦に速くパワーもありキープ力もある」と評した[25]。日本代表のハリルホジッチ監督も金崎を「真ん中だけでなく、たくさんのところに動いてくれる。体の大きさはそこまでないが、デュエルの中でボールをプロテクトしながらスピードも使えるし、戦う意識もある。ヘディングもうまい」と評価している[26]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2007 大分 25 J1 18 2 4 1 1 0 23 3
2008 8 34 4 9 0 0 0 43 4
2009 30 1 3 1 2 3 35 5
2010 名古屋 25 25 4 3 0 2 0 30 4
2011 12 0 2 1 4 0 18 1
2012 32 5 1 0 4 1 37 6
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 DFBポカール 期間通算
2012-13 ニュルンベルク 28 ブンデス1部 4 0 - - 4 0
ポルトガル リーグ戦 リーグ杯 ポルトガル杯 期間通算
2013-14 ポルティモネンセ 90 ポルトガル2部 30 7 1 0 2 0 33 7
2014-15 10 17 9 3 1 0 0 20 10
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2015 鹿島 33 J1 27 9 5 5 0 0 32 14
ポルトガル リーグ戦 リーグ杯 ポルトガル杯 期間通算
2015-16 ポルティモネンセ 96 ポルトガル2部 2 0 - 2 0 4 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2016 鹿島 33 J1 30 10 0 0
通算 日本 J1 208 35 27 8 13 4 248 47
ドイツ ブンデス1部 4 0 - 0 0 4 0
ポルトガル ポルトガル2部 49 16 4 1 4 0 57 17
総通算 261 51 31 9 17 4 309 64

その他の国内公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2011 名古屋 25 4 3 -
2012 7 1 -
2015 鹿島 33 4 1 -
2016 -
通算 AFC 15 5

その他の国際公式戦

出場歴

タイトル[編集]

クラブ[編集]

日本の旗 大分トリニータ
日本の旗 名古屋グランパス
日本の旗 鹿島アントラーズ

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 10試合 2得点 (2009年 - )


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2009 1 0
2010 4 0
2015 1 1
2016 4 1
通算 10 2

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2015年11月12日 シンガポール、カラン シンガポールの旗 シンガポール ○3-0 2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選
2. 2016年3月24日 日本、 埼玉 アフガニスタンの旗 アフガニスタン  ○5-0

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 異色の経歴を持つ金崎夢生。サッカーとフットサルを並行していたジュニア時代 フットボールチャンネル 2015年11月16日
  2. ^ a b c サポティスタ (2009年12月13日). “大分の金崎夢生が名古屋に移籍”. 2010年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月12日閲覧。
  3. ^ 日刊スポーツ (2006年10月22日). “大分、滝川二MF金崎と仮契約”. 2009年12月19日閲覧。
  4. ^ a b 元川悦子 (2008年10月21日). “【Jリーグ】金崎夢生のナビスコカップ決勝出場に思う”. 元川悦子コラム. J SPORTS. 2010年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月12日閲覧。
  5. ^ 日刊スポーツ (2009年2月1日). “金崎vs家長! 大分司令塔争いぼっ発”. 2010年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月19日閲覧。
  6. ^ 大分トリニータ (2008年12月16日). “金崎夢生選手 名古屋グランパスへの移籍合意のお知らせ”. 2010年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月12日閲覧。
  7. ^ Goal.com (2013年1月30日). “金崎のニュルンベルク加入が決定、清武とチームメートに”. 2013年1月30日閲覧。
  8. ^ 1.FCニュルンベルク (2013年9月2日). “Mu Kanazaki verlässt den Club”. 2013年9月3日閲覧。
  9. ^ 日刊スポーツ (2015年2月9日). “金崎夢生が鹿島に期限付き移籍へ”. 2015年2月9日閲覧。
  10. ^ 金崎 夢生選手が期限付き移籍で加入 鹿島アントラーズ 2015年2月10日
  11. ^ [1]
  12. ^ 金崎選手 ベストイレブン受賞のお知らせ 鹿島アントラーズ (2015年12月21日 閲覧)
  13. ^ 鹿島、金崎の引き留めに難航…本人の欧州志向強く 日刊スポーツ (2016年1月12日)
  14. ^ 金崎 ポルトガル復帰! 欧州でのプレー熱望で鹿島“残留”困難に スポーツニッポン (2016年1月13日)
  15. ^ ポルティモネンセがJ1ベストイレブン選出の金崎の復帰を発表 Goal.com 2016年1月15日
  16. ^ 金崎、欧州クラブ移籍模索も実現せず…鹿島が完全移籍で獲得 スポーツニッポン (2016年2月13日)
  17. ^ 金崎、完全移籍で鹿島復帰 納得オファー届かず急転 日刊スポーツ (2016年2月13日)
  18. ^ 金崎選手、5月のJ1月間MVP受賞鹿島アントラーズ (2016年6月14日 閲覧)
  19. ^ 鹿島金崎、途中交代に激高 石井監督と握手拒否 日刊スポーツ 2016年8月20日
  20. ^ 木下淳 鹿島石井監督心労ダウン 金崎ショックか 帰宅静養 日刊スポーツ 2016.8.27付記事
  21. ^ 金崎落選にハリル監督「彼の態度が受け入れがたい」 日刊スポーツ 2016年8月25日
  22. ^ ACL組を尻目に首位争いの鹿島。注目は「総合型」FWの金崎夢生の成長か J SPORTS
  23. ^ 異色の経歴を持つ金崎夢生。サッカーとフットサルを並行していたジュニア時代 フットボールチャンネル
  24. ^ 金崎が5年ぶり代表復帰戦で見せた新たな姿。心技体が完璧なハーモニーを奏でた鹿島での日々 Livedoor ニュース
  25. ^ 指揮官絶賛、元同僚も驚嘆…ハリルJ初出場の金崎が“一発回答弾” ゲキサカ
  26. ^ ハリルJが国内組11人で始動…5年ぶり復帰の金崎「鹿島のみんなに感謝」 ゲキサカ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]