乾貴士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
乾 貴士 Football pictogram.svg
Takashi Inui IAA September 2013.JPG
アイントラハト・フランクフルトでの乾
名前
本名 乾 貴士
愛称 タカシ
カタカナ イヌイ タカシ
ラテン文字 INUI Takashi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1988年6月2日(27歳)
出身地 滋賀県近江八幡市
身長 169cm
体重 63kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 SDエイバル
ポジション MF(OH, SH) / FW(ST)
背番号 未定
利き足
ユース
1995-2004 日本の旗 セゾンフットボールクラブ
2004-2006 日本の旗 野洲高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2009 日本の旗 横浜F・マリノス 7 (0)
2008 日本の旗 セレッソ大阪 (loan) 20 (6)
2009-2011 日本の旗 セレッソ大阪 94 (29)
2011-2012 ドイツの旗 ボーフム 30 (7)
2012-2015 ドイツの旗 フランクフルト 74 (7)
2015- スペインの旗 エイバル
代表歴2
2006  日本 U-21 2 (0)
2009- 日本の旗 日本 19 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年5月25日現在。
2. 2015年3月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

乾 貴士(いぬい たかし、1988年6月2日 - )は、滋賀県近江八幡市出身のプロサッカー選手リーガ・エスパニョーラSDエイバル所属。ポジションはミッドフィールダーフォワード日本代表

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

小中学生時代に地元滋賀県のセゾンフットボールクラブに所属していた。

2004年滋賀県立野洲高等学校に進学。2年生で左ウイングのレギュラーをつかみ、一学年上の楠神順平青木孝太や同級生の田中雄大らとともに、2005年度の第84回全国高等学校サッカー選手権大会に出場、大会優勝を経験した。

翌年はU-21日本代表に選出されて2試合に途中出場した。連覇を目指した選手権大会では、直前にスパイクを盗まれる事件に巻き込まれながらも[1]2得点を挙げた。しかし、チームは3回戦敗退を喫した。

Jリーグ時代[編集]

2007年横浜F・マリノスへ入団。J1第2節・対横浜FC戦でプロデビューを果たしたものの、以降は横浜FMの厚い選手層に阻まれ、なかなか出場機会を得られなかった。このため、2008年6月からセレッソ大阪へ期限付き移籍し、香川真司と息の合ったプレーを披露。チームはJ1昇格はならなかったが、シーズン終了後に活躍を認められセレッソ大阪に完全移籍。

2009年1月20日、アジアカップ・カタール大会の予選、イエメン戦で金崎夢生とともにA代表デビュー。

2009年5月23日のJ2第17節アビスパ福岡戦や、同年11月8日のザスパ草津戦で、1試合4得点(ハットトリック)を決め、チームの4年ぶりのJ1昇格に貢献した。

ブンデスリーガ時代[編集]

2011年8月1日、ドイツ2部VfLボーフムに完全移籍[2]。11年8月から14年6月末までの3年契約で、ボーフム側に1年の延長オプション付き。代理人は長谷部誠香川真司らと同じトーマス・クロート。8月12日のFCザンクトパウリ戦にトップ下で先発出場。以後レギュラーに定着し、リーグ戦30試合に出場し、チームトップの7得点を記録するもチームは低迷し、1部昇格を逃した。

2012年6月25日、ドイツ1部に1年ぶりに昇格するアイントラハト・フランクフルトへの完全移籍の合意が、両チームから公式発表された。9月16日、ホームのハンブルガーSV戦でブンデスリーガ初ゴールを決めた[3]。その後2試合でもゴールを決め、3試合連続ゴールを達成した。最終的に2012-13シーズンのブンデスリーガ所属の日本人選手最多となる6ゴールを挙げる活躍を見せ、チームのヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献した。

2013-14シーズンは、序盤こそ出場機会があったが、徐々に出番が減り第28節以降は出場機会がなく、最終的にリーグ戦では無得点に終わった。

2014年11月14日、約1年ぶりの代表復帰となったキリンチャレンジカップホンジュラス戦で代表初得点を決めた。2014-15シーズンは、リーグ戦の得点は1点に留まったが、シーズン通して出場機会は確保した。

リーガ・エスパニョーラ時代[編集]

2015年8月27日、リーガ・エスパニョーラSDエイバルへ完全移籍。乾の念願だったというスペインでのプレーが実現することになった[4]。                                         

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2007 横浜FM 19 J1 7 0 3 0 0 0 10 0
2008 0 0 3 0 - 3 0
C大阪 31 J2 20 6 - 2 0 22 6
2009 7 47 20 - 1 1 48 21
2010 J1 33 4 6 0 2 1 41 5
2011 14 5 - - 14 5
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 DFBポカール 期間通算
2011-12 ボーフム 11 ブンデス2部 30 7 - 2 0 32 7
2012-13 フランクフルト 8 ブンデス1部 33 6 - 1 0 34 6
2013-14 14 0 - 2 1 16 1
2014-15 27 1 - 2 0 29 1
通算 日本 J1 54 9 12 0 2 1 68 10
日本 J2 67 26 - 3 1 70 27
ドイツ ブンデス1部 74 7 - 5 1 29 8
ドイツ ブンデス2部 30 7 - 2 0 32 7
総通算 225 49 12 0 12 3 249 52
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2011 C大阪 7 7 4
UEFA UEFA EL
2013-14 フランクフルト 8 6 1
通算 AFC 7 4
通算 UEFA 6 1

その他の国際公式戦

記録[編集]

受賞歴[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 19試合 2得点 (2009年 - )


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2009 1 0
2010 2 0
2012 3 0
2013 6 0
2014 2 2
2015 5 0
通算 19 2

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2014年11月14日 日本、豊田 ホンジュラスの旗 ホンジュラス ○6-0 キリンチャレンジカップ2014
2.

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2006年12月27日 朝日新聞関西版など[要ページ番号]
  2. ^ 乾 貴士選手の移籍について セレッソ大阪公式HP 2011年7月28日
  3. ^ 監督が乾を絶賛 「見たことがない!」goal.com
  4. ^ 乾貴士「夢だった」スペイン1部エイバルに移籍 nikkansports.com

外部リンク[編集]