金鍾成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
金 鍾成 Football pictogram.svg
名前
愛称 ブッシュマン
カタカナ キム・ジョンソン
ラテン文字 KIM Jong-Song
チョソングル 김 종성
基本情報
国籍 朝鮮
生年月日 (1964-04-23) 1964年4月23日(54歳)
出身地 東京都[1]江東区
身長 183cm
体重 73kg
選手情報
ポジション FW
ユース
1983-1986 朝鮮大学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1987-1994 在日朝鮮蹴球団
1995 ジュビロ磐田 2 (0)
1996 コンサドーレ札幌 20 (4)
1997-1999 在日朝鮮蹴球団
代表歴
朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国 20 (2)
監督歴
2010-2014 朝鮮大学校
2016- FC琉球
1. 国内リーグ戦に限る。2016年2月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

金 鍾成(キム・ジョンソン、1964年4月23日 - )は、東京都出身の元サッカー選手、サッカー指導者。在日朝鮮人。金 成と表記されることもある[2]

サッカー選手の李忠成従甥にあたる[2]

来歴[編集]

東京朝鮮第二初中級学校東京朝鮮中高級学校(高級部)朝鮮大学校(歴史地理学部)を卒業後、在日朝鮮蹴球団でプレー。その間、朝鮮代表として1990 FIFAワールドカップ・アジア予選などに国際Aマッチ20試合に出場した(2得点)[1]

その後、日本代表監督として対戦した際に金を高く評価していたハンス・オフト監督に誘われて1995年ジュビロ磐田に移籍した。朝鮮代表選手としては初のJリーグ入りとなったが、サルバトーレ・スキラッチ中山雅史などが在籍した磐田での出場は負傷も重なって2試合に留まった。

1996年にコンサドーレ札幌 (現:北海道コンサドーレ札幌) でプレーし、JFLリーグ戦20試合で4ゴールを挙げた。1997年に在日朝鮮蹴球団に復帰し、選手兼任コーチとなり、1998年に現役を引退した。

その後は指導者に転身して、朝鮮大学校サッカー部、セレッソ大阪コーチ、東京朝鮮中高級学校高級部蹴球部監督、朝鮮大学校監督などを歴任。また、2000年にアジアサッカー連盟のB級ライセンス、2011年にJFA 公認S級コーチのライセンスを取得した。

2016年よりFC琉球の監督に就任した[1]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
在日朝鮮蹴球団 - - - -
1995 磐田 - J 2 0 - 0 0 2 0
1996 札幌 45 旧JFL 20 4 - 2 2 22 6
通算 日本 J 2 0 - 0 0 2 0
日本 旧JFL 20 4 - 2 2 22 6
総通算 -

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 20試合 2得点[1]

指導歴[編集]

  • 1997年 - 1999年 在日朝鮮蹴球団:コーチ (*1997-1998は選手兼任)
  • 2000年 - 2001年 朝鮮大学校サッカー部:コーチ[1]
  • 2000年 - 2001年 日本全国の朝鮮学校蹴球部巡回コーチ
  • 2002年 - 2003年 セレッソ大阪:サテライトコーチ・ヘッドコーチ[1]
  • 2004年 - 2009年 東京朝鮮高校サッカー部監督[1]
  • 2010年 - 2014年 朝鮮大学校サッカー部
    • 2010年 - 2012年 監督[1]
    • 2013年 - 2014年 総監督[1]
  • 2012年 - 47FAインストラクター(東京都)[1]
  • 2013年 東京トレセンU-15コーチ[1]
  • 2014年 東京トレセンU-13コーチ[1]
  • 2015年 - FC琉球
    • 2015年 アカデミーダイレクター兼ジュニアユース監督[1]
    • 2016年 - 監督

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa “金 鍾成氏 2016シーズントップチーム監督就任のお知らせ” (プレスリリース), FC琉球, (2015年12月14日), http://fcryukyu.com/news/1917 2016年2月13日閲覧。 
  2. ^ a b 加部究『忠成 生まれ育った日本のために』ゴマブックス、2008年、11頁,30頁

関連項目[編集]