谷口博之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
谷口 博之 Football pictogram.svg
名前
愛称 タニ グッチ
カタカナ タニグチ ヒロユキ
ラテン文字 TANIGUCHI Hiroyuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-06-27) 1985年6月27日(31歳)
出身地 神奈川県横須賀市
身長 182cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 サガン鳥栖
ポジション MF
背番号 29
利き足 右足
ユース

1998-2000
2001-2003
鴨居SC
横浜F・マリノスジュニアユース追浜
横浜F・マリノスユース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2010 川崎フロンターレ 190 (40)
2011-2012 横浜F・マリノス 58 (05)
2013-2014 柏レイソル 8 (00)
2014- サガン鳥栖 94 (08)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

谷口 博之(たにぐち ひろゆき、1985年6月27日 - )は、日本プロサッカー選手Jリーグサガン鳥栖所属。ポジションはミッドフィールダー(ボランチ)。妻はCMモデル・女優の松木里菜

来歴[編集]

神奈川県横須賀市出身。友人の影響でサッカーを始め、小学生の時に地元のサッカー少年団・鴨居SCに入団。中学時代を横浜F・マリノスジュニアユース追浜、高校時代を横浜F・マリノスユースで過ごす。当時はキャプテンも務めていたが、トップチームへの昇格には至らず(この年ユースからの昇格は0人だった)、事前にオファーを受けていた当時J2川崎フロンターレに入団した。

元々は攻撃的な選手だったが入団1年目の2004年ディフェンダーとしてシーズン半ばから起用され、11月23日ヴァンフォーレ甲府戦にてヘディングで初得点を挙げる。

2005年、シーズン序盤にボランチとして抜擢され、そのままレギュラーに定着し25試合に出場。2006年は攻撃面で才能を開花させ、チーム3位の13得点を記録。チームはリーグ戦を2位で終え、谷口は優秀選手賞に輝き、中村憲剛と共に、川崎初のJリーグベストイレブンに選ばれた。また、ナビスコカップでも優れたプレーを見せ「ニューヒーロー賞」を受賞した。

2006年6月に行われたトゥーロン国際大会のU-21日本代表メンバーに選出され、試合に出場。同年11月のドーハ・アジア大会、対U-23パキスタン代表戦では2ゴールを挙げた。2008年には北京オリンピック日本代表に選出。

川崎では2009年までボランチのポジションを確保していたが、2010年は稲本潤一の加入や横山知伸の台頭により、出場機会が減少。出場機会を求めて移籍を志願し、2011年にユース時代の古巣となる横浜F・マリノスに完全移籍。主に小椋祥平とダブルボランチを形成し、出場停止を除くリーグ戦33試合に先発出場した。[1]

2012年、キリンチャレンジカップアイスランド戦に向けた日本代表合宿で金園英学阿部勇樹が負傷離脱したため、追加招集を受けて3年ぶりに代表に復帰[2]
しかし、チームでは富澤清太郎中町公祐の加入や、樋口靖洋監督が攻撃の切り札として起用するようになったこともあり、先発出場が4試合と激減[1]。紅白戦でも、本職であるボランチではなくFWやトップ下を務める機会が増えていった[1]

2013年、出場機会を求め柏レイソルへ完全移籍。しかし、同じボランチに大谷秀和栗澤僚一茨田陽生らが居た事や、自身の負傷による離脱もあり[3]、公式戦出場は13試合に留まった。

2014年サガン鳥栖期限付き移籍[4]。シーズン序盤はボランチとして先発出場し開幕戦ではゴールも挙げるが、第6節以後は試合終盤の守備固め時でのセンターバックもしくはアンカーとして、もしくは攻撃的布陣を敷く場合に2トップの一角として途中投入される機会が多く見られた[5]2015年に鳥栖に完全移籍[6]

人物[編集]

  • 目標とする選手は元アイルランド代表ロイ・キーン[7]
  • 主なポジションはボランチだが、攻撃力を買われて攻撃的MFやFWで出場することもあり、ヘディングの強さを活かして、セットプレー時のターゲットにもなる[1]。柏では、鈴木大輔の負傷もあり、監督であるネルシーニョより、上に強く、ボールを持って組み立て役ができる役割を期待され、3バックのストッパーを務めたこともある[8]
  • 実兄の谷口浩嗣は、横浜光ボクシングジム所属の現役プロボクサー(スーパーフェザー・A級)。
  • 2009年4月6日、CMモデル・女優の松木里菜と入籍[9][10][11]。同年8月、第一子となる男児が誕生。2012年1月24日には、第二子となる女児が誕生[12]。2013年12月6日に第三子となる女児が誕生[13]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2004 川崎 29 J2 11 1 - 2 0 13 1
2005 J1 25 5 4 1 2 0 31 6
2006 33 13 8 0 1 0 42 13
2007 31 2 5 2 3 0 39 4
2008 31 10 4 0 2 1 37 11
2009 32 8 5 0 4 0 41 8
2010 27 1 4 0 3 0 34 1
2011 横浜FM 33 2 5 2 5 1 43 5
2012 25 3 3 0 2 0 30 3
2013 8 0 1 0 0 0 9 0
2014 鳥栖 28 2 4 1 1 1 33 4
2015 33 4 5 0 4 3 42 7
2016 33 2 5 0 3 0 41 2
2017
通算 日本 J1 339 52 53 6 30 6 422 64
日本 J2 11 1 - 2 0 13 1
総通算 350 53 53 6 32 6 435 65
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2007 川崎 29 7 0
2009 9 1
2010 6 2
2013 4 0
通算 AFC 26 3

個人タイトル[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 避けられない別れ -谷口博之の「序列」- 2013 移籍・補強・強化の真相 連載[5] (藤井雅彦)  The Yokohama Express 2013年1月24日付
  2. ^ 金園に続き阿部も離脱…谷口を追加招集へ ゲキサカ 2012年2月21日
  3. ^ 谷口 博之選手の負傷について 2013年8月3日付 柏レイソル公式サイト
  4. ^ 谷口博之選手 柏レイソルより期限付き移籍加入のお知らせ 2014年1月15日付 サガン鳥栖公式サイト
  5. ^ [鳥栖]第5節以来の先発の可能性が高まる谷口博之、「自分では開き直っています」”. BLOGOLA. エルゴラッソ (2014年12月4日). 2015年1月25日閲覧。
  6. ^ “鳥栖 期限付き移籍中のMF谷口が完全移籍”. スポーツニッポン. (2014年12月26日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/12/26/kiji/K20141226009525900.html 2015年1月25日閲覧。 
  7. ^ 川崎時代の選手プロフィール より
  8. ^ 【ヤマザキナビスコカップ:決勝 浦和 vs 柏】ネルシーニョ監督(柏)記者会見コメント [ J's GOAL ](13.11.02)
  9. ^ 松木里菜 Jリーガーと“オメデタ婚”、デイリースポーツ、2009年4月7日
  10. ^ 川崎F・谷口 あのCM美女とできちゃった結婚 スポーツニッポン、2009年4月6日
  11. ^ 松木里菜が川崎F谷口と結婚、妊娠3カ月 日刊スポーツ、2009年4月6日
  12. ^ 谷口博之選手に第二子(女児)誕生
  13. ^ 谷口 博之選手に第3子(次女)誕生

関連項目[編集]

外部リンク[編集]