中村北斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中村 北斗 Football pictogram.svg
名前
愛称 ホクト[1]
カタカナ ナカムラ ホクト
ラテン文字 NAKAMURA Hokuto
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-07-10) 1985年7月10日(33歳)
出身地 長崎県西彼杵郡多良見町[2]
(現:諫早市)
身長 167cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 V・ファーレン長崎
ポジション DF[3] / MF[4]
背番号 14
利き足 右足[5]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2008 アビスパ福岡 105 (11)
2009-2013 FC東京 73 (3)
2014 大宮アルディージャ 20 (0)
2015-2017 アビスパ福岡 51 (3)
2018- V・ファーレン長崎
代表歴
2003-2005  日本 U-18/19/20
2006-2008  日本 U-21/23
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

中村 北斗(なかむら ほくと、1985年7月10日 - )は、日本サッカー選手JリーグV・ファーレン長崎所属。

ポジションはディフェンダー(サイドバック[2][6][7])及びミッドフィールダー(ウイングバック[2]、サイドハーフ[8][2][7]、ボランチ[9][7])。

プロ野球選手中村隼人は実兄[2]

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学3年(8歳)でサッカーを始める[2][5]。当時はFWを務めていた[10]。高校サッカー界の名門、長崎県立国見高等学校へ進学。1年時からレギュラーを獲得する[11]。ここでFWから[2]ボランチにコンバートされ[10]、「エースキラー」として活躍[12]。同期には平山相太兵藤慎剛がいた。在籍中の3年間で全国高校サッカー選手権総体高円宮杯に優勝5回、準優勝2回の成績を残した。高校サッカー選手権の決勝戦に3年連続で先発フル出場しており、この記録を持つのは戦後の高校選手権史上、中村ただ一人である。

アビスパ福岡[編集]

高校卒業後の2004年、当時J2アビスパ福岡に入団[13]

1年目は出場機会を得られなかったが、翌2005年3月5日、J2第1節鳥栖戦で初出場・初先発。同月12日、同2節の水戸戦で初得点(2得点)を挙げた[14]。同年6月には、大熊清監督の下、U-20日本代表としてワールドユース・オランダ大会に参加。右ウイングバックのレギュラーとして4試合にフル出場したが[11]オランダ戦では自身のサイドをクインシー・オウス=アベイエ[15][2]破られ[16]、チームはベスト16で敗退した。福岡でのリーグ戦終盤には主にボランチとして出場を重ね、主力の一人としてチームを牽引[11]。福岡の5年ぶりのJ1昇格に貢献した。

2006年も先発出場を続け、同年のJリーグ優秀新人賞を受賞[17]2008年の北京オリンピック出場を目指すU-21日本代表にも招集されていたが、2006年11月21日の親善試合対U-21韓国戦で相手選手との接触により右膝前十字靭帯を痛め、全治半年の重傷を負った[18][19]。その後、長期のリハビリを経て、2007年7月7日のJ2第26節湘南戦にて公式戦復帰[20]。しかし、先発出場となった同月15日のJ2第28節仙台戦で試合開始早々に[20] 右膝内側半月板を負傷し、全治2ヶ月の重傷で戦線を離脱[21][19]

2008年2月、2度の重傷を乗り越え[22] 実戦復帰[23]。J2第2節水戸戦ではスピードに乗った攻撃でPKを獲得[24]、同7節岐阜戦では得点を挙げるなど復調を印象付け[25][23]、4月、1年5ヶ月ぶりにU-23代表に復帰[23]。代表合宿で好プレーを見せ[16]、翌5月のトゥーロン国際大会参加メンバーに選出されたが[26]、北京オリンピックのメンバーからは外れた。

同年のリーグ戦では38試合に出場[19]。当時、JFAアドバイザーを務めていたイビチャ・オシムは、中村の機動力あふれるプレーを評価し、ヨーロッパトップリーグで通用しうる長所を持つ選手の一人として名前を挙げていた[27]。オフには千葉横浜FMFC東京からオファーを受け[28][19] 争奪となった。2006年以降毎オフ、オファー受けていたが[29]、トゥーロン国際大会以来、J1に在籍する同世代選手との成長の差を痛感し[30][29]退団を決意。

FC東京[編集]

2009年、FC東京に完全移籍[31][4][29]。足首の痛みが長引き[32] 出遅れたが、初のベンチ入りとなったJ1第12節横浜FM戦では、国見高の同期で親友の平山相太のアシストから[33] 移籍後初得点を挙げ、これが決勝点となって勝利[34]。J1では938日ぶりの得点となった[35]

東京移籍当初は守備的なユーティリティープレイヤーとしての起用が目されていたが[36]城福浩監督から強靭な精神力[37] や攻撃意識を[1] 買われ、右サイドMFの石川直宏が負傷離脱したシーズン終盤はサイドアタッカーとしても起用された[38]。直接FKのキッカーも担当し、地元・長崎で行なわれた天皇杯草津戦では無回転のブレ球FKによる直接ゴールを決め[39][40] 勝利に貢献した。

2010年2月22日に入籍[41]。同年7月に左SBを務める長友佑都が退団すると、城福、大熊(9月から就任)両監督から左SBとして先発起用されるようになった[42]。また、右SBの徳永悠平をCBなどへスライドさせる形で右SBに配されることもあった[6]

2012年11月、古傷の右膝痛を抱えながらプレーを続けていたところ[43]、同月J1第32節神戸戦で再び右膝内側半月板を損傷し離脱[44]2013年夏場にかけて復帰し[45]、その後はベンチ入りを続けた[46]。必死の調整を続け[47] 復調を見せていたものの[48][49]、公式戦出場は無いままこの年限りで退団となった。

大宮アルディージャ[編集]

U-20代表やFC東京で指導を受けた大熊からの誘いを受け[7][49]2014年より大宮アルディージャへ完全移籍[3][50]。自身の希望する右SBと[51] 選手層の薄い左SBの[52] 両方に配された。

福岡復帰[編集]

2015年、古巣アビスパ福岡へ完全移籍[53][54]。副将を担った[55]。第38節徳島戦で3季ぶりの得点を挙げると、この試合を含め終盤の5試合で3得点と好調ぶりを見せ[56] チームは8連勝に貢献。J1自動昇格に届かずも、3位でJ1昇格プレーオフ(PO)に臨んだ。PO決勝戦・4位C大阪戦では試合終了間際に同点弾を挙げ、年間順位で上回るチームを5年ぶりのJ1に導いた[57]

V・ファーレン長崎[編集]

2018年より地元のV・ファーレン長崎に加入[58]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2001 国見高 22 - - - 2 0 2 0
2002 8 - - 3 0 3 0
2003 - - 2 0 2 0
2004 福岡 29 J2 0 0 - 0 0 0 0
2005 22 34 4 - 0 0 34 4
2006 J1 30 4 2 0 1 0 33 4
2007 J2 3 0 - 0 0 3 0
2008 14 38 3 - 1 0 39 3
2009 FC東京 J1 10 2 2 0 2 1 14 3
2010 28 0 8 0 2 0 38 0
2011 J2 24 0 - 4 0 28 0
2012 J1 11 1 2 0 0 0 13 1
2013 0 0 0 0 0 0 0 0
2014 大宮 20 0 2 0 1 0 23 0
2015 福岡 22 J2 30 3 - 1 0 31 3
2016 J1 16 0 4 0 1 0 21 0
2017 J2 5 0 - 2 0 7 0
2018 長崎 14 J1
通算 日本 J1 115 7 20 0 7 1 142 8
日本 J2 134 10 - 8 0 142 10
日本 - - 7 0 7 0
総通算 249 17 20 0 22 1 291 18
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2012 FC東京 14 0 0
通算 AFC 0 0
その他の国際公式戦
出場歴

タイトル[編集]

長崎県立国見高等学校
U-18日本代表
アビスパ福岡
  • Jリーグ優秀新人賞 (2006年[17])
  • J1昇格プレーオフ:2015年
FC東京

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『FC東京ファンブック 2010』 アサヒオリジナル2010年、43頁。
  2. ^ a b c d e f g h Humane FOOTBALLER No.1035 中村北斗「『世界』で見せた不屈」”. 2005年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月1日閲覧。 WEBサッカーマガジン (2005年7月13日)
  3. ^ a b 中村北斗選手 大宮アルディージャへ完全移籍のお知らせ FC東京 (2014年1月10日)
  4. ^ a b 中村北斗選手 完全移籍加入決定のお知らせ”. 2012年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月1日閲覧。 FC東京 (2009年1月5日)
  5. ^ a b 『Jリーグ選手名鑑 2014J1・J2・J3エルゴラッソ特別編集』 三栄書房2014年、49頁。
  6. ^ a b 北斗、右SBで“リベンジ”「何もできなかった」大分戦の汚名返上だ 東京中日スポーツ (2011年11月3日)
  7. ^ a b c d 大宮 FC東京DF中村北斗獲得 大熊監督がラブコール スポーツニッポン (2014年1月9日)
  8. ^ 福岡MF北斗、右サイドで「どんどん前に出る」 日刊スポーツ (2008年4月12日)
  9. ^ 福岡北斗&城後WボランチがJ1消滅救う 日刊スポーツ (2008年10月19日)
  10. ^ a b 【スペシャルインタビュー Vol.3】アビスパ福岡:中村北斗選手「J2のレギュラーでは満足できない。J1に昇格し、更に上を目指していきたい」 J's GOAL (2005年8月25日)
  11. ^ a b c 【11.21 日韓国立決戦】クラブのU-21候補ピックアップ! 中村北斗選手 (福岡) J's GOAL (2006年11月21日)
  12. ^ 「孤独なエース」と「味方に生かされたエース」 <準々決勝 国見(長崎)vs 帝京(東京A)> スポーツナビ (2003年1月5日)
  13. ^ 10月のトピックス / 2004年度新加入選手内定のお知らせ”. 2004年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月27日閲覧。 アビスパ福岡 (2003年10月)
  14. ^ a b 公式記録 2005Jリーグ ディビジョン2 第2節 第1日 Jリーグ (2005年3月12日)
  15. ^ オランダ戦後 選手コメント(1/2)FIFAワールドユース オランダ2005 スポーツナビ (2005年06月11日)
  16. ^ a b ゴールで、パスで、1年5ヵ月ぶり招集の中村北斗が猛アピール ゲキサカ (2008年4月23日)
  17. ^ a b 【2006Jリーグアウォーズ】優秀選手賞/優秀新人賞 受賞選手決定 Jリーグ (2006年12月12日)
  18. ^ 11月のトピックス / 中村 北斗選手 診断結果について”. 2006年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月27日閲覧。 アビスパ福岡 (2006年11月24日)
  19. ^ a b c d 09年J1ニューフェイスの決意(第7回、F東京・中村北斗) ゲキサカ (2009年1月23日)
  20. ^ a b 選手出場記録 Jリーグ (2007年12月1日)
  21. ^ 7月のトピックス / 中村 北斗選手 負傷診断結果について”. 2007年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月27日閲覧。 アビスパ福岡 (2007年7月17日)
  22. ^ 福岡MF中村約1年半ぶり代表候補選出 日刊スポーツ (2008年4月18日)
  23. ^ a b c 福岡中村北斗1年5カ月ぶりU23代表復帰 日刊スポーツ (2008年4月19日)
  24. ^ 福岡MF中村勝ち越しPK獲得/J2 日刊スポーツ (2008年3月17日)
  25. ^ 中村北斗、復活ゴールで滑り込み スポーツニッポン (2008年4月19日)
  26. ^ 5月のトピックス / U-23日本代表(北京五輪2008)トゥーロン国際大会 中村 北斗選手 選出のお知らせ”. 2008年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月27日閲覧。 アビスパ福岡 (2008年5月15日)
  27. ^ オシム氏が日本北京世代4人を欧州に推薦 日刊スポーツ (2008年9月14日)
  28. ^ 福岡中村北斗J1からのオファー認める 日刊スポーツ (2008年12月7日)
  29. ^ a b c 福岡MF中村が東京に完全移籍 日刊スポーツ (2009年1月6日)
  30. ^ 福岡MF中村「落選」バネにゴール狙う 日刊スポーツ (2008年6月6日)
  31. ^ 1月のトピックス / 中村 北斗選手 移籍のお知らせ”. 2009年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月27日閲覧。 アビスパ福岡 (2009年1月5日)
  32. ^ 北斗が切り札 横浜M戦 移籍後初のベンチ入り 東京中日スポーツ (2009年5月16日)
  33. ^ 東京平山が中村移籍初Gをアシスト/J1 日刊スポーツ (2009年5月16日)
  34. ^ 公式記録 2009Jリーグ ディビジョン1 第12節第1日 Jリーグ (2009年5月16日)
  35. ^ 東京北斗の938日ぶりJ1弾で決勝/J1 日刊スポーツ (2009年5月17日)
  36. ^ 週刊サッカーダイジェスト 2009年1月27日発売号 中村北斗インタビュー『一人六役』』 日本スポーツ企画出版社2009年
  37. ^ 移籍の中村 攻撃的MFで起用も 東京中日スポーツ (2009年1月7日)
  38. ^ F東京・中村が今季リーグ初先発か ゲキサカ (2009年8月21日)
  39. ^ 北斗&平山“国見コンビ”が凱旋ゴール スポーツニッポン (2009年11月12日)
  40. ^ 北斗&平山の“凱旋弾”でF東京が4回戦進出 ゲキサカ (2009年11月11日)
  41. ^ 北斗 国見高後輩と2並び婚!夏にはベビーも スポーツニッポン (2010年2月24日)
  42. ^ くせ者北斗 左サイド駆け上がる 東京中日スポーツ (2011年5月13日)
  43. ^ 北斗が右膝を手術 東京中日スポーツ (2012年11月25日)
  44. ^ 中村北斗選手の検査結果について FC東京 (2012年11月24日)
  45. ^ 【F東京】中村、長期離脱から来月復帰へ”. 2013年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月27日閲覧。 スポーツ報知 (2013年6月23日)
  46. ^ 選手出場記録 (2/2) Jリーグ (2013年12月7日)
  47. ^ ベンチで出番を待ち続ける中村北斗「この選手が出ているから自分が出られないという考えはない。自分と戦っているから」 blogola (2013年11月27日)
  48. ^ 中村 復調アピール 東京中日スポーツ (2013年10月11日)
  49. ^ a b 大宮が東京DF中村北斗獲りへ 日刊スポーツ (2014年1月7日)
  50. ^ FC東京 中村 北斗選手 大宮アルディージャ加入のお知らせ 大宮アルディージャ (2014年1月10日)
  51. ^ 開幕直前! 40クラブ別戦力分析レポート・開幕時の予想布陣 > 大宮アルディージャ”. 2014年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月31日閲覧。 FUJI XEROX
  52. ^ 大宮流出続く 高橋、長谷川、中村移籍へ 日刊スポーツ (2014年12月26日)
  53. ^ 中村 北斗選手 アビスパ福岡へ移籍のお知らせ 大宮アルディージャ (2014年12月30日)
  54. ^ 中村 北斗 選手 大宮アルディージャより完全移籍加入のお知らせ アビスパ福岡 (2014年12月30日)
  55. ^ アビスパ福岡キャンプ始動 生まれ変われ キャプテン城後”. 2015年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月3日閲覧。 西日本新聞 (2015年2月3日)
  56. ^ 福岡を“約束の地”へと導いた中村北斗 7年ぶりの古巣復帰、葛藤の末の目標達成 (2/2) スポーツナビ (2015年12月10日)
  57. ^ 福岡がJ1昇格 中村北斗が終了間際同点弾で導く 日刊スポーツ
  58. ^ 中村 北斗選手 完全移籍加入のお知らせ 2018年1月6日 V・ファーレン長崎

関連項目[編集]

外部リンク[編集]