高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会
埼玉スタジアム2002(正面).jpg
開始年 1989
終了年 2010
主催 日本サッカー協会
朝日新聞社
参加チーム数 24
加盟国 日本の旗 日本
最多優勝 清水市商業高校(6回)
テンプレートを表示

高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会(たかまどのみやはい ぜんにほんユース(アンダーエイティーン)サッカーせんしゅけんたいかい)は、1989年から2010年まで開催されていた日本サッカー第2種年代(18歳以下)の大会。全国大会は、当初はノックアウト方式で、のちにリーグ&ノックアウト方式になった。高円宮杯U-18サッカーリーグが後継大会となる。

概要[編集]

主催は日本サッカー協会、共催は朝日新聞社。大会名は、日本サッカー協会名誉総裁などを歴任した高円宮憲仁親王を記念して付けられた。

高校サッカーでは、全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(高校総体)、全国高等学校サッカー選手権大会(高校選手権)と、クラブユースサッカーでは、日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会(日本クラブユース選手権)、Jリーグユース選手権大会と、それぞれ3大タイトルを形成していた。

特長[編集]

高校サッカーとクラブユースサッカーのカテゴリーを越えて対戦するのが大きな特長であった。また、試合は全て世界標準と同じ45分ハーフの90分制で行われた。こうした特長は、高円宮杯U-18サッカーリーグにも引き継がれている。また、選手の疲労を考慮して全国大会の全日程で試合の間に最低1日の休養日を入れていたのも、日本における第2種年代の他の大会では見られない特長であった。

特典[編集]

  • 優勝チームと準優勝チームには、副賞として海外遠征のための遠征費用や海外大会出場権が与えられた。
  • 1998年から2003年まで、優勝チームに天皇杯全日本サッカー選手権大会のシード枠が与えられた。ただし、2004年から大会スケジュールの見直しで廃止された。

歴史[編集]

1989年から2002年まで[編集]

1989年にプレトーナメントが開催。1990年に公式戦として開始された。開始当初は、次の16チームに全国大会の出場権が与えられた。

  • 北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国、四国、九州の9地区で行われる地域大会の優勝チーム
  • クラブユース選手権の上位5チーム
  • 前年度の当大会優勝チームの所属地域から1チーム
  • 前年度の高校選手権優勝チームの所属地域から1チーム

全国大会は、16チームによるトーナメント方式であった。

大会価値の上昇[編集]

発足当初から1990年代半ばまでは、次の理由から出場チームの質と量の両面でマイナーな大会となっていた。

  • 高校サッカーのチームがクラブユースのチームを成績で圧倒した
  • チーム作りの初期段階に行われる地区大会の優勝チームしか出られないという門戸の狭さ

そのため高校サッカーでは、インターハイや高校選手権、さらには国民体育大会に比べて、大会の価値を低く見られることが多かった。 それでも、1997年東福岡高校が当大会を含めた高校3冠を達成した頃から当大会も注目されるようになった。

クラブユースチームの台頭[編集]

1998年大黒将志二川孝広らを擁すガンバ大阪ユースが準優勝ながら高いパフォーマンスを見せ、クラブ勢の台頭を予感させるものとなった。翌1999年にはベスト4を全てクラブユースチームが占め、ジュビロ磐田ユースが優勝した。

2003年の大会方式変更[編集]

2003年、大会形式を大きく変更した[1]。また、この年から東芝が特別協賛することになった。

  • 全国大会の開催時期を、従来の8月下旬〜9月上旬から9月下旬〜10月上旬へ移す
  • 全国大会の大会形式をノックアウト方式からリーグ&ノックアウト方式にし、試合数を15から31に増やす
  • JFAプリンスリーグU-18を全国9地域において当大会の予選として開催し、その上位チームに出場権を与える

JFAプリンスリーグU-18により、高校サッカーとクラブユースの両チームが年間を通じたチーム双方が参加し、3月から8月までの長期間を各チーム10試合程度戦うリーグ戦形式の予選を勝ち上がったチームによって全国大会が争われるようになった。その結果、当大会は高校生年代における実力日本一決定戦として、重要な大会として位置づけられるようになった。

2003年大会の出場枠[編集]

2003年大会に出場する16チームは、次のように決められた[2]

  • 全国9地域のプリンスリーグ優勝チーム。9チーム
  • 全国9地域のなかで直近3年間の当大会における地域別の成績の累積ポイントが上位4地域のプリンスリーグにおける、2位のチーム。4チーム
  • 全国9地域のなかで前年度成績上位地域のチーム。1チーム
  • 高校総体の優勝チームまたは同地域のチーム。1チーム
  • 日本クラブユース選手権の優勝チームまたは同地域のチーム。1チーム

2003年の全国大会開催方式[編集]

全国大会は次のように開催された。

一次ラウンド 
16チームを4チームずつ4組に分け、1回総当りのリーグ戦を実施。試合に勝った場合は3点、引分の場合は1点、負けの場合は0点を勝ち点とし、勝ち点の合計で順位を決定。勝ち点が同点の場合は得失点差、総得点、当該チーム同士の直接対決の成績、抽選の順に決定。各グループ1位および2位チーム(計12チーム)と各グループ3位のうち成績上位4チーム(計4チーム)の16チームが決勝ラウンドに進出する。
決勝ラウンド 
16チームがノックアウト方式で優勝を争う。同点の場合は10分ハーフの延長戦およびPK戦で勝敗を決める。

2004年の出場チーム増加[編集]

2004年、全国大会の出場チームが16から24に増加した。出場枠は次のように決定された。

  • 全国9地域のプリンスリーグ優勝チーム。9チーム
  • 全国9地域のなかで直近3年間の当大会における地域別の成績の累積ポイントが上位3地域のプリンスリーグにおける、2位のチーム。3チーム
  • 前年度の当大会ベスト8に入った地域から、ベスト8入りしたチーム数と同数のチーム。8チーム
  • 高校総体の優勝および準優勝チーム、またはそれらと同地域のチーム。2チーム
  • 日本クラブユース選手権の優勝および準優勝チーム、またはそれらと同地域のチーム。2チーム

2004年の全国大会開催方式[編集]

2004年に出場チーム数が24になったことにともない、全国大会は次のように開催された。

一次ラウンド 
24チームを4チームずつ6組に分け、1回総当りのリーグ戦を実施。勝ち点などによる順位決定方式は変更なし。各グループ1位の6チームと、グループ2位のうち勝ち点が上位の2チーム、計8チームが決勝ラウンドに進出
決勝ラウンド 
8チームがノックダウン方式で優勝決定

2004年の第15回大会は、一次ラウンドからの勝ち上がりが8チームであったため、例えば2強2弱のグループが3強1弱に比べて遙かに有利になるなど、グループ組み合わせの運が占める要素が強く、日本一決定戦としては相応しくないと言う批判の声が大きかった。勝ち上がりのためにはまず1位を狙わなくてはならず、そのような厳しい条件のグループリーグ戦は国際的にはあまり見られないため、グループリーグ戦の実戦経験になりにくいという面もあった。

2005年以降の全国大会開催方式[編集]

2005年の第16回大会から、FIFA U-20ワールドカップ(当時の名称は「FIFAワールドユース選手権」)と同様の勝ち上がり方式を採用した。これによりグループリーグの組み合わせによる運・不運の要素はかなり軽減されることになった。また、1勝もしなくともグループリーグを勝ち上がれる可能性があるため、引き分けも重要となった。

一次ラウンド 
24チームを4チームずつ6組に分け、1回総当りのリーグ戦を実施。各グループ1位および2位の12チームと、グループ3位のうち勝ち点が上位の4チーム、計16チームが決勝ラウンドに進出
決勝ラウンド 
16チームがノックダウン方式で優勝決定

2011年のからの大会方式変更[編集]

2011年からこの大会の後継として高円宮杯U-18サッカーリーグが発足した。当大会の全国大会に代わり、高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグが開始した。

年度別優勝チーム[編集]

年度 優勝 結果 準優勝 準決勝敗退チーム
プレ
1989年 清水市商高 3 - 1 国見高 桐蔭学園高 丸岡高
1990年 清水市商高 2 - 0 習志野高 国見高 愛知高
1991年 徳島市立高 1 - 0 国見高 武南高 磐城高
1992年 藤枝東高 3 - 1 読売日本SC 桐蔭学園高 南宇和高
1993年 清水市商高 1 - 0 鹿児島実業高 富山第一高 武南高
1994年 清水市商高 3 - 1 読売日本SC 東福岡高 習志野高
1995年 清水市商高 5 - 0 横浜マリノスユース 市立船橋高 帝京高
1996年 鹿児島実業高 5 - 1 東福岡高 清水市商高 国見高
1997年 東福岡高 3 - 2 清水市商高 浦和レッズユース 南宇和高
1998年 藤枝東高 3 - 2 ガンバ大阪ユース 帝京高 草津東高
1999年 ジュビロ磐田ユース 4 - 1 ベルマーレ平塚ユース 清水エスパルスユース 京都パープルサンガユース
2000年 清水市商高 3 - 2 前橋商高 横浜F・マリノスユース 富山第一高
2001年 国見高 1 - 0 FC東京U-18 京都パープルサンガユース サンフレッチェ広島ユース
2002年 国見高 4 - 2 星稜高 多々良学園高 室蘭大谷高
2003年 市立船橋高 1 - 0 静岡学園高 東福岡高 サンフレッチェ広島ユース
2004年 サンフレッチェ広島ユース 1 - 0 ジュビロ磐田ユース 鵬翔高 鹿児島実業高
2005年 ヴェルディユース 4 - 1 コンサドーレ札幌ユースU-18 サンフレッチェ広島ユース 滝川第二高
2006年 滝川第二高 3 - 0 名古屋グランパスU-18 ガンバ大阪ユース 初芝橋本高
2007年 流通経済大柏高 1 - 0 サンフレッチェ広島ユース 浦和レッズユース 名古屋グランパスU-18
2008年 浦和レッズユース 9 - 1 名古屋グランパスU-18 作陽高 FC東京U-18
2009年 横浜F・マリノスユース 7 - 1 ジュビロ磐田ユース 三菱養和ユース サンフレッチェ広島ユース
2010年 サンフレッチェ広島ユース 2 - 1 FC東京U-18 静岡学園高 三菱養和ユース

チーム別成績[編集]

チーム名 優勝年度 準優勝年度
清水市商高 6 1 1989, 1990, 1993, 1994, 1995, 2000 1997
国見高 2 2 2001, 2002 1989, 1991
サンフレッチェ広島ユース 2 1 2004, 2010 2007
藤枝東高 2 0 1992, 1998
ジュビロ磐田ユース 1 2 1999 2004, 2009
東京ヴェルディユース 1 2 2005 1992, 1994
鹿児島実業高 1 1 1996 1993
東福岡高 1 1 1997 1996
横浜F・マリノスユース 1 1 2009 1995
徳島市立高 1 0 1991
市立船橋高 1 0 2003
滝川第二高 1 0 2006
流通経済大柏高 1 0 2007
浦和レッズユース 1 0 2008
FC東京U-18 0 2 2001, 2010
名古屋グランパスU-18 0 2 2006, 2008
習志野高 0 1 1990
ガンバ大阪ユース 0 1 1998
湘南ベルマーレユース 0 1 1999
前橋商高 0 1 2000
星稜高 0 1 2002
静岡学園高 0 1 2003
コンサドーレ札幌ユースU-18 0 1 2005

テレビ中継[編集]

決勝戦はBS朝日で生中継、テレビ朝日で録画中継されていた。スカイ・Aでは準決勝、決勝戦を中継していた。

なお、2002年まではNHK教育、2003年~2005年はテレビ朝日系列で決勝戦の生中継[3] が行われた。

脚注[編集]

  1. ^ 大会概要”. 日本サッカー協会. 2003年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月6日閲覧。
  2. ^ 高円宮杯第14回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会”. 日本サッカー協会. 2005年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月6日閲覧。
  3. ^ テレビ朝日系列は一部年度撮って出し録画中継

関連項目[編集]

外部リンク[編集]