水野晃樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水野 晃樹 Football pictogram.svg
Koki Mizuno.jpg
セルティックFC在籍時(2009年)
名前
愛称 コーキ
カタカナ ミズノ コウキ
ラテン文字 MIZUNO Koki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-09-06) 1985年9月6日(34歳)
出身地 静岡県清水市
身長 173cm
体重 66kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 SC相模原
ポジション MF
背番号 29
利き足 右足
ユース
2001-2003 静岡市立清水商業高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2007 ジェフユナイテッド千葉 86 (13)
2008-2010 セルティックFC 11 (1)
2010-2012 柏レイソル 25 (1)
2013-2014 ヴァンフォーレ甲府 30 (1)
2015 ジェフユナイテッド千葉 19 (1)
2016 ベガルタ仙台 8 (0)
2017-2018 サガン鳥栖 9 (1)
2018.7-12 ロアッソ熊本 (loan) 12 (0)
2019- SC相模原
代表歴2
2005  日本 U-20
2007  日本 U-23
2007 日本の旗 日本 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年3月19日現在。
2. 2007年7月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

水野 晃樹(みずの こうき、1985年9月6日 - )は、静岡県清水市 (現・静岡市清水区) 出身のサッカー選手SC相模原所属。元日本代表。ポジションはミッドフィールダー

元サッカー選手の鈴木啓太従兄水野和樹

来歴[編集]

学生時代[編集]

静岡県清水市(現在の静岡市清水区)生まれ。小学校時代は清水FCに所属[1]。清水商業高校に進学し[2]、高校2年次には高校総体に出場し、ベスト4に進出する。同高校総体では、2回戦(国士舘)、3回戦(玉野光南)、準々決勝(渋谷教育幕張)などで3試合連続得点を挙げるも、準決勝では平山相太擁する国見高校に敗れた。高校卒業後の2004年ジェフユナイテッド市原(当時)に入団。

ジェフ市原/ジェフ市原・千葉時代[編集]

2004年7月にレアル・マドリード戦に出場し、10月17日清水エスパルス戦で後半37分から出場しトップ初出場を果たす。12月にU-20日本代表に選出され、2005 FIFAワールドユース選手権オランダ)ではメンバーに選出。本戦ではグループステージで3戦連続途中出場。初戦のオランダ戦では平山の得点をアシストし、第2戦のベナン戦では同点となるフリーキックを決めた。決勝トーナメントの初戦・モロッコ戦では先発出場を果たした。

2007年、千葉では阿部勇樹の退団により、コーナーキックやフリーキック等、全てのセットプレーのキッカーを任され[3]、チーム最多の9得点を挙げた。A代表では3月24日ペルー戦でのメンバーに初招集され、後半40分から初出場を果たす。

セルティック時代[編集]

2008年1月、セルティックFCへの移籍が決定し、3年半の契約を結んだ。しかし、2007-2008シーズンは1度もトップチームでプレーできず、ジェフ時代の恩師であるイビチャ・オシムに電話で叱られたという。先輩である巻誠一郎にも何度か叱られたことがある[4]。一年後の12月21日、スコティッシュ・プレミアリーグ第19節 対フォルカーク戦に初先発しフル出場。後半44分、中村俊輔からのパスをセンターサークル付近で受けると、約40m独走して初ゴールを決めた。なお、このゴールの際に過剰なゴールパフォーマンスとして、初のイエローカードも受けている。2009-2010シーズンにおいては、「今後の人生がかかっている」[5]と語っていたが公式戦は2試合のみの出場に止まった。セルティック在籍期間の2年半で公式戦出場はわずか12試合。移籍前にはレギュラーを務めていた北京五輪代表から落選するなど、海外への挑戦は厳しい結果に終わった。

Jリーグ時代[編集]

出場機会を求め、FIFAワールドカップによるリーグ中断期間中の2010年6月に、J2の柏レイソルに移籍。水野は後にインタビューで前年の夏頃から代理人と移籍について話し合っていた事を明かしている[6]。しかし、国内復帰戦となった古巣ジェフ千葉戦で右膝を負傷。前十字靭帯損傷で全治約6ヶ月の診断を受けた。レイソルがJ1復帰を決めた2011年は、10試合出場。2012年は、地元の清水エスパルス戦で途中出場し、移籍後初ゴール決めた。同年11月1日は湘南との練習試合で右大腿という負傷を負って4週間診断を受けるなど、苦しいシーズンを経た。

2013年、J1に昇格したヴァンフォーレ甲府に移籍。開幕直前にかかとを負傷。第4節の川崎フロンターレ戦で復帰し移籍後初出場を果たすと、第5節の大分トリニータ戦では決勝点をアシストしチームにシーズン初勝利をもたらした。しかしその後はかかとの痛みに耐えながらのプレーが続き、第9節のジュビロ磐田戦では左足の靭帯を損傷し6週間の離脱と発表された。そのようにシーズン序盤に負傷が続いたことでコンディションが整わないため出場機会が増やせず、リーグ戦出場19試合(うち先発出場は5試合)、無得点に終わるなど不本意な結果となった。

2014年は開幕から好調を維持し、第2節のFC東京戦ではクリスティアーノのゴールをアシストしている。同年11月28日、契約満了に伴い退団することが発表された[7]。 その後、Jリーグ合同トライアウトに出場し、同年12月に8年振りにジェフユナイテッド市原・千葉への復帰が発表された。

2016年、ベガルタ仙台へ完全移籍で加入するも[8][9]、公式戦(J1リーグ戦ナビスコ杯天皇杯)通算13試合の出場にとどまり、同年シーズン終了をもって契約満了となり退団[10]

2017年シーズンよりサガン鳥栖に完全移籍で加入することが発表された[11]

2018年7月4日、ロアッソ熊本へ期限付き移籍により加入すると発表された[12]。熊本では途中出場が多く目立った活躍は出来ず、同年12月をもって期限付き移籍期間満了となった[13]。 また、2019年1月12日、移籍元であるサガン鳥栖との契約も満了となった[14]

2019年3月19日、SC相模原へ完全移籍で加入することが発表された[15]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2004 市原 29 J1 7 1 0 0 1 0 8 1
2005 千葉 25 3 5 0 2 1 32 4
2006 8 25 0 9 2 1 0 31 2
2007 29 9 5 0 0 0 34 9
スコットランド リーグ戦 S・リーグ杯スコティッシュ杯 期間通算
2007-08 セルティック 29 プレミア 0 0 - 0 0 0 0
2008-09 10 1 0 0 0 0 10 1
2009-10 1 0 1 0 0 0 2 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2010 34 J2 1 0 - 0 0 1 0
2011 29 J1 10 0 1 0 3 0 14 0
2012 14 1 2 0 4 0 20 1
2013 甲府 19 0 3 0 1 0 23 0
2014 11 1 3 2 1 1 15 4
2015 千葉 J2 19 1 - 2 0 21 1
2016 仙台 J1 8 0 4 0 1 0 13 0
2017 鳥栖 50 9 1 5 2 2 0 16 3
2018 0 0 3 0 0 0 3 0
熊本 J2 12 0 - - 12 0
2019 相模原 29 J3 -
通算 日本 J1 157 20 38 6 16 2 213 24
日本 J2 32 1 - 2 0 34 1
日本 J3 -
スコットランド プレミア 11 1 1 0 0 0 12 1
総通算 200 18 41 6 18 2 259 26
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2011 29 - 3 0
2012 1 0 -
通算 AFC 1 0 3 0
その他の国際公式戦
出場歴

個人タイトル[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 4試合 0得点(2007年)


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2007 4 0
通算 4 0

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山本海人も所属していた
  2. ^ 1学年上には菊地直哉が在籍していた。
  3. ^ 2006年は阿部の得点力を生かすため、コーナーキックを主に任されていた。
  4. ^  SANSPO.COM 2008年5月21日の記事より
  5. ^ 今年は今後の人生がかかっている。今は戦場に行く感じ
  6. ^ 田中直希「帰ってきた男たち MF 34 水野晃樹」エル・ゴラッソ関西版 No. 862(2010.7.2)pp. 16-17
  7. ^ 契約満了選手のお知らせヴァンフォーレ甲府 2014年11月28日
  8. ^ 水野晃樹選手の移籍について”. ジェフユナイテッド市原・千葉. 2016年1月11日閲覧。
  9. ^ ジェフユナイテッド市原・千葉 水野晃樹選手 完全移籍加入のお知らせ”. ベガルタ仙台. 2016年1月11日閲覧。
  10. ^ “契約満了選手のお知らせ” (プレスリリース), ベガルタ仙台, (2016年11月27日), http://www.vegalta.co.jp/news/press_release/2016/11/post-4262.html 2016年11月27日閲覧。 
  11. ^ “契約満了選手のお知らせ” (プレスリリース), サガン鳥栖, (2017年1月25日), http://www.sagan-tosu.net/news/info.html?seq=1846 2017年1月26日閲覧。 
  12. ^ “水野晃樹選手、サガン鳥栖より期限付き移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), ロアッソ熊本, (2018年7月4日), http://roasso-k.com/news/news_view.htm?id=4223 2018年7月4日閲覧。 
  13. ^ 水野晃樹選手、期限付き移籍満了のお知らせ”. ロアッソ熊本 (2018年12月4日). 2019年1月13日閲覧。
  14. ^ 水野晃樹選手 契約期間満了のお知らせ”. サガン鳥栖 (2019年1月12日). 2019年1月13日閲覧。
  15. ^ 水野晃樹選手 サガン鳥栖より完全移籍加入のお知らせ”. SC相模原 (2019年3月19日). 2019年3月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]