苔口卓也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
苔口 卓也 Football pictogram.svg
名前
愛称 コケ
カタカナ コケグチ タクヤ
ラテン文字 KOKEGUCHI Takuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-07-13) 1985年7月13日(33歳)
出身地 岡山県岡山市
身長 179cm
体重 71kg
選手情報
在籍チーム 日本 カターレ富山
ポジション FW
背番号 9
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

苔口 卓也(こけぐち たくや、1985年7月13日 - )は、岡山県出身のプロサッカー選手Jリーグカターレ富山所属。ポジションはFWMF。兄の苔口陽介も同じくサッカー選手。

来歴[編集]

岡山・玉野光南高校在学中からU-18日本代表に選出されており、3年時の2003年セレッソ大阪特別指定選手として登録された[1]。翌2004年正式に加入[2]、1stステージ開幕戦の名古屋戦においていきなりJリーグ初出場を果たした。その後レギュラーとして定着するには至らなかったが、U-22日本代表では反町康治監督の信頼を得てコンスタントに招集されていた。だが、肝心な五輪予選が始まると招集されなくなり、セレッソで試合に出場しても、シュートが打てないなどの不振に陥ったうえ、他の若手の台頭もあり、控えに回される機会が多くなった。五輪代表でも李忠成などが好調であったため、五輪代表復帰はならなかった。

2008年には主力が大量に抜けたジェフユナイテッド市原・千葉期限付き移籍[3]。翌2009年にはセレッソに復帰し[4]、出場機会が少ないながらも先発した試合ではコンスタントにチームの勝利に貢献する活躍を見せた。

2010年からはカターレ富山へ完全移籍[5]。主力として起用されリーグ戦30試合に出場し、5得点。2011年からはエースナンバーの10番を背負うこととなった。

2013年、自身プロ入り後初の2ケタ得点(11点)を記録した。8月に清水から期限付き移籍で白崎凌兵が加入すると2人の連係が機能し、開幕20試合で3得点だった苔口は白崎加入後の14試合で8得点をあげた[6]。また、9月29日、J2第35節の福岡戦において、自身プロ入り後初のハットトリックも達成した[7]。これはクラブとしてもJ2昇格後初のハットトリック達成となった[8]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2004 C大阪 13 J1 21 1 2 0 1 0 24 1
2005 16 1 2 0 2 0 20 1
2006 16 0 2 0 1 0 19 0
2007 11 J2 27 1 - 0 0 27 1
2008 千葉 20 J1 9 0 3 0 0 0 12 0
2009 C大阪 29 J2 6 1 - 0 0 6 1
2010 富山 20 30 5 - 0 0 30 5
2011 10 31 8 - 1 0 32 8
2012 25 4 - 1 0 26 4
2013 34 11 - 1 0 35 11
2014 38 8 - 2 0 40 8
2015 9 J3 32 7 - - 32 7
2016 30 5 - 1 0 31 5
2017 28 9 - 2 0 30 9
2018 -
通算 日本 J1 62 2 9 0 4 0 75 2
日本 J2 187 38 - 5 0 192 38
日本 J3 90 21 - 3 0 93 21
総通算 339 61 9 0 12 0 360 61

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 玉野光南高校・苔口卓也選手、奈良育英高校・上田一志選手を特別指定選手登録 [C大阪]”. J's GOAL (2003年5月29日). 2014年1月4日閲覧。
  2. ^ 苔口 卓也選手加入内定のお知らせ [C大阪]”. J's GOAL (03.11.20). 2014年1月4日閲覧。
  3. ^ “苔口 卓也 選手の加入について” (プレスリリース), ジェフユナイテッド市原・千葉, (2008年1月17日), http://www.so-net.ne.jp/JEFUNITED/tools/page_store/news_3485.html 
  4. ^ “苔口卓也 選手 期限付き移籍 期間満了のお知らせ” (プレスリリース), ジェフユナイテッド市原・千葉, (2009年1月10日), http://www.so-net.ne.jp/JEFUNITED/tools/page_store/news_4324.html 
  5. ^ “セレッソ大阪より 苔口卓也選手 完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), カターレ富山, (2009年12月22日), http://www.kataller.co.jp/news/2009/1222_1.html 
  6. ^ 【富山】スピードキング・苔口、今年も2ケタ弾!”. スポーツ報知 (2014年1月19日). 2014年1月19日閲覧。
  7. ^ 【富山】苔口、プロ10年目で初ハット!快勝呼んだ”. スポーツ報知 (2013年9月30日). 2013年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月28日閲覧。
  8. ^ “2013Jリーグディビジョン2 第35節 苔口 卓也 選手(富山)ハットトリック達成” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2013年9月29日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00005356.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]