岡山県立玉野光南高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岡山県立玉野光南高等学校
国公私立の別 公立学校(県立)
学区 全県学区
設立年月日 1984年1月1日
創立記念日 5月16日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科情報科体育科
学期 2学期制
高校コード 33184J
所在地 706-0226
岡山県玉野市東七区244番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
岡山県立玉野光南高等学校の位置(岡山県内)
岡山県立玉野光南高等学校
玉野光南高等学校の位置(岡山県)

岡山県立玉野光南高等学校(おかやまけんりつたまのこうなんこうとうがっこう)は、岡山県玉野市にある県立の高等学校

学科[編集]

  • 普通科
    • 対象学区が岡山県内全てである全県学区の普通科。
  • 情報科
    • かつて存在した工業系の情報電子科、商業系の情報処理科を統合。
  • 体育科
    • 体育科の生徒は原則としていずれかの運動部に所属し、毎日体育の授業がある。

沿革[編集]

  • 1983年(昭和58年)4月1日、岡山県立玉野新設高等学校開校準備事務局を岡山朝日高等学校に設置。
  • 1983年(昭和58年)8月15日、岡山県教育委員会が、校名を岡山県立玉野光南高等学校と内定。
  • 1984年(昭和59年)1月1日、岡山県立高等学校設置条例の一部改正(昭和58年12月27日)施行により岡山県立玉野光南高等学校を設置。普通科、情報電子科、情報処理科、体育科の4学科で開学。
  • 1988年(昭和63年)3月31日、宿泊研修棟、セミナーハウス完成。
  • 1993年(平成5年)3月20日、体育実習室完成。
  • 2005年(平成17年)3月31日、情報電子科、情報処理科閉科。
  • 2005年(平成17年)4月1日、従来の3学期制から2学期制へと移行。同時に単位制の導入、情報科の新設。
  • 2007年(平成19年)4月1日、情報科の定員を従来の80人から、40人に縮小。
  • 2010年(平成22年)4月1日、普通科の定員を従来の160人から、200人に拡大[1]
  • 2011年(平成23年)4月1日、普通科の定員を200人から160人へ再び縮小。

校訓[編集]

  • 自律
  • 創造
  • 敬愛

学校行事[編集]

  • 紫稜祭 (しりょうさい)
    • 例年9月の秋分の日前後に開催される学校祭。文化祭体育祭に分かれており、文化祭の方については一般にも開放されていて多くの人が来場する。

部活動など[編集]

運動部 文化部

 2011年 ウィンターカップ岡山県予選 優勝

 2001年・2002年・2013年全国高等学校野球選手権大会岡山県代表

同好会

  • SF同好会
  • 調理同好会

上記のようにサッカー・野球で県内で優れた成績を残しており、また、他の部活動もインターハイに出場するなど優れた成績を残している。

運動部の活躍の陰に隠れがちな文化部も、放送・写真や近年ではかるた部の活躍も目立つようになってきている。

また、2005年度より軽音楽同好会の設立に関する運動が生徒の間で行われているが未だ認められていない。

著名な卒業生[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成22年度県立高等学校第1学年生徒募集定員 (PDF)”. 岡山県 (2009年10月16日). 2010年1月4日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]