東京高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
東京高等学校
東京高等学校
過去の名称 上野塾
東京中学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人上野塾
設立年月日 1872年
創立者 上野清
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 13629J
所在地 146-0091
東京都大田区鵜の木2-39-1
北緯35度34分26.3秒東経139度40分34.8秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
東京高等学校の位置(東京都区部および多摩地域内)
東京高等学校
多摩川河川敷から見た東京高等学校

東京高等学校(とうきょうこうとうがっこう)は、東京都大田区にある私立高等学校

概要[編集]

1872年に数学者の上野清が東京高等学校の前身である上野塾を創設した。明治時代に何度か校名の変更や移転を行い、1899年には東京中学校と改名した。1954年に校名を東京高等学校に変更し、1971年には男子校から男女共学化した。学校法人上野塾が経営しており、同じく大田区内にある東京実業高校併設校宮城県仙台市にある東北高等学校とは姉妹校である。多摩川の河川敷沿いにあることから、「土手高」(どてこう)とも呼ばれる。

陸上競技ではインターハイ全国大会優勝、テニスラグビーでは全国大会出場の実績がある。

また、2008年2月に放映されたドラマ「一瞬の風になれ」では顧問、学校など全面的に協力している。そのため、エキストラには生徒、部室や練習風景などでは校舎などが映し出されている。

沿革[編集]

  • 1872年 東京府第5大区7小区上野西黒門街11番地(現在の台東区上野1丁目)に上野塾を開く
  • 1888年 上野塾の組織を改革。東京数理学校として神田区猿楽町に移転
  • 1890年 東京数理学校を解消。神田区猿楽町2番地に新たに東京数学院を開校
  • 1893年 東京数学院に尋常中等部を設立
  • 1894年 宮城県仙台に東京数学院宮城分院(現東北高等学校)を設立
  • 1896年 尋常中等部を東京数学院尋常中学と改称
  • 1899年 東京数学院尋常中学を東京中学と改称。東京数学院(数学専修校)を神田区中猿楽町15番地に移転
  • 1922年 東京実業学校を併設
  • 1939年 大森区調布嶺町2丁目52番地(現校地)に東京中学を移転
  • 1947年 学制改革で東京中学校(新制)が発足
  • 1948年 東都高等学校発足。本校を普通科、蒲田の東京実業学校を東都高等学校工業科および商業科とする。
  • 1950年 東都高等学校工業科および商業科を分離独立。東京実業高等学校とする
  • 1954年 東都高等学校を東京高等学校と改称
  • 1971年 創立100年。男女共学実施

学校行事[編集]

文化祭は「いちょう祭」と呼ばれ9月に行われる。多くの来場者で賑わう。

出身者[編集]

政治[編集]

経済[編集]

文化・芸能[編集]

スポーツ[編集]

関連書籍・DVD[編集]

  • 『実戦!砲丸投げのすべて 技術の獲得からトレーニング法まで』(指導・解説:小林隆雄(東京高等学校陸上競技部顧問)、実技協力:東京高等学校陸上競技部、協力:森健次、スズキ陸上競技部、国士舘大学陸上競技部、故・森千夏選手の投擲映像もふんだんに紹介、ジャパンライム、2008/10、DVD
  • 『全種目の競技力を伸ばす!トレーニング集 東京高校陸上競技部の強さに迫る』(指導・解説:大村邦英(東京高等学校陸上競技部監督)、実技協力:東京高等学校陸上競技部、ジャパンライム、2009/8、DVD
  • 『もっとうまくなる!陸上競技 (スポーツVシリーズ)』(大村邦英(著)、ナツメ社、2010/4、ISBN 978-4816348648)
  • 『The Sprinters Basic Training 東京高校・スプリント力を高める基礎ドリル集』(指導・解説:大村邦英(東京高等学校陸上競技部監督)、実技協力:東京高等学校男女陸上競技部、ジャパンライム、2010/7、DVD

関連項目[編集]

外部リンク[編集]