土田耕平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

土田 耕平(つちだ こうへい、1895年(明治28年)6月10日 - 1940年(昭和15年)8月12日)は、日本の歌人童話作家

長野県諏訪郡上諏訪町(現諏訪市)出身。18歳で両親を失う。1911年旧制諏訪中学(長野県諏訪清陵高等学校)を中退、同郡玉川村立玉川小学校の代用教員となる。ここで島木赤彦に師事し『アララギ』に投稿、編集に携わる。上京し、1915年旧制東京中学校(現東京高等学校)卒。1921年まで伊豆大島で病気療養、のち上諏訪へ帰り、長野県内各地を頻繁に転居。1924年信濃毎日新聞の歌壇撰者となる。

後半生の大半を不眠症の療養、短歌童話の創作に費やした。1940年下伊那郡鼎町心臓病で死去。戒名は智誉耕法幽玄居士[1]

著書[編集]

  • 『青杉 歌集』古今書院 アララギ叢書 1922
  • 『鹿の眼 童話集』古今書院 1924
  • 『蓮の実 童話集』平福百穂絵 古今書院 1926
  • 『原っぱ 童話集』古今書院 1928
  • 『夕焼 童話集』古今書院 1932
  • 『土田耕平童話鈔』上伊那郡教育会 1934
  • 『裾野 童話集』古今書院 1936
  • 『一塊 歌集』古今書院 アララギ叢書 1941
  • 『土田耕平遺稿』全3巻 古今書院 1942-1943
  • 『土田耕平童話集』信濃毎日新聞社 1949
  • 『童話集』全5巻 古今書院 1955
  • 『青杉 歌集』謙光社 1974 のち短歌新聞社文庫
  • 土田耕平著作集』全4巻 謙光社 1985-1987

脚注[編集]

  1. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)208頁

参考[編集]

  • 田島清 編『信州人物誌』1969
  • 『日本近代文学大辞典』講談社、1984