森千夏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森 千夏(もり ちなつ、1980年5月20日 - 2006年8月9日)は、日本陸上競技選手。女子砲丸投日本記録保持者。日本記録を7回も更新し、世界と大きくかけ離れていた砲丸投を世界レベルに押し上げ、1964年東京オリンピック以来40年ぶりにオリンピックに出場するなど、砲丸投のレベルアップに大きく貢献した。

経歴[編集]

東京都江戸川区出身。江戸川区立清新第二中学校時代から砲丸投を始め、全日中で活躍する。1996年東京高等学校に入学、名将小林隆雄の指導を受け、才能を開花させた。1998年、丸亀インターハイ女子砲丸投で優勝。

1999年国士舘大学体育学部に入学し、青山利春の指導を受け、アジアジュニア選手権で3位に入り銅メダルを獲得する。このころから中国選手の技術を取り入れはじめた。2000年、16m43の日本新記録を樹立。アジア選手権では準優勝、2001年、日本選手権で初優勝。2002年、浜松中日カーニバルで17m39の日本新記録を樹立した。釜山で開催されたアジア大会に日本代表として出場し、5位に入る健闘を見せた。

2003年スズキに入社、同期入社には2008年北京オリンピック女子走幅跳代表の井村久美子(旧姓・池田)がいる。入社直後の兵庫リレーカーニバルで17m53の日本新記録を樹立。同年日本選手権で2回目の優勝。日本人女子砲丸投選手として初めて世界選手権代表に選出される。世界選手権は予選で敗退したが、アジア選手権では3位に入った。2004年、18m22(日本新記録)を樹立した。日本選手権では大学の先輩でもある豊永陽子に競り勝ち2年連続優勝。オリンピック参加標準記録を突破し、アテネオリンピック代表に選出された。

発病・死去[編集]

アテネ五輪代表決定の直後から体調に異変を感じ始め、満足な練習ができないまま五輪本番を迎え、予選落ちとなった。帰国後入院し、膀胱炎と診断された。一時は練習を再開したものの、極度の体調不良により入退院を繰り返す。検査の結果、かなり重篤な症状であることが判明した。2005年夏、開腹手術に踏み切ったが、悪性の腫瘍を取り除くことができなかった。2005年はまったく試合に出場することができなかったため、2006年3月をもってスズキとの契約が解消された。病名の公表は控えてきたが、同年4月に虫垂がんに冒されていることを公表した。虫垂がんは非常に症例が少なく、森の希望した治療が保険適用外であり、莫大な治療費が必要となった。そのため母校の東京高校や日本陸上競技連盟などが募金活動に乗り出し、選手仲間の池田や為末大、親交のあった阪神タイガース投手の下柳剛らも大会等で支援を呼びかけた。

2006年8月9日午前10時36分、東京都内の病院で虫垂がんで死去、26歳没。8月11日に通夜が営まれ、池田、為末らが涙ながらに弔辞を読み上げ、参列者の涙を誘った。12日に葬儀が営まれ、池田や為末の他にも室伏広治醍醐直幸ら1500人もの人が参列した。戒名は技優院妙夏信女。

特に、森と同じスズキ所属で親友だった池田は「久美ちゃん泣かないでね、って言っていそうだね。でも、森ちゃんがいないから寂しいよ…北京オリンピックでは、私と森ちゃんの2人で絶対にメダルを獲る約束をしたよね。北京では私が森ちゃんの分までメダルを獲って、墓前に報告出来るよう頑張るから」と泣き崩れながら弔辞を読み上げた。その2008年の北京オリンピックに出場した池田だったが予選敗退に終わり、森との約束は叶わなかった。

エピソード[編集]

  • 中国の上海体育学院に短期留学を繰り返すなど、陸上界きっての中国通として知られ、頻繁に中国での合宿を組んでいた。
  • 趣味は桃太郎電鉄[1]
  • ヤマザキナビスコの「チョコチップスナック」が大好物だった。[1]
  • 2009年世界陸上ベルリン大会男子槍投げ代表で、銅メダルを獲得した村上幸史は森のスズキの元同僚であった。またチームミズノアスレティック所属の大橋忠司は大学の後輩、女子800m前日本記録保持者の西村美樹は東京高校の後輩にあたる。
  • 女子プロボクシング元WBA世界スーパーフライ級チャンピオンの山口直子は森の大学の2年先輩にあたる。山口も同じ投擲(槍投げ)種目だったが、森が入学したときには七種競技に転向していた。
  • アテネオリンピック柔道金メダリスト鈴木桂治は森の大学の同級生で、森と一緒に追試を受けた仲でもあった。
  • 下柳とは親交が深く、下柳の愛犬・ラガーをお姫様だっこできた唯一の女性であった。
  • 中部実業団対抗陸上競技選手権大会でもチームの総合優勝に度々貢献した。中でも池田(跳躍)、島崎亜弓(短距離)、佐野友里香(中長距離)、森(投擲)と4人の専門種目が全て異なるオーダーで組んだ400メートルリレー走では、投擲競技者とは思えないほどの加速力を見せてアンカーを務め、会場をどよめかせたほどだった。森も「リレーを走ったのは高校の時以来」だったという。

関連DVD[編集]

  • 『実戦!砲丸投げのすべて 技術の獲得からトレーニング法まで』(指導・解説:小林隆雄(東京高等学校陸上競技部顧問)、実技協力:東京高等学校陸上競技部、協力:森健次、スズキ陸上競技部、国士舘大学陸上競技部、森千夏選手の投擲映像も紹介、ジャパンライム、2008/10、DVD

[編集]

  1. ^ a b 出典:陸上競技マガジン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
鈴木文
女子砲丸投日本記録保持者
2000/4/23 -
次代:
-