山村貴彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山村貴彦
やまむら たかひこ
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 山村貴彦
ラテン文字 Takahiko Yamamura
国籍 日本の旗 日本
種目 短距離走
大学 日本大学
生年月日 (1979-08-13) 1979年8月13日(39歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県
身長 177cm
体重 70kg
引退 2009年
コーチ 城西大学附属城西中学・高等学校
成績
オリンピック 400m 1次予選1組5着 (2000年
4x400mR 準決勝2組8着 (00年)
世界選手権 400m 予選3組6着 (2001年
4x400mR 7位 (2003年
地域大会決勝 アジア選手権
4x400mR 2位 (2003年)
国内大会決勝 日本選手権
400m 優勝 (1997年, 2000年)
自己ベスト
100m 10秒47
200m 21秒13
400m 45秒03 (2000年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

山村 貴彦(やまむら たかひこ、1979年8月13日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は短距離走2000年シドニーオリンピック日本代表。兵庫県出身。西宮市立苦楽園中学校清風高等学校日本大学経済学部卒業。

来歴[編集]

1994年全日中の4×200mリレーで優勝を果たした。大会前に軽い肉離れを起こしたため、直前のランキングでは9位だった200mにもエントリーしていたが、リレーに専念するため棄権した。

1997年インターハイで200m、400m、4×400mリレーの3冠に輝き、高校生ながら日本選手権400mを制し注目される[1]。高校生が日本選手権の400mを制したのは39年ぶりだった。

2000年、シドニーオリンピックに出場。400mに出場した。また、同年のスーパー陸上では400mで日本学生新記録となる45秒03を樹立した。

2001年エドモントン世界選手権に出場。400mに出場した。

2003年パリ世界選手権に出場。マイルリレーで8位入賞を果たした[2]

日大卒業後は富士通に所属していたが、2003年以降ケガの影響で低迷し、2005年に退社。サイボウズとスポンサー契約を結ぶ。

2007年、地元開催の2007年世界陸上競技選手権大会への出場を目指し日本選手権に臨むも400mで予選落ちし、代表入りを逸した。

2009年、現役を引退し、城西大学附属城西中学・高等学校の保健体育科教員 兼 陸上部顧問を務めている。

人物・エピソード[編集]

  • 小学生の頃はサッカーをやっていて、中学でもサッカーを続けようと思っていたところ、入学直後に行われたスポーツテストで陸上部の顧問(クラス担任)から誘われて陸上部へ。しかし、サッカーにも心残りがあり、中学2年までは陸上部の練習前にサッカー部と遊び、高校進学時には陸上を辞めてサッカーをやろうか悩んだという。

主要大会成績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大阪清風高校陸上競技部駅伝史
  2. ^ 後にアメリカがドーピング処分で失格。日本の順位は7位に繰り上がった

参考文献[編集]

  • 先輩からのメッセージ No.13 山村貴彦、『月刊陸上競技』第43巻第1号、講談社、2009年1月号、143頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

記録
先代:
森田真治
(45秒44)
400m日本学生記録保持者
(45秒03)

2000年9月9日 -
次代:
未定