山口衛里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山口 衛里 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム やまぐち えり
ラテン文字 Eri Yamaguchi
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離走マラソン
所属 天満屋
生年月日 (1973-01-14) 1973年1月14日(45歳)
出身地 兵庫県加東郡滝野町(現・加東市
身長 164㎝
体重 47kg
自己ベスト
5000m 15分42秒30(1998年)
10000m 32分07秒25(2000年)
ハーフマラソン 1時間10分04秒(1999年)
マラソン 2時間22分12秒(1999年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

山口 衛里(やまぐち えり、現姓・岡井(おかい)。1973年1月14日 - )は兵庫県加東郡滝野町(現・加東市)出身の女子陸上競技長距離走マラソン選手、陸上競技指導者。選手として1990年代中盤~2000年代前半にかけて活躍、2000年シドニーオリンピック女子マラソン日本代表・7位入賞。

現役引退後は天満屋女子陸上競技部でコーチ業を務めていた。現在は岡山県桃太郎夢クラブ理事・コーチングスタッフスポーツ解説者などで活動中。

経歴[編集]

現役選手時代[編集]

陸上競技の名門、特に男子駅伝では強豪で名高い兵庫県立西脇工業高等学校を卒業後、1991年ダイエー入社。しかしダイエー陸上部日産自動車陸上部を吸収して福岡県に移転するのに伴って退部し、1993年に岡山県の天満屋へ入社、女子陸上競技部に所属となる。同部は、1992年に創部したばかりであった。天満屋の後輩には、2004年アテネオリンピック女子マラソン7位入賞の坂本直子2008年北京オリンピック女子マラソン13位の中村友梨香2012年ロンドンオリンピック女子マラソン79位の重友梨佐(現役選手)らが所属している。

天満屋女子陸上部を率いる武冨豊の指導の下、フルマラソンで力を付け始める。初マラソンは1995年8月の北海道マラソンで、優勝してアトランタオリンピック代表となる有森裕子に次ぎ、2位と幸先の良いスタートを切り、将来性を期待されるようになった。2度目のマラソンとなる翌1996年1月の大阪国際女子マラソンでは、12位ながらも自己記録を更新した。

しかしその後は故障の影響などでスランプに陥り、好結果を出せないレースが続いた。一時は競技生活を辞める事も考える程だったが、1998年5月のトリノマラソンで4位に入ったのをきっかけに復活、そして同年8月の北海道マラソンでは、当時の大会新記録及び自身初めて2時間30分未満の好タイムでマラソン初優勝を果たした。しかし、期待された1999年1月の大阪国際女子マラソンではレース中盤で脱落、11位と失敗に終わる。

翌2000年シドニーオリンピックの代表選考会だった1999年11月の東京国際女子マラソンでは、選手生命を賭けて出走する。スタート直後からひとりハイペースで飛ばした千葉真子に、山口も果敢についていった。レース前半は二人のデッドヒートが続き、その後15km過ぎで千葉の方がズルズル遅れ、山口の独走へ。中間点を過ぎても山口は5km毎16分台のペースで快走。終盤の延々続く登り坂では17分台のラップに落ちたものの、パワフルで快調な走りは最後まで衰えなかった。そしてゴールタイムは2:22:12、当時日本女子歴代2位の驚異的な記録を達成、東京国際女子マラソンとしても当時の大会新記録を出して優勝を果たした。この成績が評価されて初の五輪女子マラソン日本代表に選ばれた(他女子マラソン代表選手は市橋有里高橋尚子、補欠は小幡佳代子)。

その2000年9月のシドニー五輪女子マラソン本番では、スタート直後から2位集団の先頭を走る積極的な走りを見せたが、5km過ぎの給水ポイントで他選手と接触し、転倒するというアクシデントを起こす。その影響か、18km付近でスパートした高橋尚子についていけずに遅れ初め、一時は20位前後まで下がってしまった(山口本人はレース後「転んだせいでは無い」と否定)。しかし後半の30km地点を過ぎた後、前から落ちてきた選手を一人一人拾い順位を上げる。そして競技場に入ってからも一人抜いて、結果7位に食い込んでゴール。同じ日本女子代表の高橋が優勝し、日本女子陸上界初の五輪金メダルを獲得したため、山口の7位入賞は影に隠れる形となったが、序盤の転倒の不運を乗り越えてのこの成績は大健闘だったと言える(市橋有里は15位)。

シドニー五輪後はことごとく足の怪我に悩まされ、練習不足を承知で2002年8月の北海道マラソンへ約2年ぶりのフルマラソン出走を決意したものの、優勝争いに加われず7位に留まり復活はならなかった。その後も故障が再発した為、2004年アテネオリンピック出場への挑戦を断念。翌2005年2月、体力の限界を理由に現役引退を表明する。現役最後のレースとして泉州国際市民マラソンに出走したが、途中棄権に終わった。

現役引退後[編集]

引退後は、2005年4月に岡山県立大学短期大学部健康体育専攻に入学、2007年3月に卒業。その傍らで、天満屋女子陸上部で2年間アドバイザーを務め、2007年4月1日付で、天満屋陸上部のコーチに就任となった。

2007年1月14日の第25回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会では、第7中継所で8区を走る岡山県チームの中学生選手をサポート。その様子がNHKのレポーターから紹介され、アナウンサーや解説の金哲彦に感嘆を交えながら語られた(中学生選手は粘りの走りで襷をつなぎ、9区浦田選手も好走し3着と同タイムながら先着し、岡山県チーム初の準優勝を成し遂げた)。また同年2月の第1回東京マラソン2007に出場し完走した。

2009年からは、全国都道府県対抗女子駅伝の岡山県チームの監督(五輪代表経験者が同駅伝の都道府県チーム監督となったのは初)を務めた。監督として初出場だった同年1月11日の第27回大会は、第25回大会に続いて岡山県チームを過去最高順位タイの2位に導いたが、惜しくも優勝の京都府チームに届かなかった。翌2010年1月17日の第28回大会では、アンカーに天満屋の愛弟子・中村友梨香らを率いて、京都府チームの6連覇を阻止し、ついに岡山県チームを念願の同大会初優勝(この年から同大会で授与されることとなった皇后杯も初授与)に導いた。

2011年、岡山県在住の男性との結婚を機に、同年3月31日付で天満屋女子陸上部コーチを退任した(翌4月1日から同陸上部アドバイザーに再就任)。2012年1月29日の大阪国際女子マラソンでは、バイク後部座席に乗って中継リポーターを担当、天満屋の後輩である重友梨佐の優勝を見届けている。 2015年4月より、岡山市内にある環太平洋大学の陸上競技部コーチ、同女子駅伝部監督に就任。創部2年目(2016年)にして、全日本大学女子駅伝に出場。

記録(マラソンのみ)[編集]

レース日 レース名 順位 記録 備考
1995年8月27日 北海道マラソン 2位 2時間32分47秒 初マラソン、アトランタ五輪選考レース
1996年1月28日 大阪国際女子マラソン 12位 2時間31分43秒 アトランタ五輪選考レース
1996年11月17日 東京国際女子マラソン 7位 2時間35分23秒 世界陸上アテネ大会選考レース
1997年8月31日 北海道マラソン 7位 2時間39分46秒 .
1998年5月10日 トリノマラソン 4位 2時間34分05秒 初の海外マラソン挑戦
1998年8月30日 北海道マラソン 優勝 2時間27分36秒 マラソン初優勝、当時大会新記録
1999年1月31日 大阪国際女子マラソン 11位 2時間32分15秒 世界陸上セビリア大会選考レース
1999年11月21日 東京国際女子マラソン 優勝 2時間22分12秒 シドニー五輪選考レース、当時大会新記録・日本歴代2位
2000年4月30日 シドニーマラソン 2位 2時間36分48秒 五輪コース試走・練習の一環で出場
2000年9月24日 シドニーオリンピック 7位 2時間27分03秒 五輪7位入賞
2002年8月25日 北海道マラソン 7位 2時間39分35秒 .
2004年2月22日 泉州国際市民マラソン DNF 途中棄権 現役ラストラン
2007年2月18日 東京マラソン 36位 3時間13分28秒 ゲストランナーとして出走

自己ベスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]