大南敬美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大南 敬美(おおみなみ たかみ、1975年11月15日 - )は、福井県三方郡三方町(現・三方上中郡若狭町)出身のマラソンランナーである。また2005年8月の世界陸上ヘルシンキ大会10000m代表・2007年4月ロッテルダムマラソン覇者の大南博美は、双子の姉である(区別は、髪が短い方が姉の博美、長い方が妹の敬美である)。

町立三方中学校・福井県立美方高等学校卒業。トヨタ自動車 - 東海銀行UFJ銀行 - トヨタ車体を経て、現在はユティック所属。

来歴[編集]

姉の博美とともに、三方中学時代より県下トップ選手となり、美方高校進学後、竹中奈緒らとともに、全国高校駅伝に出場するなどの活躍をした。就職にあたっては博美と道が分かれ、トヨタ自動車に就職したが、その後博美が所属する東海銀行(現・三菱UFJ銀行)に移籍した。陸上選手として長距離トラック種目の実績は、姉の博美が先行していたが、フルマラソン進出後かつては妹の敬美の方が実績を上げていた。

2002年4月のロッテルダムマラソンでは千葉真子との争いを制し、2時間23分43秒のベストタイムで優勝。当時日本女子歴代7位の好記録であった。翌2003年3月9日名古屋国際女子マラソンも中盤から独走となり、フルマラソンで連覇を果たす。世界陸上選手権には2回女子マラソンで出場しているが、2001年エドモントン大会はレース前の故障発生により、2003年のパリ大会はレース中の転倒事故により、共に不本意な成績に終わった。

その後、2005年頃からは故障等に苦しみ、大きな大会への出場は一旦遠ざかっていた。故障の原因の一つに、左右の筋力のバランスが著しく崩れていた事が判明。暫くの間治療とリハビリに専念していたがその効果が現れ、2006年11月23日名古屋ハーフマラソンでは1時間11分03秒で優勝、復活を果たした。

2年ぶりのフルマラソンとなった2007年3月11日の名古屋国際女子マラソンでは、序盤で転倒のアクシデントに遭いながら、終盤まで優勝を争い3位でゴールするも、2007年の世界陸上大阪大会への代表選出はならなかった。その後は翌2008年北京オリンピックの女子マラソン代表選出を目指していたが、2008年3月9日の名古屋国際女子マラソンは30km手前辺りで優勝争いから脱落、18位に終わった。

2010年3月14日の名古屋国際女子マラソンに出場予定だったが、調子が上がらずに欠場。トヨタ車体(同年3月31日陸上部廃部)では最後のレースとなる姉の博美が出走、妹の敬美は沿道で何度も姉に声援を送り続けた。結果博美は3位の好成績でフィニッシュ。ゴール地点で待っていた敬美は、博美とお互い抱き合いながら号泣していた。

2010年11月11日、姉・博美と共に地元福井県坂井市の染色加工企業・ユティック陸上部に所属する事を発表した。

自己ベスト[編集]

  • 5000m 15分38秒58(1998年5月、静岡国際陸上)
  • 10000m 32分17秒19(1998年4月、兵庫リレーカーニバル)
  • ハーフマラソン 1時間10分21秒(2000年1月、宮崎女子ロードレース)
  • マラソン 2時間23分43秒(2002年4月、ロッテルダムマラソン)

フルマラソン全記録[編集]

  • 1999年 3月 名古屋国際女子マラソン 2時間33分05秒 5位(初マラソン)
  • 2000年 3月 名古屋国際女子マラソン 2時間26分58秒 3位
  • 2001年 3月 名古屋国際女子マラソン 2時間26分04秒 2位
  • 2001年 5月 エドモントンマラソン 2時間51分59秒 優勝(練習の一環で出走)
  • 2001年 8月 世界陸上エドモントン大会女子マラソン 2時間42分25秒 37位
  • 2002年 4月 ロッテルダムマラソン 2時間23分43秒 優勝(自己記録、当時日本女子歴代7位、現在12位)
  • 2003年 3月 名古屋国際女子マラソン 2時間25分03秒 優勝
  • 2003年 8月 世界陸上パリ大会女子マラソン 2時間32分31秒 27位
  • 2004年 3月 名古屋国際女子マラソン 2時間30分15秒 6位
  • 2005年 3月 名古屋国際女子マラソン 2時間31分16秒 8位
  • 2006年12月 加古川マラソン 2時間44分01秒 優勝(練習の一環で出走)
  • 2007年 3月 名古屋国際女子マラソン 2時間29分24秒 3位
  • 2008年 3月 名古屋国際女子マラソン 2時間35分08秒 18位
  • 2008年12月 加古川マラソン 2時間38分43秒(練習の一環で出走)
  • 2009年 3月 名古屋国際女子マラソン 途中棄権
  • 2009年 11月 横浜国際女子マラソン 2時間48分19秒 20位
  • 2011年 4月 ボストンマラソン 3時間24分11秒 858位
  • 2011年12月 ホノルルマラソン 3時間12分42秒 12位
  • 2012年 3月 名古屋ウィメンズマラソン 3時間07分18秒 162位

関連項目[編集]

外部リンク[編集]