池島大介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池島(石田) 大介(いけしま(いしだ) だいすけ、1975年1月30日 - )は、日本陸上競技選手。専門は競歩石川県出身。石川県立七尾工業高等学校日本大学文理学部卒業長谷川体育施設に所属した。

経歴[編集]

10km競歩、15km競歩、20km競歩の元日本記録保持者。10000m競歩20000m競歩、20km競歩の日本ジュニア記録、10km競歩、15km競歩、20km競歩、30km競歩の日本学生最高記録、10000m競歩、20000m競歩の日本高校最高記録を樹立するなど、名実ともに日本を代表する競歩選手として長く活躍。アトランタオリンピックシドニーオリンピック1995年世界陸上競技選手権大会1999年世界陸上競技選手権大会などにも日本代表として出場し、1999年ユニバーシアードでは銅メダルを獲得した。

1998年全日本50km競歩高畠大会の男子20km競歩で日本選手初の1時間20分突破となる1時間19分50秒をマークした。

現在は石川県立津幡高等学校教員。

外部リンク[編集]