藤田敦史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤田 敦史 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム ふじた あつし
ラテン文字 Atsushi Fujita
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離走マラソン
所属 清陵情報高等学校駒澤大学富士通
生年月日 (1976-11-06) 1976年11月6日(40歳)
出身地 福島県白河市(旧:西白河郡東村
身長 166㎝
体重 52㎏
引退 2013年
自己ベスト
5000m 13分54秒65 (2008年)
10000m 28分19秒09 (2000年)
ハーフマラソン 1時間02分12秒 (2004年)
マラソン 2時間06分51秒 (2000年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

藤田敦史(ふじた あつし、1976年11月6日 - )は、福島県白河市(旧:西白河郡東村)出身の陸上競技元選手・現指導者長距離走マラソンが専門。清陵情報高等学校駒澤大学経営学部卒業。世界陸上選手権セビリア大会6位入賞、およびエドモントン大会男子マラソン日本代表(12位)。男子マラソン前日本記録保持者。

来歴[編集]

駒澤大学時代は、4年連続箱根駅伝出場を果たし、当時順天堂大学のエース、三代直樹富士通、箱根駅伝2区元区間記録保持者)、東海大学諏訪利成日清食品アテネオリンピック男子マラソン6位入賞)らと名勝負を演じ、さらに4年生の時は第4区の区間記録を更新した。この記録は、当時とほぼ同じ区間・距離とされる第93回(2017年)以降の現行4区の区間記録より2分半以上早い驚異的な記録である。箱根駅伝後の1999年3月には初マラソンのびわ湖毎日マラソン瀬古利彦のもつ日本学生記録を20年ぶりに更新。経営学部では、山田勝ゼミナールに所属。

大学卒業後は富士通に入社。1999年8月の世界陸上セビリア大会男子マラソンでは6位入賞を果たすも、同男子マラソンで3位・銅メダルを獲得し翌2000年シドニーオリンピック男子マラソン内定となった佐藤信之には一歩届かなかった。2000年3月のびわ湖毎日マラソンにシドニー五輪代表選出へ再挑戦する予定だったが、故障により欠場。

再起をかけた2000年12月の福岡国際マラソンでは、3度目のマラソンで念願の初優勝[1]。この際に「神様は確かに存在する。そして神様は奇跡を起こしてくれる。しかし神様は死ぬほど努力をしたものにしか力を貸してくれない。」という言葉を残している。その時の2時間06分51秒は当時の日本男子最高記録、並びに当時の福岡国際マラソン大会新記録だった(なおその2年後、2002年シカゴマラソンで3位の高岡寿成が藤田の前記録より35秒塗り替え、2016年現在の日本男子最高記録を達成、7年後の2007年福岡国際マラソンで優勝のサムエル・ワンジルが、藤田の前記録より12秒更新)。この記録は2016年現在、国内のマラソン大会における日本人が出した最高記録である。2001年8月の世界陸上エドモントン大会男子マラソンでメダル獲得が期待されていたが、レース前坐骨神経痛のアクシデントにより力を発揮できず、12位に留まった。その後も足腰の怪我が長引いて満足に走る事が出来ず、オリンピックの男子マラソン日本代表入りは一度も果たせなかった。

2013年3月のびわ湖毎日マラソンに出場するも早々にリタイアとなってしまった。その後、2013年3月26日、所属先の富士通が4月21日の長野オリンピック記念 長野マラソンでラストランを表明。しかし長野マラソン本番は降雪と低温の悪条件からか、左ふくらはぎに痙攣を起こした為30Km過ぎで涙の途中棄権に終わった(男子優勝は公務員ランナーの川内優輝)。尚現役引退後は、富士通陸上競技部の長距離コーチに就任。 2015年4月からは富士通から駒澤大学に出向し、駒澤大学陸上競技部コーチに就任することが発表された[2]。 ちなみにB'zが好きでライブに行ったりもしている。浜田省吾もよく聴いている。

記録[編集]

年次ベスト

5000m 10000m マラソン
1995
-
29分23秒7
-
1996 14分06秒80 28分53秒06
-
1997 14分05秒1 28分43秒0
-
1998 14分07秒28 28分40秒16
-
1999
-
-
2時間10分07秒
2000 14分02秒58 28分19秒94 2時間06分51秒
2001
-
28分37秒68 2時間18分23秒
2002 14分13秒37
-
2時間11分22秒
2003 13分55秒62 28分25秒71
-
2004
-
28分56秒98
-
2005 14分06秒16 28分30秒27 2時間09分48秒
2006 14分02秒69 28分31秒45 2時間11分50秒
2007
-
28分46秒83 2時間10分23秒
2008 13分54秒65 28分25秒67
-

主な戦績[編集]

年月 大会 種目 順位 記録 備考
1998年9月 世界ハーフマラソン選手権大会 ハーフマラソン 30位 1時間02分45秒
1999年3月 びわ湖毎日マラソン フルマラソン 2位 2時間10分07秒
1999年8月 世界選手権セビリア大会 フルマラソン 6位 2時間15分45秒
2000年12月 福岡国際マラソン フルマラソン 優勝 2時間06分51秒 日本最高記録(当時)
2001年8月 世界選手権エドモントン大会 フルマラソン 12位 2時間18分23秒
2002年3月 東亜マラソン フルマラソン 優勝 2時間11分22秒
2004年7月 札幌国際ハーフマラソン ハーフマラソン 8位 1時間02分12秒
2005年3月 びわ湖毎日マラソン フルマラソン 10位 2時間12分30秒
2005年7月 札幌国際ハーフマラソン ハーフマラソン 11位 1時間03分00秒
2005年12月 福岡国際マラソン フルマラソン 3位 2時間09分48秒
2006年12月 福岡国際マラソン フルマラソン 8位 2時間11分50秒
2007年2月 別府大分毎日マラソン フルマラソン 優勝 2時間10分23秒
2007年7月 札幌国際ハーフマラソン ハーフマラソン 6位 1時間02分39秒
2007年12月 福岡国際マラソン フルマラソン 8位 2時間12分29秒
2009年3月 東京マラソン フルマラソン 10位 2時間14分00秒
2009年9月 ベルリンマラソン フルマラソン 8位 2時間12分54秒
2010年2月 熊日30kmロードレース 30km 優勝 1時間29分46秒
2011年2月 別府大分毎日マラソン フルマラソン 5位 2時間12分26秒
2013年3月 びわ湖毎日マラソン フルマラソン 途中棄権
--
2013年4月 長野マラソン フルマラソン 途中棄権
-

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
犬伏孝行
マラソン日本記録
2時間06分51秒
次代:
高岡寿成