佐藤一世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤 一世
さとう いっせい
Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Issei Sato
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離走
大学 青山学院大学
生年月日 (2001-07-21) 2001年7月21日(21歳)
生誕地 千葉県の旗千葉県松戸市
身長 164cm
体重 47kg
自己ベスト
1500m 3分53秒59(2019年)
5000m 13分49秒74(2021年)
10000m 28分50秒56(2021年)
ハーフマラソン 1時間05分47秒(2021年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

佐藤 一世(さとう いっせい、2001年7月21日 - )は、日本陸上競技選手。専門は中距離走長距離走千葉県松戸市出身。青山学院大学総合文化政策学部・総合文化政策学科社会在学中[1]

経歴[編集]

松戸市立小金中学校入学当初はサッカー部に所属していたが、2年生時から陸上部へ転向。千葉県大会の中距離走・駅伝大会などで実績を積む。

中学卒業後の2017年4月、八千代松陰高等学校に入学し陸上競技部へ入部。同高校2年生時に第69回全国高校駅伝へ初出場、1区・10Kmで区間2位と好走。さらに天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会でも5区・8.5Kmで区間賞を獲得した。高校3年生時も第70回全国高校駅伝では1区・区間賞を樹立し、全国都道府県対抗男子駅伝では5区・区間3位だった。

原晋監督に早くから素質の高さを見出され、高校卒業後の2020年4月に青山学院大学へ進学・同陸上競技部に所属[2]。しかし、新型コロナウィルス感染症拡大の影響を受け、2020年の3~6月の間は日本で公式レースが開催出来ず、2020年10月11日に決行予定だった第32回出雲全日本大学選抜駅伝競走も、止むを得ず中止が決定[3]

2020年11月1日の第52回全日本大学駅伝対校選手権大会は無事に開催が決定。佐藤自身初めての三大駅伝で5区(12.4Km)を担当し、35分47秒といきなり区間新記録を樹立する活躍を見せた。その後青学大は一時トップに立ったものの、8区で大きく失速し総合4位[4][5]

2021年1月2日第97回東京箱根間往復大学駅伝競走では青学大で唯一の1年生として4区に出場し、3区の湯原慶吾から11位で襷を受ける。その後途中で10位の日体大を追い抜き、区間4位の走りで5区・竹石尚人にタスキを繋いだ[6]。だが、竹石は途中4回も足のけいれんによるアクシデントで立ち止まり区間17位とブレーキ。結局青学大は往路初優勝を果たした創価大と7分35秒差の往路12位と大きく出遅れ、総合2連覇は絶望的に[7]。翌日は大きく順位を上げて復路優勝を果たしたが、総合優勝の駒澤大とは5分12秒の大差をつけられ総合4位。青学大は7年ぶりの無冠に終わった[8]

青学大2年時、2年ぶりに開催された2021年10月10日の第33回出雲全日本大学選抜駅伝競走では3区を担当し、区間3位。だが優勝した東京国際大には遠く及ばず、1分57秒差の総合2位[9]。同年11月7日の第53回全日本大学駅伝では2年連続で5区を担当し区間賞を獲得。しかしチームは8秒差で惜しくも駒澤大に敗れ、出雲駅伝に続きまたしても総合2位に終わる[10]

2022年1月2日の第98回東京箱根間往復大学駅伝競走・往路では、青学大が2年振り5度目の往路優勝に返り咲く[11]。翌日の復路でも青学大は先頭をキープし、7区・岸本大紀から首位で襷を受ける。惜しくも区間賞は逃したが区間2位と堅実な走りで首位を守り、9区・中村唯翔へ襷を繋いだ[12]。その後中村と10区・中倉啓敦は連続で区間記録を更新する快走を見せ圧勝。2位・順天堂大に10分51秒もの大差をつけ2年振り6度目の総合優勝、及び復路優勝を果たし、大会新記録(10時間43分42秒)も樹立した[13]


2022年度出雲駅伝では出場無し。大学総合順位4位と不本意な結果になる。


2022年度全日本大学駅伝で今季初出場となる。区間2位となり東海大学の石原翔太郎にわずか数秒差で負ける。


人物・エピソード[編集]

  • 2021年度・青山学院大学陸上部長距離ブロック元主将飯田貴之(現・富士通所属)は、八千代松陰高校時代から2学年先輩に当たる親しい間柄である。また、2021年1月2日に公開された『青学TV・青学駅伝タイムズNo.2』で飯田・近藤幸太郎・佐藤の3人にインタビューした動画で、佐藤は『憧れの選手』として飯田を挙げ、「競技面のみならず生活面でも学ぶことが多いので、後輩としても尊敬しています」と語り、2022年1月3日の第98回箱根駅伝後の優勝のインタビューで「飯田先輩に本当に憧れて、この大学に入ったのもあるので」と発言していた。
  • 青山学院大学陸上部で特に仲が良い選手は、同期の志貴勇斗。
  • 前述の動画で、自身の陸上の強みとして『駅伝力』を挙げている。理由は「トラックより駅伝など、大きい試合の方が結果を残しているから」と述べている。その公言通りに、佐藤は全日本大学駅伝対校選手権大会にこれまで2回とも5区に出走し、区間賞を獲得している。
  • 青山学院大学の1軍寮で毎週月曜日を除いた毎朝定例の、青山学院大学陸上競技部長距離ブロックの公式Twitterでも公開される、順番で1人の選手が発言する『今日の一言』で、佐藤は2021年秋に『趣味』を挙げ、その際に「趣味が思い当たらない」と発言したという。しかし、趣味が無い訳では無く、それまでの佐藤の『今日の一言』では音楽にまつわる発言をすることが多く、本人のTwitterでも時々ツイートしている。
  • YOASOBIのファンで、2021年での一番うれしいことは「YOASOBIのライブに行けたこと」と答えている。

戦績[編集]

主な戦績[編集]

大会 種目(区間) 順位 記録 備考
2014年 千葉県中学校新人体育陸上大会 1500m決勝 総合2位 4分31秒71
2015年 千葉県中学校新人体育陸上大会 3000m決勝 総合3位 9分13秒15
2018年1月 第23回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 5区・8.5Km 区間3位 25分02秒 千葉県チーム総合3位
2018年12月 第69回全国高等学校駅伝競走大会 1区・10Km 区間2位 29分20秒00[14] 高校チーム総合7位
2019年1月 第24回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 5区・8.5Km 区間賞 24分29秒[15] 千葉県チーム総合14位
2019年7月 市原市ナイター陸上競技記録会 1500m 総合1位 3分53秒59 自己ベスト記録
2019年12月 第70回全国高等学校駅伝競走大会 1区・10Km 区間賞 28分48秒[16] 高校チーム総合16位
2020年1月 第25回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 5区・8.5Km 区間3位 24分13秒[17] 千葉県チーム総合10位
2021年3月 第24回日本学生ハーフマラソン選手権大会 21.01975Km 総合50位 1時間05分47秒 ハーフマラソン初出走
2021年5月 第100回関東学生陸上競技対抗選手権大会 10000m決勝 総合13位 28分50秒56 自己ベスト記録
2021年7月 ホクレンディスタンスチャレンジ士別大会 5000mB 総合6位 14分49秒74 自己ベスト記録

大学での駅伝実績[編集]

年度 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2020年度)
第32回
(開催中止)
第52回
5区-区間賞
35分47秒
区間新記録
第97回
4区-区間4位
1時間03分09秒
2年生
(2021年度)
第33回
3区-区間3位
24分44秒
第53回
5区-区間賞
35分57秒
第98回
8区-区間2位
1時間04分49秒
3年生
(2022年度)
第34回
出場無し
第54回
3区-区間2位
33分52秒
第99回

4年生

(2023年度)

自己記録[編集]

  • 1500m - 3分53秒59(2019年7月14日、高校3年生時)
  • 5000m - 13分49秒74(2021年7月3日、大学2年生時)
  • 10000m - 28分50秒56(2021年5月20日、大学2年生時)
  • ハーフマラソン - 1時間05分47秒(2021年3月14日、大学1年生時)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 青山学院大学陸上競技部・長距離ブロック3年生
  2. ^ 箱根V青学大に入学する高校NO1佐藤一世が全国駅伝で区間新狙うスポーツ報知・2020年1月18日記載
  3. ^ 「第32回出雲全日本大学選抜駅伝競走」開催中止について(出雲全日本大学選抜駅伝競走組織委員会・2020年7月27日掲載)
  4. ^ 秩父宮賜杯 第52回全日本大学駅伝対校選手権大会・成績表(PDF)
  5. ^ 青学大1年佐藤区間新も4位「でこぼこ駅伝」原監督日刊スポーツ・2020年11月1日掲載
  6. ^ 第97回箱根駅伝 青山学院大学・選手一覧(1区・吉田圭太)(SAPPOROビール・スポーツスペシャル 第97回箱根駅伝・日本テレビ)
  7. ^ 創価大往路初V 青学大12位/箱根駅伝往路詳細日刊スポーツ・2021年1月2日掲載
  8. ^ 駒大が大逆転V 青学大は復路V/箱根駅伝復路詳細日刊スポーツ・2021年1月3日掲載)
  9. ^ 第33回出雲全日本大学選抜駅伝競走・総合成績(PDF)
  10. ^ 秩父宮賜杯 第53回全日本大学駅伝対校選手権大会・成績表(PDF)
  11. ^ 【箱根駅伝】青学大が2年ぶり5度目の往路優勝…3区「秘密兵器」太田蒼生、5区「若の神」若林宏樹ら快走スポーツ報知・2022年1月2日掲載
  12. ^ 【箱根駅伝】青学大、8区・佐藤一世も首位快走…戸塚中継所でも1位で9区にタスキつなぐ2022年1月3日・スポーツ報知・2022年1月3日掲載
  13. ^ 【箱根駅伝】青学大が圧勝!総合新記録で2年ぶり6度目V…「0区」に表れる青学大の強さの秘密スポーツ報知・2022年1月3日掲載
  14. ^ 第69回男子大会記録・全国高校駅伝
  15. ^ 天皇杯 第24回全国男子駅伝・大会結果
  16. ^ 第70回男子大会記録・全国高校駅伝
  17. ^ 天皇杯 第25回全国男子駅伝・大会結果