ギタウ・ダニエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ギタウ・ダニエルGitau Daniel [1]1987年10月1日 - )は、日本を拠点にしている活躍しているケニア共和国出身の陸上競技選手(長距離種目)。ケニア・ガル高校出身、日本大学国際関係学部卒業。富士通所属[2]

来歴[編集]

2006年に来日、日本大学に留学し学生三大駅伝やインカレを中心に活躍。中距離種目もこなす。2008年第84回箱根駅伝では2区を担当、区間2位となる1時間07分27秒で走りきり、日本大学の順位を19位から4位まで押し上げて15人抜き(第79回箱根駅伝 順天堂大学中川拓郎に並ぶ歴代タイ記録)を達成した。2008年の出雲駅伝では最終第6区のアンカーを務め、5位で襷を受け4人を交わし、先頭を走る駒澤大学宇賀地強との1分29秒差を逆転。2006年に山梨学院大学メクボ・ジョブ・モグスが残した区間記録を5秒更新する走りで日本大学出雲駅伝優勝のゴールテープを切った。2009年第85回箱根駅伝では前回に続いて2区を担当。区間2位となる1時間07分04秒の力走で、22位から大会新記録となる20人抜きを達成[3]、2位まで追い上げる活躍を見せた。

2009年の関東インカレでは、800m、1500m、5000m、10000mの四種目に出場し、全て優勝。関東インカレ初の四冠を成し遂げた。800mではその年の10月に800mの日本記録を更新する横田真人(慶應義塾大学)を下し、大会新記録での優勝であった。第21回出雲駅伝では前年度に引き続き6区アンカーを務め、前年の自身の記録を11秒縮める区間新記録を樹立。日本大学出雲駅伝連覇に貢献した。続く第41回全日本大学駅伝では8区アンカーを務め3位で襷を受け取ると、先頭を行く明治大学との1分53秒差を逆転。2位東洋大学まで3分36秒差に広げ、日本大学4年ぶり3度目の優勝に貢献した。2010年、第86回東京箱根間往復大学駅伝競走では5区山登りに挑み柏原竜二と対決するとの事前報道がなされたが、2区(23.2km)に出場しモグスの刻んだ区間記録更新と日本大学による大学駅伝完全制覇に挑んだ。13番手でタスキを受けると11人を抜き明治大学につぐ2番手で戸塚中継所に到着、1時間07分37秒で箱根駅伝では初めて区間賞を獲得したが、「最初の1キロを抑え過ぎた。朝、寒くて体が動かなかった」と回顧する走りとなった[4]

同じ留学生である日清食品グループメクボ・ジョブ・モグスと仲が良い。

主な戦績[編集]

大会 区間 距離 結果 タイム etc.
2006 第34回世界クロスカントリー選手権 8km 15位 24分34秒 ジュニア
2006 関東インカレ(1部) 10000m 2位 28分17秒15
2006 日本インカレ 5000m 5位 13分41秒55
2006 日本インカレ 10000m 3位 28分47秒53
2006 第38回全日本大学駅伝 2区 13.2km 区間賞 37分48秒
2007 第83回箱根駅伝 3区 21.5km 区間2位 1時間03分15秒
2007 日本インカレ 5000m 7位 13分50秒06
2007 日本インカレ 10000m 3位 28分59秒51
2007 第19回出雲駅伝 6区 10.2km 区間賞 28分55秒
2007 第39回全日本大学駅伝 1区 14.6km 区間賞 41分56秒
2008 第84回箱根駅伝 2区 23.2km 区間2位 1時間07分27秒 箱根2区歴代最多タイ(当時)15人抜き達成
2008 関東インカレ(1部) 5000m 優勝 13分38秒75
2008 関東インカレ(1部) 10000m 2位 27分59秒05
2008 日本インカレ 5000m 優勝 13分32秒88
2008 日本インカレ 10000m 優勝 28分03秒96
2008 第20回出雲駅伝 6区 10.2km 区間賞 28分28秒 区間新記録
2008 第40回全日本大学駅伝 4区 14.0km 区間2位 39分41秒 区間新記録
2009 第85回箱根駅伝 2区 23.2km 区間2位 1時間07分04秒 箱根2区歴代最多20人抜き達成
2009 第63回丸亀国際ハーフマラソン 2位 1時間01分34秒
2009 関東インカレ(1部) 800m 優勝 1分48秒06 大会新記録
2009 関東インカレ(1部) 1500m 優勝 3分44秒18
2009 関東インカレ(1部) 5000m 優勝 13分47秒19
2009 関東インカレ(1部) 10000m 優勝 28分39秒94
2009 第52回札幌国際ハーフマラソン 12位 1時間03分05秒
2009 日本インカレ 5000m 優勝 13分41秒77
2009 日本インカレ 10000m 優勝 28分34秒71
2009 第21回出雲駅伝 6区 10.2km 区間賞 28分17秒 区間新記録
2009 第41回全日本大学駅伝 8区 19.7km 区間賞 56分54秒
2010 第86回箱根駅伝 2区 23.2km 区間賞 1時間07分37秒 11人抜き
2010 第64回丸亀国際ハーフマラソン 優勝 1時間01分08秒

自己ベスト[編集]

  • 800m 1分47秒78(2009年)
  • 1500m 3分37秒96(2009年) ※日本学生記録(当時)
  • 5000m 13分23秒72(2009年)
  • 10000m 27分42秒91(2012年)
  • ハーフマラソン 1時間00分59秒(2014年)

エピソード[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ファーストネームに関しては日本学生競技連合の表記に従う
  2. ^ 日大連覇!“ダニエル神話”で大逆転!…出雲駅伝 スポーツ報知(09-10-12).2009年12月2日閲覧。
  3. ^ 第85回箱根駅伝は記念大会であり、通常の20チームより多い23チームが出場したため可能であった。
  4. ^ 『日本経済新聞』2010年1月3日朝刊12版、37頁。
  5. ^ a b 『読売新聞』2008年12月26日閲覧
  6. ^ 『スポーツ報知』2008年12月26日閲覧
  7. ^ 実力派ムードメーカー…日大 ダニエル(1年) YOMIURIONLINE(06-12-28) 2009年12月2日閲覧。
  8. ^ 日大ダニエル4年で計50人抜き 2010年1月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]