大八木弘明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大八木 弘明(おおやぎ ひろあき、1958年7月30日 - )は、陸上競技の元選手でマラソン・中長距離選手の指導者。福島県河沼郡河東町(現・福島県会津若松市河東町)出身。駒澤大学陸上競技部監督、関東学連駅伝対策委員会メンバー。

来歴[編集]

陸上競技にのめり込むようになったのは会津高田一中(現 会津美里町)2年の時。校内マラソンで優勝したのがきっかけだった。中学校入学当初は、体重も100kg近くあり「ドラムカン」とあだ名されていたが、福島県駅伝常勝の陸上部で練習を積み重ね、中学3年時にはジュニアオリンピックの前身であるジュニア選手権3000mにて全国5位の実績を築いた(9分09秒6)。福島県立会津工業高等学校在籍時にはインターハイへの出場を夢見るも、走りすぎによる故障(疲労骨折)と貧血に苦しめられる3年間を過ごすこととなった。また、家庭の事情により大学進学も諦めざるを得なかった。高校卒業後、小森印刷(現・小森コーポレーション)に就職。早朝や昼休みを利用して練習に明け暮れる日々を送った。理由は「箱根を走りたかったこと、(陸上選手として)上を目指したかったから」であった。

24歳になり駒澤大学経済学部2部(夜間部)に入学し、昼は川崎市役所で働きながら勉学と練習に励んだ。徐々に頭角を現し始め、関東インカレ(2部)をはじめ、様々な大会で好成績を残した。箱根駅伝に3回出場し、好成績をおさめた。

  • 第60回大会(1984年) 5区(20.7km)1時間12分41秒(区間賞)
  • 第61回大会(1985年) 2区(22.7km)1時間11分43秒(区間5位)
  • 第62回大会(1986年) 2区(22.7km)1時間10分00秒(区間賞)
  • 第63回大会(1987年)は、年齢制限のため出場できず。(現在は、年齢制限はない。)

大学卒業後、大学時代の成績を評価されてヤクルトに入社。陸上競技部にてコーチ兼選手として実業団選手人生を送った。

陸上競技指導者[編集]

1995年4月から母校・駒澤大学陸上競技部のコーチに就任。打診を受けたとき相当迷ったものの、「母校に恩返しをしたい」との理由から低迷に次ぐ低迷にあえいでいた陸上競技部の建て直しに着手する。大八木就任以降の駒澤大の成績は飛躍的に向上した。その指導力を高く評価され2002年4月、駒澤大学陸上競技部の助監督に就任、2004年4月には監督に就任する。2008年第84回箱根駅伝において、大学3大駅伝(出雲全日本・箱根)通算15勝目をマークした。

駒澤大学指導成績[編集]

  • 箱根駅伝
    • 第72回(1996年) : 総合12位(往路10位、復路15位)
    • 第73回(1997年) : 総合6位(往路11位、復路優勝
    • 第74回(1998年) : 総合2位(往路2位、復路2位)
    • 第75回(1999年) : 総合2位(往路優勝
    • 第76回(2000年) : 総合優勝(往路・復路完全制覇)
    • 第77回(2001年) : 総合2位(往路4位、復路4位)
    • 第78回~第81回(2002年2005年) : 総合優勝(4連覇) 
    • ※第80回(2004年) : 通算2度目の往路・復路完全制覇。
    • 第82回(2006年) : 総合5位(往路2位、復路11位)
    • 第83回(2007年) : 総合7位(往路7位、復路7位)
    • 第84回(2008年) : 総合優勝(往路2位、復路優勝
    • 第85回(2009年) : 総合13位(往路15位、復路7位)
    • 第86回(2010年) : 総合2位(往路8位、復路優勝
    • 第87回(2011年) : 総合3位(往路5位、復路3位)
    • 第88回(2012年) : 総合2位(往路4位、復路2位)
    • 第89回(2013年) : 総合3位(往路9位、復路優勝
    • 第90回(2014年) : 総合2位(往路2位、復路2位)
    • 第91回(2015年) : 総合2位(往路4位、復路2位)
    • 第92回(2016年) : 総合3位(往路3位、復路3位)
    • 第93回(2017年) : 総合9位(往路5位、復路11位)
  • 全日本大学駅伝
    • 第29回(1997年) : 4位
    • 第30回&第31回(1998年、1999年) : 優勝(2連覇)
    • 第32回(2000年) : 2位
    • 第33回&第34回(2001年&2002年) : 優勝(2連覇)
    • 第35回(2003年) : 4位
    • 第36回(2004年) : 優勝
    • 第37回(2005年) : 3位
    • 第38回(2006年) - 第40回(2008年) : 優勝(3連覇)
    • 第41回(2009年): 7位
    • 第42回(2010年): 2位
    • 第43回~第46回(2011年~2014年): 優勝(4連覇)
    • 第47回(2015年): 3位
    • 第48回(2016年): 4位
  • 出雲駅伝
    • 第9回&第10回(1997年&1998年) : 優勝(2連覇)
    • 第11回&第12回(1999年&2000年) : 3位
    • 第13回(2001年):2位
    • 第14回&第15回(2002年&2003年) : 3位
    • 第16回(2004年) : 2位
    • 第17回(2005年) : 4位
    • 第18回(2006年) : 5位
    • 第19回(2007年) : 4位
    • 第20回(2008年) : 2位
    • 第21回(2009年) : 10位
    • 第22回(2010年) : 3位
    • 第23回(2011年) : 2位
    • 第24回(2012年) : 5位
    • 第25回(2013年) : 優勝
    • 第26回(2014年) : 中止
    • 第27回(2015年) : 3位
    • 第28回(2016年) : 5位
    • 第29回(2017年) : 7位

関連人物・指導した主な選手[編集]

逸話[編集]

  • 第60回の箱根駅伝に参加した際、当時無名の選手であったため、NHKラジオアナウンサーが大八木の名前を把握しておらず、実況スタジオが一時騒然となった。アナウンサーが彼の名を知るのにしばらく時間がかかったという。
  • 大八木が駒澤大コーチに就任して最初に行った改革は、食生活と選手の意識改革であった。選手の学生寮に妻を呼び、選手たちのために朝・昼・晩の三食の食事を作らせた。また、徹底的な生活管理を行い選手の意識改革を行った結果、選手の競技に対する意識は劇的に変わり、その後の駒澤大を快進撃に導くことになる。
  • グラウンド外での走り込みの練習では、軽トラックに乗った大八木が選手の後方からついて行き、スピーカー片手に大声で怒鳴る。第79回箱根駅伝で9区を走った島村清孝はインタビューで、「監督車から(大八木助監督の)声が聞こえたとき、反射的に身体が動いた」と語っている。島村は前日、極度の腹痛と下痢に悩まされていた。さらに、雪が降るほど底冷えするなかで国道1号を走り、先頭を行く山梨学院大学の9区のランナー・清家健(現・YKK所属)の後姿を追いかけていた。清家の後姿をとらえたとき、大八木が監督車からスピーカーで怒鳴った直後、島村は一気に加速。あっという間に清家を抜き去ってしまった。第84回箱根駅伝では、5区山上り、6区山下りを走った安西秀幸・藤井輝に「男だろ!!」と鼓舞していた。

著書[編集]

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]